古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

お知らせ

また、宣伝で申し訳ないのですが、

4月15日(日) 午後6時から30分、TBS系列で放送されている番組、
「世界遺産」で私が一昨年作った、竹のパイプオルガンが紹介されるそうです。

「マカオから伝わった南蛮文化」 がこの15日の放送テーマなのですが、
マカオ経由で伝わった物の一つとして、パイプオルガンがあります。
私の作ったオルガンは400年以上も前に日本人が作ったであろうという
パイプオルガンを復元製作したものなので、
マカオから伝わった物ではないのですが、
紹介してくれるそうです。

何分?あるいは何秒か?分かりませんが、パイプが竹のオルガンが
出てくれば、それが私の作ったオルガンですので。

今年は、ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラを作って、
ひょっとすると、バリトンとかアルペジオーネも作るかもしれません。

出来れば、また写真とともに紹介させていただきます。



  1. 2012/04/08(日) 22:46:21|
  2. その他
  3. | コメント:1
<<出発です | ホーム | 楽器の経年変化、弾きこみについて>>

コメント

録画します!

僕のブログでも紹介しておきますね!
きっと音が聴けますよね!
  1. URL |
  2. 2012/04/09(月) 03:51:01 |
  3. tanaka #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (329)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR