古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

古楽器製作家の思う事 そしてコメントをいただいて

あっという間に、6月になってしまいました。

5月も演奏会や楽器の修理、調整で走り回っていました。

案内させていただいた、芳仲さんの演奏会も,芳仲さんらしい
心のこもった演奏を聞かせていただきました。
1曲1曲好きな曲を選び、時間をかけて練習されたのが
分かります。

トレモロで爪の音が気になった、と言う方がおられましたが
付け爪をされていたようで、付け爪だとどうしても爪の音が結構入ってしまいます。
付け爪の材質なども検討しないといけませんね。

5月も久しぶりに会った友人が、まじめに長期間勉強されてきたのがよく分かる
演奏も聞かせていただきました。とても、嬉しかったです。

そろそろ、コメントをいただいていることにコメントさせていただきます。
コメント欄でなく、こちらの本文にする方が、多くの方に知っていただけそうなので。

高橋様のコメント

リュート奏者のフレットが歪んでいるとの件。
ちょうど先日、バロックギターも演奏されるギタリストの方の
バロックギターのフレッチングについて考えさせていただきました。

モダンギターや19世紀ギターは、特別な楽器でなければ平均律でフレッチングされています。
でも、バロックギターは巻きフレットなのでもう少し何とかならないかという事で、見せていただきました。

古楽の歌の方と、レコーディングをされているとの事で、平均律では違和感を感じる、もう少し
チェンバロで使っている、ヤングなどの調律に近づけないか?とのこと。

ガンバ、リュートでは大きな問題がドの音 Cの弦があることです。
私もよく演奏会で使う、ヤングの調律法ではドが約6セント高く、ド#が4セント低いのです。
でも、ギターにはドの弦がありません。

フレットを曲げないで、何とか使える方法は無いものか、考えました。

とりあえず、バロックギターは5コースまでなので、1コースから順番に考えました。
(6弦の楽器だと、6弦にまたミが出て来てフレットを曲げないといけなくなります)

1,2フレットのフレット間の長さを約3センチとすると、(計算を簡単にするため)
1弦1フレットのファは4セント高いので、1半音の100セントでは、
ほぼ直線で考えてもそう誤差は無いので、4セント高くするには
100分の4×30ミリとなります。計算値は1.2ミリボディ側に近づけます。

2フレットはファシャープなので、6セント低くなります。
同じように計算すると、1.8ミリ糸巻き側に近づけます。

3フレットはソなので、4セント高くします。これも約1.2ミリほどボディに近づけます。

後よく使う5フレットまでくらいこの計算をして(フレット間の長さも考慮して)

次に2弦で考えてみると、1フレットは6セント高いので約1.8ミリボディ側に
2フレットはドのシャープなので4セント低くすると糸巻き側に約1.2ミリ

後も同じように計算して、ほぼ中間値、で1.5ミリくらい動かしていくと
かなりヤングに近い調律で弾く事ができました。

私も西垣さんのギターをヤングにして、フレット打ち替えたことがありますが、
複弦のバロックギターだと、あのようにフレットを曲げなくてもかなりヤングに近い響きを
得る事ができるようです。(完全にユニゾンにするのは難しいので)

michimat様

単純な問題ではないと思いますが、弾きやすさという点から考えさせていただきます。

河野ギターを長年弾いてこられて、バルベロ・イーホの楽器に持ち替えられて20年苦労されているとか。
河野ギターは、弦長が660ミリイーホは650ミリだと思うので、弦長から来るテンションは河野さんのほうが
強いと思います。
イーホはほとんどフェルナンデスの構造に近いと言われていますので、弦が硬いという印象はないのですが。

弾きにくい原因の一つがブリッジ側の弦幅だとお考えのようですが、私の持っている資料だと
イーホの楽器はブリッジでの弦幅が56ミリから56.5ミリの物が多いように思います。
河野さんの楽器は58ミリから58.5ミリくらいだと思いますので、2ミリは狭いかもしれません。

でも名器と言われている楽器でも、ブーシェさんは56.5から57ミリくらいですし。
フレドリッシュなども57ミリから57.5くらいです。

確かに多くの楽器は58ミリくらいの物が多く、中には59ミリと言う楽器もあります。

弦幅の問題ではないような気もします。

弦幅を拡げるために、ブリッジの骨棒に溝をつけるという方法はいけないと思います。
以前、プロの方が使うハウザーが調整してから鳴らなくなったので見てほしいと言われた事があります。
この楽器が有名な楽器屋さんで調整されたそうなのですが、骨棒に溝が掘られていました。
原因はこれだとすぐ分かりました。そして、溝を無くすと完全にもとの音がするようになりました。
名器でなくても、溝が掘られた楽器が鳴らないという事は度々経験していますので。

ナットでの弦幅については逆に広すぎると思います。
標準と言うものはないかもしれませんが、多くの楽器は42.5ミリから43.5ミリくらいだと思います。
私の楽器の多くは42ミリくらいです。

michimat様の身長がいくらくらいか分かりませんが、日本人の平均的な身長の
170センチくらいだと、42.5ミリくらいでも良いと思います。
それと、よくあるのがナットの溝が高くて左手が押さえにくいコンディションの楽器です。
これは、溝を適正にしてあげれば簡単に解消します。
これだけでも、左手は圧倒的に弾きやすくなります。

河野さんの音が雑音が多いとか音の分離が悪いとか言われているそうですが、
弾いている本人がそう感じなければ、何の問題も無いように思います。

ナットの調整や作り替えなどはさせていただきますので。

それと、ダブルトップのギターについて。
私は、製作方法、製作家の考え次第でダブルトップの楽器も
ラティスの楽器も良い楽器があるように思います。

少なくとも、友人達の作るダブルトップは自然な響きをしていますし。

ダブルトップやラティスの構造を最初に考えた人は、モダンギターの立ち上がりの悪さ
音の暗さ、を改善しようとして考えたのだと思います。
これは、私もモダンギターの大きな問題点と考えていますので、
改善しようとして、私が作る楽器の構造になりましたし。

音さえ良ければ、ダブルトップでもラティスでも何でも良いと思っています。

長くなりましたが、最後に今日から始まっているトライアルウイークでギターを修理している所、
と同窓会で同級生がベンチャーズバンドで演奏している所です。




2017 6 5-2


2017 6 5
  1. 2017/06/06(火) 02:33:57|
  2. ギター
  3. | コメント:1

演奏会のお知らせ

前回のブログでお知らせする予定でしたが、長くなってしまったので、
新しく更新させていただきます。

古くからの、友人がリサイタルを行います。

img20170426_18521627.jpg

img20170426_18543144.jpg

関西の方はご存知かもしれませんが、
箕面のメイプルホールで 5月21日午後2時開演
茨木の 六鳴館で5月28日の午後3時開演です。
入場料はいずれも、前売り1000円、当日1500円です。

プロの、ギタリストではなく、箕面こどもの森学園の理事をされています。

プロの方のように、多くの演奏会を開く事が必要でないので、じっくりと曲に向き合い、
芳仲さんのお人柄が出ている、演奏が聞けます。

今回は、ソルとタレガと言う、ギターにとって非常に大切な二人の作曲家を
取り上げています。

興味のある方はどうぞお越し下さい。


  1. 2017/05/12(金) 22:13:43|
  2. ギター
  3. | コメント:0

コメントをいただいて、

momo様

コメントありがとうございました。
私にとって、非常に大事な事なので、
コメント欄でお答えするより、ブログにあげさせていただいた方が良いと
思いましたので、書かせていただきます。

まず、なぜ弦長65センチになったのかと言うと、ギター製作家、演奏家が神様扱いをしている
スペインのトーレスさんが65センチのギターを作ったからだと思います。
一時期、ラミレスさんは664ミリの弦長の楽器を作ったり、現在でも66センチのギターを作っている人もいますが、
ほとんどの楽器は65センチです。

もっと、体に合った楽器を弾くべきだと思い、2012年1月29日のブログに詳しく書かせていただきました。
これは、ドイツのミハエル・コッホさんの考えによるものですが、最近は身長×0.38または身長×0.37程度が最も弾きやすい
楽器の大きさではないかと思うようになりました。

この考えで行くと、165センチの男性で約63センチから61センチ、
160センチの男性、女性だと約61センチから59センチになります。

探していただくのも大変でしょうから、2012年1月の記事をコピーさせていただきます。




分数ギターとは、あまりなじみが無い言葉ですが、
ヴィオリンなどでは、一般的に使われている言葉です。
(もちろん分数ヴァイオリン、分数チェロと言っています)

ヴァイオリンは、ギターより小さい時から始める人が多く、
分数サイズのヴァイオリンが必要なのでしょう。
2分の1,4分の1と言う小さなヴァイオリンは、小さな子供のために必要でしょうが、
4分の3と言った、ほとんどフルサイズのヴァイオリンまで用意されています。
( 4分の4のフルサイズで、弦長が33センチ、4分の3だと31,5センチくらいです)
体に合った楽器が選べるようになっているのです。

また、楽器のランクもいろいろ選べます。

オールドの骨董品的価値の付いたものは別にしても、
イタリアの巨匠クラスで、200万円とか250万円。
これは、例外としても、80万円から100万円。40~50万円、20~30万円クラスと。
この20~30万円クラスでも、沢山作られ、良い楽器もあります。

これに比べて、ギターはどうでしょうか?
私の知っている範囲では、アリアのぺぺギターが定価 52、500円で、
弦長 48センチ、53センチ、58センチです。

小平ギターは、定価63000円で、弦長 55センチ、59センチ、61センチです。
これ以外は、ヤマハなどで、安い楽器も見かけますが、クラッシクの入門用としては、
問題があるかな?と言うところです。(現在小平は税抜き70000円が一番安く、弦長も
63センチと、65センチしかないようです)

学生ギターコンクールなどで、小学生の低学年でも、
弦長65センチの大きなモダンギターを弾いているのを、よく見かけます。
小学生の高学年でも、大きなサイズのギターを器用に弾いている姿もよく見ます。
楽器として、5,6万円の子供用のギターを弾くなら、数十万円の大人用のギターのほうが、
少し無理をしてでも、音が良いほうが良い。と言う事で選んでいるのでしょうか。

私でも、普通のモダンギターは弾いていて、体に負担がかかりますので、
いくら体の柔らかい小学生でも、かなりきつくて、無理があるのではないかと思います。

ヴァイオリンだと、分数サイズの楽器の適応身長、とか年齢が大体決まっています。
ギターだとどうなのでしょうか?日本ではあまり研究されていないようですが、
ドイツの、ギター研究家、教育者のミハエル・コッホ氏が具体的な数字でこれを示してくれています。

  ――― 現代ギター 2008年5月号 No525号 13p ―――――

     現在の身長×0.36=最適な弦長 と言う公式です。

これは、脚も手も長い、ヨーロッパ人のプロポーションでの話ですが、この式のまま計算しました。

身長 180センチ 最適な弦長 64.8センチ

身長 170センチ 最適な弦長 61.2センチ

身長 165センチ 最適な弦長 59,4センチ

身長 160センチ 最適な弦長 57.6センチ

身長 155センチ 最適な弦長 55.8センチ

そして、この弦長の割合で、楽器全体のプロポーションも小さくするのです。

弦長が短いので、胴を厚くしたり、ボディだけ大きくして低音を出そうとしてはいけません。
ボディの大きさ、厚みが弾き易さに繫がるからです。

この結果、弦長65センチの現在標準のモダンギターは、身長が180センチは必要です。
小柄な男性だと、59センチか60センチ、小柄な女性だと55センチか56センチ、
と言う事で、私は55センチと、59センチで設計しています。

ここまで話を進めてくると、良く研究はしているかもしれないが、
一学者の研究で全てを推し量ってはいけないのでは?と言われそうなので、
リュートの話をさせていただきます。

私達がリュートを始めた、40年近く前は、弦長が63センチが標準でした。
(ルネサンスリュートの場合)でも、最近は59センチ、60センチが標準です。
63センチで弾いていて、苦労した和音が59センチだと、楽に弾けるのです。
ギターとリュートは違いますが、私の身長だと、(167センチ)
59センチの弦長が非常に弾きやすいのです。

私以外のリュート奏者も、59センチくらいが弾きやすいので、
今では59センチ、60センチがスタンダードになったと思います。
ですから、ギターも59センチで良いのではないかと考えました。

そして、もうひとつの反論。弦長の短いギターの利点は分かった。
でも、現実的に、使える59センチのギターが無いではないか、との反論が出てきそうですね。
いくら値段の高い楽器を作っても、モダンスペインギターの構造では、
レキントギター、アルトギターのような、低音が出なくて、響きも少ない楽器になってしまいます。

そこで、私の考える、ライニングが小さくて、表面板が大きい面積で鳴る楽器。
横板、裏板も薄くして、楽器全体で鳴る楽器が必要となってくるのです。

この楽器だと、低音の基音がはっきりしていますので、小さくても、
音楽を作ることが出来るギターになります。

響きや音色のため、これらの小型の分数ギターは、少し比重の大きい、
重い材料で作ろうと考えています。

次回、小型でもしっかり低音が鳴る楽器を作るために、
とても重要な部材、ライニングについて書かせていただきます。

追加で分かりやすいように、図面を作りました。

手元にあった、田村満さんのギターが一番外側です。
次に、私の弦長640ミリの楽器です。私の標準サイズです。
次の内側に書いているのが、私の弦長590ミリの楽器です。
一番内側は当然一番小さい、弦長550ミリの楽器です。

      UNI_0865 の補正
         


比較のために、表面板の面積を求めました。

550ミリ ---  928.9平方cm  (私の640ミリの楽器の 74.6%)
590ミリ --- 1096.9平方cm  (      〃     88.1%)

ちなみに、パノルモは 弦長 630ミリ 986.8 平方cm、
私の640ミリの楽器の 79,2% です。

偶然ではないのですが、下図を見ていただくと、パノルモと、私の550ミリの楽器とは、
上部膨らみ部分と、下部膨らみ部分はほぼ一緒です。

                 
UNI_0873.jpg

パノルモより少し胴長が短く、面積も少し小さいですが、このサイズで、
パノルモより、響きのある低音を出そうと考えています。

次に、2013年9月に弦長の短いギターについて書かせていただいていますので、
これもコピーさせていただきます。




たまたま、フルートの発表会でロッコーマンホールでチェンバロも使うことになったので、
チェンバロを運んで調律しました。そして、ギターを空き時間に見せてもらいました。

6万円くらいの小平さんの59センチのギター、とマルティネスの3万円くらいの58センチです。

これが、とてもよい楽器でした。
うっかりすると、30万円や、50万円の65センチのギターより、音楽的な表現が出来るのです。

小さい楽器なので,楽器全体が鳴っていますし、減衰の長さ,音の表情の付け方など、
とても良いのです。これは、テンションが緩いことが良い方向に行っているのですが、
弦長65センチで,緩いテンションにすると、細い弦にしないといけませんから、
音も細くなります。その点、弦長が短いと、弦の太い音も犠牲にせず、減衰の長さ
なども、有利に働くわけです。

マルティネスは軽く、音のバランスは少し、問題はありますが、楽器全体が鳴っています。

こんな楽器を,アマチュアの方が(もちろん大人の方です)弾いてくれるともっとギターを
楽しめるのに,と思いました。
とにかく、左手が楽で、左手に力が必要ないので(指を拡げるための)右手の力も抜ける
用に思います。

福田進一さんにギターを弾いて頂く機会があって、
お弟子さんが作った61センチのギターを弾いて頂くと、
左手がとても楽だと言ってられました。
彼ほどの,テクニックがあっても弾きやすいと言ってられましたから、
普通の人には、もっと、もっと楽に弾けると思います。

本当は,弾きやすいだけでなく、それ以上に音楽的に弾くことを楽しめると思いました。

やはり、弦長61センチや60センチ前後の楽器は、良い楽器が多いように思いました。

これからも、61センチの弦長の楽器をさらに良くしていこうと思っています。





現在手元に、
1982年 ぺぺギターS 弦長 59センチ
信濃アルトギター     弦長 55
アリアA-20-58 弦長 58
小平 AST-50L 弦長 63
YAMAHA c-40s    弦長 60

そして、お弟子さんが作った 61センチの弦長の楽器が3台あります。

手元にある楽器は、中古ですが表板が素晴らしいものばかりで、
昨年買った、短い弦長の楽器はすぐになくなってしまいました。
(4台ほどです、小さな楽器を探している人は結構います)

いずれも、今年に入ってから買ったものです。
中古で、綺麗ではありませんが、音はとても良いものです。
15000円から20000円までで買っています。
買ってから、フレットやナットの調整、弦の交換などをしていますが。
(必要に応じて)

遠い所にお住まいでなければ、見ていただいても、と思っています。

直接自分で買われる場合は、アリアの ACE-5S 610 -Spruce- サウンドハウスで43000円か
ぺぺギターの58センチあたりがお勧めです。
ヤマハで15000円くらいで58センチの楽器がありますが、これは全て合板であまりお勧めは出来ません。


無理が無い、左手も、右手も楽なギターで音楽を楽しむ方が増える事を願っています。

(試しに弦長の短いギターを弾く方法は、1フレットにカポタストをはめると、650ミリの弦長の楽器だと、
615ミリくらいになります。これで、左手が楽になるようでしたら、弦長の短い楽器をお勧めします)



  1. 2017/05/12(金) 21:57:51|
  2. ギター
  3. | コメント:0

南港ギター展示会そして・・・

まず、最初に親指の怪我の経過報告をさせていただきます。

12日夜に縫合してもらって、21日に抜糸していただきました。
24日診ていただきましたが、これで病院に来なくてよいと言われました。

完全には直っていませんが、新しい皮膚が出来てきて、かさぶたが取れるまでは、
もう少し時間がかかりそうです。でも、炎症の痛みもほぼなくなり、ギターも弾ける状態です。
(22日、23日もギターは何時間か弾いていましたが。)

1年で最もよくギターを弾くのがこの展示会です。
今年に入って、トータルで1時間もギターは弾いていませんが、
両日で3時間くらいは弾いていますので。

本当に皆様に心配をおかけしましたが、何とか目標の
3週間の半分でほぼ直りましたので、ありがとうございました。


さて、本題の22日、23日の南港での展示会です。

展示の部も、展示楽器の演奏も年々少しずつ盛況になって来ました。

2017 4 26 2
大きい部屋での展示楽器の演奏


2017 4 26 3
私の展示ブースです。
楽器保護のためと、雰囲気を出すためにいつもの布がかかっています。

2017 4 26 4

私達は別室のような感じの所で展示です。
少ない人数なので、ゆっくり試奏もしていただけました。

今年は、野村先生の熱化学還元処理をした材料と、自然乾燥の材料で作ったギターの
比較ということで、興味を持ってくださった方も多かったように思います。

私の楽器に興味を持っていただく方は、やはり熱化学還元処理をした方の楽器が良い、
好みだと言われました。

でも、自然乾燥の楽器のほうが、気軽に弾けるとの声もありました。

私の考えるギターの完成形(楓での)に近づいている楽器は熱化学還元処理された楽器なので、
理解していただけた方が多かったのは、嬉しい事でした。



そして、今回の展示された楽器では、新しい方や、まだ作り始めて間がない方の楽器に
私の好きな楽器がありました。

作った方の演奏を聞かせていただいても、非常に音楽的な表現をされる方だったので、
なるほどと思いました。
外見や、仕上げはまだ、1台目ということで改良の余地は沢山ありましたが、
今回の展示楽器で私が一番弾きたい楽器でした。

昔、チェンバロ奏者、指揮者の鈴木雅明さんに言われた事があります。
「製作家の一番良い楽器は1台目の楽器」と。
その時は、「それじゃ、製作家は何のために更に良い楽器を作ろうと、努力しているのか、
分からない」と言いましたが。

でも、私も製作を始めるまでは演奏していました。
演奏する立場からだと、そういうことも感じていました。

知識や技術が無くても、製作した人の人間性や、才能は1台目に
一番よく現れていると思います。
ギターでも、同じ人が作れば、モデルが、ブーシェモデルでも、ハウザーモデルでも
その人の音がするように。

あと、2台目をやっと作り上げた、友人のお弟子さんも格段に良い楽器を作っていました。

ベテランの方々は、それぞれ自分の持ち味を更に深めて行っているようでした。

それと、少し嬉しい事が。

それは素晴らしいギターを作ってる友人が、弦長61センチのとても良いギターを
作られていたと言う事。
自分用ということでしたが、自分で使う時は更に半音下げて弾いているとも。
とてもバランスもよく、まとまりもあって、音楽的な表現が出来る楽器でした。
「こんな楽器が増えるといいね」とその友人と話をしていました。

それから、新しい出会いも。

神戸垂水でギターの弦を作ってられる、フィガロ株式会社の藪さんです。
フィガロということで、40年ほど前に、リュート用やガンバ用にガット弦を
作ってもらった会社と同じ名前なので、お聞きすると「それは、私の父です」
と言う事でした。

試作の低音弦をいただきました。
また、ギターに張って試させていただこうと思っています。

製品として、ギター弦を作ってられるので、知識も沢山お持ちで
良い弦を作りたいと言う熱意のある方でした。
もうすぐ、市販されるそうです。
私は、高音用の弦が楽しみなのですが。

そして、私も考えている事、チェロやヴァイオリンの弦のように、平たい巻き弦は
出来ないかと言う事も聞きましたが、すでに実験されているようです。
でも、なかなか難しいとの事でした。


それと、沢山のギターを弾かせていただきましたが、3本に1本くらい
5弦が不良振動しているのです。

良い楽器なのに,5弦が不良振動していて、楽器の価値を損ねているギターも
結構ありました。残念な事ですが。

これも、楽器が弾ける、正しく弾けることで、すぐに分かると思うのですが。

ここで、正しい振動している弦の見分け方を少し。

弾いてみて、耳で聞いてもよく分かるのですが、新しい楽器だと
楽器のせいかも?と思ってしまうこともあると思います。
(楽器が正しい振動をさせないようにしている、楽器もありますので。)

その場合は、正面から弦の振動を見るのです。
正しい振動をしていると、弦の振動の一番外側に弦が見えます。
外側に2本の弦が見えます。

不良振動していると、弦が何本にも見えます。
また、真ん中に見える弦が動いたり、移動したりします。

6弦は質量の関係か不良弦は少ないので、6弦と見比べるとよく分かります。

私は、何年も弦を張りっ放しにしていますが、不良振動を起こし始めると替えますし、
張ったばかりの弦でも、不良振動しているとその弦は使いません。

最後に、今日の篠山の桜です。
2017 4 26 1
八重桜は、今が旬です。


  1. 2017/04/27(木) 00:48:35|
  2. ギター
  3. | コメント:1

だんだん良くなっています。


皆さんに心配をおかけしましたが、怪我は段々良くなっています。
心配していた,化膿はなく、痛みもほとんどありません。傷口もふさがって来ています。

今日は、2日ぶりに病院で診てもらいます。診察までの待ち時間に原稿を作っています。

15日は神戸でガンバ協会の催しがありました。
春のコンソートの会です。以前から参加すると言ってましたので、
行かないと指の怪我が、かなり悪いのでは?と心配かけてはいけないと思い参加しました。

元々コンソートに参加するのが目的で無くて、ボランティアで、楽器のメンテナンスや楽器を持たずに参加された方の為に
トレブル、テナー、バスガンバを持って行くことでした。修理させていただいた楽器を渡す用件もありましたので。

フレット巻きなど、私が出来ないこともあるので、お弟子さんに来てもらっていましたが、
あまりメンテナンスはなく、駒の傾きの調整や、フレット調整くらいでした。

左手親指が使えないので、トレブルぐらいが弾けるかな?と思っていましたが。

懇親会とフリーコンソートの時間です。

2017 4 17 002

結局,私も最後にダウランドの曲(ギボンズやバードに比べて、一曲が短いので、だめな場合直ぐに替わってもらえるので)
7つのラクリメその他10曲くらい初見ですが、弾きました。
親指を使わなくても弾けるのですが、ポジションの確定のために親指は使うので、普段とは違う演奏になりましたが、
結構楽しめました。

弾かないでおくと、「やはり平山さんはかなり悪いのでは?」と心配をかけてはいけないと思い、
演奏したと言うのが本音です。でも、コンソートは楽しかったです。
今年初めてガンバを弾いたのですが。

このブログを見てくださっている方に、少しは役に立つ事かも?と言う事も、書かせていただきます。

それは、怪我の時の処置です。

私は、約10年 野口晴哉先生の整体を勉強させていただき、その他霊気、西式なども勉強させていただきました。

これは,主に西式の考えですが、指を切った場合、心臓よりなるべく高い位置に指を上げて、
振ると出血も少なく、痛みも少なくなり直りも早いのです。なるべく、細かく振動の感じです。

その後、霊気や野口先生の整体で行っている、手のひらから気を送って、痛みを少なくし、直りを早くするのです。
野口先生の整体だと、愉気と言ってます。息を吐くときに気が出やすいので、
ゆっくり、息を吐きながら、手のひらから気が出るイメージで行います。

ですので、切った直ぐ後も、出血もそんなに無く、痛みも10針縫う怪我だったのですが、
針で少し刺した程度でした。(病院に行かなくて、直そうと思ったこともあるのですが、
丸鋸で切ったので、傷口が複雑だったため、病院に行きました)

こんな事は、民間療法で気休めだと言う方もいらっしゃると思いますが、
お金もかかりませんし、悪くなる事は無いと思いますので、試してみる方は
どうぞ、やってみてください。

怪我の直後でないと、愉気を行うと,患部が痛む場合もありますが、これは愉気が
効いている証拠です。

霊気を勉強している人の間では、怪我ややけどにはとても効果的で
虫歯などの痛みも少なくなるので、とても助かっている、と言う人が
沢山いました。

聞きかじりの、生兵法は良くない、と考える方はゆっくり、しっかり調べてみてください。

では、次回はギターのお話をさせていただく予定です。





  1. 2017/04/17(月) 14:17:22|
  2. その他
  3. | コメント:1
前のページ 次のページ

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (329)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR