古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

9月21日の「楽器用材研究会」



21日から日が経ってしまいましたが、相変わらず 急ぐ仕事がまた増えてしまいました。

スピネットの仕上げと、別のスピネットの調整、
また別のスピネットの大幅な修理、調整、その他です。
(全弦の張替えや、ヴォイシングなど。)

 


ということで、今回、野村式還元法で処理された材料の楽器は、エレキベース、ヴァイオリン、
マリアハープ(小型のハープでプサルテリーに近い楽器です)とオルゴールと私のギターでした。

(せっかく、野村先生のところに集まるのですから、野村先生に処理していただいた材料の楽器と
そうでない楽器を用意しないといけないと、睡眠時間を削ってギターを1台作ったのですが。)

最初に聞かせていただいた、エレキベースは、マッシブな構造のため、今までに3台作られたの
ですが、燻煙処理をそれぞれ、1回、2回、3回された材料で作られていました。
私が聞くと、やはり3回処理した材料の楽器が音の分離、密度があったように思います。
もし、処理されていない材料の楽器があった場合でも、大きな差があったように思います。

同じようなことが、オルゴール、マリアハープでも思いました。
(でも、私と違う感想の方もいらっしゃいます)

ギターは、今回の研究会に間に合うように、約10日で作りましたが、前日、塗装して
弦を張ったばかりの楽器、と約2ヶ月経った楽器の比較でしたが、予想通りの結果でした。
もちろん、出来たばかりの楽器がとても良いのです。

7月末に、同じ条件で作ったギターを、野村先生にも、聞いていただきましたが、
出来たばかりの楽器でも、その音の密度、音の輪郭、そして倍音の多さなど、条件が悪くても、
はっきりしていました。
楽器のことですから、音楽が表現できないといけないのですが、私がもっとも大切にしている、
旋律楽器としてのギター、そして和声楽器としてのギターどちらも、
処理していただいた材料で作ると、理想の楽器に近づくように感じました。
と言うか、処理してもらっていない材料で、楽器を作ろうとは思わなくなってきています。


今回の楽器は、あえて、表板だけ(バスバーなどは処理していただいた材料を使っていますが)
処理していただいた材料を使いました。

それも、ギター用の材料でなく、チェンバロ用の表板から、流用しました。
ギター用の材料だと、あまりにも元の材料が良いので、ギター用ほど良くない材料でしたが、
とても良い結果が出たと思います。

スピネットも、6月以降3台作りました。
1台は、30年ほど寝かしただけの表板、1台はさらに3年ほど、日に干していたもの。

そして、表板だけですが、野村先生に処理していただいたものを使った楽器を1台。

表板以外は全て同じ材料で、同じように作りましたが、結果は驚くほど違いました。
処理していただいた材料の楽器を、100点とすると、日に干した楽器は70点くらい、

寝かしただけの楽器は、50点くらいですの感覚です。


私は、楽器に対する表板の重要性は、90%くらいを占めると考えています。
こう書くと、誤解されるかもしれませんが、表板以外は重要でないということでなく、
構造はとても大事です。(板の厚みや、削り方、アンダーバーの入れ方、形など)
材料の質やその材料を何年寝かしているか?と言うことが大切なことでない
と考えているのです。

7月末に作った、全て処理していただいた楽器と比べても、ほんの少しの差を感じるか感じない
程度でした。

ヴァイオリンについては、意見が分かれたようですが、私はやはり処理していただいた楽器
が圧倒的に良いと思いました。古いオリジナルの楽器が良いのは、もちろんですが、
出来たばかりの楽器ということを考えると、野村式熱化学還元法で処理された材料の楽器が
私の考える良いヴァイオリンに近く感じました。
それは、ギターのところでも書かせていただきましたが、音に輪郭があり、密度もあるということ、
そして、各音の分離が良いことなのです。

でも、モダンヴァイオリン、モダンヴァイオリンだけでなくモダンチェロもそうなのですが、
最近の流行というか、傾向が 音の厚みがあって、悪く言えばあつかましい、中身の無い
音が流行っていて、その傾向と反対の音が 野村先生に処理していただいた材料では、
出るのではないかと思っているのです。モダン楽器の目指している音と違う音がでる材料で
作っている、違和感と言うのを、感じました。

ですから、ヴァイオリンもモダンヴァイオリンでなく、ガット弦を使ったバロックヴァイオリンでは
野村先生に処理していただいた材料を使うと、誰の耳にもすばらしい楽器だと
いうことになると思っています。

ガット弦を張った、ヴィオラ・ダ・ガンバ だと 大きな差があると思います。
もちろん、圧倒的に良い楽器が、処理していただいた材料で作ると出来ると思います。

最近気づいたことがあります。それはモダンヴァイオリン、モダンチェロの分厚い、あつかましい
音の原因が弦にあるのではないかと言うことです。
弦についてはまた、詳しく書かせていただきます。

野村先生に処理していただいた材料で作った楽器は、依頼者に渡す前に、全て見てもらっていますが、
ギターでも、スピネットでも、大きな差があったので、野村先生は「そりゃ、処理した材料の楽器を
選ぶだろう」とおっしゃっていました。また、そのとおりでした。

でも、今回の研究会に参加された製作家の方の、ブログを拝見すると私ほどは、野村先生に処理して
いただいた材料で作った楽器とそうでない楽器との差を感じられていないようです。
作りたい楽器の音の傾向や方向が少し違うのでしょうか?


出来れば、年内にフルサイズの5弦のチェロを、処理していただいた材料で作りたいと考えています。
(モダンオケのチェロ奏者の方なのですが、私が作る楽器なので、
ガット弦を張ってもらおうと考えています)


明日は、チェンバロを富山に持って行きます。
明後日は、金沢でチェンバロの調整なので、なんとか今日このブログを更新しています。

いつも、なにやら、よく分からない、難しいことを書いているブログを読んでいただいて
ありがたいと思っています。

まだ当分、続きますので、よろしくお願いいたします。






  1. 2012/09/29(土) 01:34:25|
  2. ギター
  3. | コメント:2
<<弦について | ホーム | 新しいギターを作っています>>

コメント

八尾の教会近くに住むアマチアです。お久しぶりです。

『作りたい楽器の音の傾向や方向が少し違うのでしょうか?』

平山さんのギターを試奏させていただいた上での感想ですが、同感です。

その処理された楽器を機会がれば聴いてみたいです。

  1. URL |
  2. 2012/10/01(月) 05:25:04 |
  3. ギターアマチア #Yqf9uHks
  4. [ 編集 ]

コメント、ありがとうございます。
そして、ログを読んでいただいてありがとうございます。

こちらこそ、ご無沙汰しています。

以前弾いていただいた楽器から更に、
自分の作りたい方向のギターになっています。
でも、モダンギターを弾いている方にとっては、
弾きやすい方向のギターだと思います。

ギター以外の、古名器は音の立ち上がり、音の輪郭、音の密度
響き、音楽性が優れています。ギターでも、19世紀ギターの
名器は同じような音がしています。そして、そのような音の出る楽器を
作りたいと思っています。

でも、このような音が、野村先生に処理していただくと出るのです。
ただ単に経年変化が、100年、200年と進んでいるだけでなく、
弾き込まれた音に非常に近いのです。

また、弾いていただく機会があれば、よろしくお願いいたします。




  1. URL |
  2. 2012/10/03(水) 22:02:51 |
  3. kogakki #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (329)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR