古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

8月17日の三和さんの公開レッスン



案内が遅かったのですが、8月17日の三和さんの公開レッスン
受講生が埋まりました。

チェンバロを始めて間がない方、他の先生に習っている方、
そして、小学生のお二人と色んなレッスンが始まりそうです。

今回、受講される方で、バッハのファンタジアでレッスンを受けられる方が、
とても、若いけど音楽性も素晴らしい音楽家がいる、と勧められたフランスの
音楽家、チェンバロも弾くし,指揮もする、音楽のジャンルも様々な事ができる
若い音楽家です。

この音楽家についても、ブログに書かせてもらおうかと思っていましたら、
来日されていて、それも西宮の芸文であったそうです。

そして、その音楽家 Jean Rondeau を日本に呼んだのは,三和さんだったのです。

三和さんは数少ない、アレグロミュージック(レオンハルトを呼んだりしている
古楽では老舗の音楽事務所です)の専属音楽家です。
三和さんがアレグロミュージックに紹介して、来日が決まったそうです。

世の中、広いようで狭いですね。

  1. 2017/08/04(金) 23:11:53|
  2. ギター
  3. | コメント:2

展示会のお知らせ



ここのところお知らせが続いていますが、熱処理された楽器を見ていただく
ことが出来る、展示会が9月7日8日とありますので、案内させていただきます。

展示会は 「国際フロンティア産業メッセ2017」 と言う大きな催しです。
https://www.kobemesse.com/
神戸市のポートアイランドにあります、神戸国際展示場が会場です。
時間は10時~17時です。入場は無料です。

この中で、グループ出展(滋賀県中小企業団体中央会) https://www.kobemesse.com/exhibit/exhibit_category/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E5%87%BA%E5%B1%95%EF%BC%88%E6%BB%8B%E8%B3%80%E7%9C%8C%E4%B8%AD%E5%B0%8F%E4%BC%81%E6%A5%AD%E5%9B%A3%E4%BD%93%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E4%BC%9A%EF%BC%89  

の中の、X07の小間で(株)野村隆哉研究所として出展します。
私の作った、熱処理した材料のギター 、熱処理していないギター
そして、岩井孝夫さんの作った、同様に熱処理した材料のヴァイオリン
していないヴァイオリンも展示されます。

ギターについては、私が演奏しようかと思っています。
ヴァイオリンについては、製作家にどうですか?と声をかけたところ
「ヴァイオリンはとても上手な人が弾かないといけませんから」
との返事。
この言葉に、モダンヴァイオリンの本質があるように思います。

モダンの楽器は、よっぽど上手な人が弾かないと、普通の人に
聞いてもらえない。そんな楽器だと思うのです。
上手な人とは、基礎的な訓練が出来ていて、音楽的にも優れた人。

かなり以前、声楽家なのですが、鍵盤もヴァイオリンも何でも演奏出来る友人が
バロックヴァイオリンを見たいと言うことで、何台か持って行きました。

バロックヴァイオリンをしばらく弾いてみて、その後モダンヴァイオリンを弾くと
彼が「モダンの楽器からは何も帰ってこないけど、バロックの楽器からは
色んな物が帰ってくる。音楽的に助けてくれる」と言いました。

私は仕事以外で、モダン楽器に接する事がないのですが、というより
接しないようにしているのですが、モダンの楽器は50の技量を持っている人が
弾くと50しか帰ってこない。100の人だと100しか帰ってこない。

これが、バロックの楽器だと50の人には70,80と帰ってくる、
100の人には120,130と帰ってくるように思うのです。

ギターも同じように、19世紀ギターのオリジナルは沢山楽器から
帰ってくるように思います。

小型のギターもそのように思います。

私のギターもそうなれば、いいなあ と思って作っていますが。・・・・・・







  1. 2017/08/03(木) 12:03:52|
  2. ギター
  3. | コメント:0

お知らせ とコメントをいただいて

あっという間に8月になってしまいました。

昨日は、私の68歳の誕生日でした。もうすぐ70ですが、いつまで
こんな調子で走り回っているのでしょうか?

暑い夏ですが、仕事場は31度から32度くらい湿度は60%から70%
ほぼ毎日、9時くらいから夜中1時か2時まで仕事です。

33度を超えると、除湿くらいで仕事をしていますが。

と言う事で、コメントをいただいていますので、その事について

小型の弦長の短いギターを勧めてきて、これらのギターの事を書かせていただきました。

その一つにルーマニアのHORAのギターがあります。
全て、楓で作られていて、全て単板です。

コメントをいただいた、「HORA以前考えていました」さんは
マルチネスの弦長58センチの物を使われているそうですが、
これも、良い判断だと思います。

ネックがHORAの楽器は厚くて、丸いと感じられたそうですが、
1フレット辺りで、どちらも約21ミリでした。
(ヤマハの小型のギターは20ミリくらいですが。)
ただ、HORAのギターはネックが少しかまぼこ型になっていて、
マルチネスの方はもっと丸い形です。

あと、手元にある2台のギターを比べると
弦幅や弦高はほぼ同じですが、重さがマルチネスは1215グラム
HORAは1309グラムと1352グラムでした。

マルチネスの方が軽くて、裏横合板とは言え、反応が良くて
ローズの裏横なので、音もクリアーでした。

リュートの曲や、古い曲にはマルチネスは合うように思います。
HORAの方は、楓なので楽器全体が鳴り、柔らかい音色です。
これはこれで、古い曲や合奏には合いそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


と言う事で、お知らせです。

8月17日午後1時から始めようと思っているのですが、
チェンバリストの三和睦子さんの公開レッスンを宝塚の
宝塚ミュージックリサーリで行います。

三和さんの公開レッスンは10年以上前から日本に帰られた時に
公開レッスンをお願いしていました。
篠山、京都、宝塚、西宮で。

三和さんは日本国内ではまだ、あまり知られていないチェンバリストですが
長年、ベルギーのゲントでチェンバロを教えてこられて、ブルージュの古楽コンクールの
公式伴奏者も長年やってこられました。

見にくいですが、彼女のプロフィール、彼女のCDから

三和さんプロ

今までの公開レッスンにお誘いするうたい文句が、「他の先生に1年習うのなら
彼女に1回レッスン受ける方が身になることが多いですよ」でした。

宝塚ミュージックリサーリは友人の音楽教室でガンバ科やチェンバロ科もあって、
私の最新作のチェンバロもあります。
http://www.takarazuka-music.jp/

JR宝塚駅北に徒歩約1分です。
2階のチェンバロの部屋で行います。

今のところ、お二人受講が決まっていますが、後二人くらいは
受講できますので。

受講は東京に比べるとかなり安いのですが
約1時間半で1万円です。

聴講も受け付けていて、こちらは2000円です。

チェンバロを始めてみたい、少しやっているけどもっと勉強したいと言う方、
など初心者の方のほうが、身につくことが多いと思います。

最初の手ほどきを最高の先生から受ける事はとても大切な事だと思いますので。
また、三和さんも初心者を教える事を大事に考えてくださっています。

チェンバロに興味のある方、これから始めてみようとする方どうぞ
ご参加下さい。

宝塚ミュージックリサーリさんには会場とチェンバロをお借りしているだけなので、
お問い合わせなどは、こちらのブログのメールなどでお願いします。

または、工房平山のHPのメールでお願いします。






  1. 2017/08/01(火) 22:11:07|
  2. ギター
  3. | コメント:2

坂本さん達の動画

昨年秋にツアーのあった、坂本龍右さんと、ジョアン・ボロナードさんの動画がユーチューブにアップされました。
今年の1月くらいにアップしました、と言う話は聞いていたのですが、やっとアップしてくださいました。
名古屋でのツアー1曲目 Felice Anerio :のTe deum laudamusです。私がフイゴ手として待機しています。

http://

九州宮崎の演奏会を開いてくれた、チェンバロも作っている友人も「宣教の旅」と言うタイトルから、もっと線香くさい
演奏会と思っていたら、とても生き生きとした曲で、また歌が素晴らしかったと言ってくれてました。この1曲だけでも
それが分かっていただけると思います。

次は、器楽演奏です。



九州天草の録画をいただいているのですが、それに比べるとチェンバロに近いマイクだったようで、
実際より、少しチェンバロの音が大きいかもしれません。

チェンバロは私が40年ほど前に作った、一号機のイタリアンです。
オルガンは今回のツアーのためにほぼ1ヶ月で作ったオルガンです。
ツアー直前に完成した、こちらは出来たばかりの楽器です。
(パイプは30年ほど前に作っていたものですが)

最後にリュート奏者としての坂本さんの演奏です。


  1. 2017/07/18(火) 18:16:11|
  2. ギター
  3. | コメント:0

お知らせ その他 

うっかりしていると、ブログ更新が一ヶ月滞っていました。

書きたいこと、書く事は沢山あったのですが、書く時間や気持ちがなかなか無くて、
更新できていませんでした。

高橋様からコメントをいただいているのですが、なかなか難しい問題で、特殊な事柄で、
一般的なお話ではないので、また時間があるとき、考えがまとまりましたら書かせていただこうと思っています。

ここのところ、ブログでは字だらけの難しいことが多かったようで、今回はいろんなお知らせ
をさせていただきます。

まず、演奏会のお知らせです。

20170716 1

西垣さんの数少ない国内での演奏会です。
神戸 御影の世良美術館で 西垣さんのお弟子さんでフランス ノワイヨン市立音楽院院長の石井敏資さん
とお嬢さんの石井マリー美幸さん、お弟子さんのお馴染み 松本大樹さんの演奏会です。
ピアソラ、ファリャ、ギター2重奏など多彩な音楽が聞けます。

8月13日(日) 午後3時30分開演 入場料 当日4000円(前売り3500円)学生2000円です。
昨年は、演奏会が重なっていましたが、今年は行く事ができますので、楽しみです。

お知らせではありませんが、これまでにあった事など。

昨日、やっと神戸市立博物館で開催されている、
「遥かなる ルネサンス 天正遣欧少年使節がたどったイタリア」展を見てきました。
2年ほど前に発見された伊東マンショの肖像画を見るのが目的でした。
それと、伊藤マンショの自筆の手紙と。

003.jpg

襟飾りは17世紀初頭に加筆されたようで、少し不自然ですが、実際に見ると
本当に当時のマンショはこのような顔をしていたのだな、と感じました。

このような、顔をした東洋の若い青年だと、迎え入れたヨーロッパの人たちも
しっかりした、丁寧な対応をしたと思います。

終わっている演奏会ですが、チェンバロとピアノを同じステージで交互に弾くという
難しい演奏会が大阪でありました。

もちろん、チェンバロは私の作ったものです。

014.jpg


010.jpg


012.jpg

こんな感じの演奏会です。
2017 2 21 015.j2

演奏会とは関係ないのですが、昨日と3日ほど前に大雨のあと急に日が差して虹が出ていました。
美しかったのでつい自宅の玄関先で撮影してしまいました。

004.jpg
昨日

20170716 5
3日前です。
  1. 2017/07/18(火) 13:58:33|
  2. ギター
  3. | コメント:1
前のページ 次のページ

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (338)
演奏会 (10)
その他 (21)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR