古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

お知らせ、お礼その他

やっと、長いツアーから帰ってきました。
普通のブログでしたら、ここでいろいろオペラの事、
スタッフの事など書かせていただくのでしょうが、
とりあえず、錦織健さんが元気だった事、ギターが上手だったことくらいで、
お茶を濁していて、また何か関連する事が出てきましたら、話させていただきます。

CABOTIN さんにコメントをいただいてありがとうございました。
私は長い間、ギターには岡目八目の関係で、外から見ていました。
外から見ないと分からない事、中に入ってしまうと周りが見えなくなってしまう事など。
でも、CABOTINさんはギターの中でしっかり見てこられたので、コメントありがたいです。
ギター以外のことも物凄くご存知で、ギターを見てられるので、また、コメントよろしくお願いします。

コメントのトルナボスについてですが、自分ではもちろん作ったことはありませんので、
数人の日本の方が作られた楽器を見ての、弾いての感想から書かせていただいたことです。
CABOTIN さんのように良いトルナボスを見てこられた方の感想、意見はありがたいです。

そして、沢山のトルナボスを見てこられたCABOTIN の群遅延という言葉、感覚的には分かります。
単純にバスレフで片付けましたが、当然楽器とスピーカーとは違うので、ヴォルフの遅れが
トルナボスのイメージかな?思ったりします。あまり良くないトルナボスは、逆にヴォルフを
作ってしまっているような感じも受けました。楽器製作家が,それを無くそうとしてして必死になっている
ヴォルフを発生させている、トルナボスはいらないのでは?と思ったりしていました。
小型の分数ギターには良い、効果的なトルナボスは必要なので、
また実際に作って報告させていただきます。

隙間のフィルターという考えも、低音ほど音に指向性が無いので、群遅延という考えと合わせると、
これも実際に試してみようと思います。

サウンドホール周りの話も、私はあまり重要でないと考えていました。
でも、端での倍音の処理が、しっかりしたトルナボスを付けることによって、
改善されるかな?とも考えたりしました。

よくチェンバロやヴァージナルのサウンドホールの役目を聞かれます。
リュートのように、ロゼッタがあるのが普通ですが、このロゼッタから音が出ているように、
聞かれますが、大きな表面板で鳴っていますので、ロゼッタから音は出ていません。と答えています。
その役目は、装飾と、なかには、鋳物でこのロゼッタを作る場合もあります。
この場合は、ここに重さを加えて、鳴らないようにして、ブリッジ周りを鳴らしている事もあります。
後は、フリーになっている、サウンドホールの強化でしょうか。
これが、トルナボスの役目に近いと考える面もあるようです。

ネックのロッドについても、こんな話もあります。

20年ほど前に作ったフォルテ・ピアノでミュートのようなストップを付けたとき、
4ミリほどのブラスロッドをストップに付けました。
そうすると、ロッド周りの3音ほどがどうしても、金属的な音がするのです。
そこで、ロッドを木に換えました。
そうすると、金属的な音は無くなりました。

必要が無ければ、アコースティックな楽器には金属は使わないほうが良いと思いました。

ネックの中に入ってしまうロッドですが、それが入った楽器の音がよければ良いのですが。


それと、肝心のお知らせです。

4月14日のチラシです。


                3.jpg

北海道で遠いのですが、北海道の方はいかがでしょうか?
トレブルガンバとリュートを弾きますので。

著者の西川さんが木育という活動もされています。
そちらの案内です。
http://www.mokuiku.net/4_katsudou/4_katsudou_new.htm

また、次回は本題に戻って、ヘッドについて書かせていただきます。






  1. 2012/03/17(土) 18:44:34|
  2. その他
  3. | コメント:2
<<構造設計 ⑧ ヘッドの大きさ、形、角度など | ホーム | ヴィオラ・ダ・ガンバ フェスタのお知らせ>>

コメント

しつこく、トルナボスのことです。トルレスや同時代の銘器のそれを
多く弾いたのです。演奏者に聞こえる音は遅延した低音などから、よく言うと
幽玄かな、日本の響きのすくない部屋やアンプリファイするのであれば、すこし
可能性があるとはおもうのです。しかし、私たちの普通の用途にはちょっと疑問、
でした。 スピーカー話で恐縮ですが、、出力側がデジタル化されて すこしの
良い面はイコライザーが位相をいじらずに機能できることですよね。
どうもバスレフの遅延感が気になって 私はメインにつかっているものもバスレフでは
ない特殊なものなのですが、今回遊びに イタリアのシーカの小さいユニットが背圧にも
耐えそうなのでラワン材のすこし大きめの密閉箱にれました。そのままでは特性は
とんでもない状態なのでコンピュータのイコライザで調整。
http://www.koube.jp/public/IMG_20120319_160252_edit0.jpg
これが・・なかなかいいのです。撥弦には またちょっと追従しきれないのですが
弦や声はすばらしい、ハイファイではないが、音楽的。ちょっとバスレフにはもどれないな・・。
  1. URL |
  2. 2012/03/19(月) 18:03:48 |
  3. CABOTIN #X1ynpJAA
  4. [ 編集 ]

トルナボスは難しい

CABOTIN さん ありがとうございます。
実際に沢山のトルナボスの、良い楽器を弾かれた感想が、「幽玄」というのも、
なんとなく分かります。
私も、スピーカー話ですみませんが、以前長岡さんの本で見た、
物凄く長い、バックロードホーンを作りました。確か8センチくらいの
スピーカーで、オルガンのような音を出す、というものでした。
確かに、オルガンを再生すれば、これで8センチという音でしたが、
何をかけても、オルガンの音になります。そして、幽玄な、洞窟の中のような
音でした。これに近い感じかな?と思います。もちろん、楽器とスピーカーでは違いますが。
前にも書かせていただきましたが、うっかりすると、ウルフ、ヴォルフに近い、
特定の音だけ響きが違う楽器を見てきたので、よほど考えて作らないといけないと思っていました。
それで、おもいっきりスピーカーと同じで考えればどうか?と思ったのです。
でも、いつも同じ響きが付いてしまうと、演奏するのは難しいでしょうね。

ということで、スピーカー。 バッフル板も鳴らないように、木取りがしてあったり、
角を取ったりと、流石に良さそうな、スピーカーですね。
  1. URL |
  2. 2012/03/23(金) 19:07:21 |
  3. kogakki #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (334)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR