古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

追記です。1月29日の分数ギターについて 

1月29日の、分数ギターについての、ブログに図面と、説明を加えさせていただきました。

文章と数字だらけだったので、目で見て分かりやすいように、追記させていただいています。

興味を持っていただいた方は、どうぞ、ご覧下さい。

このブログおご覧の方はもうご存知かと思いますが念のため、書かせていただきます。

小さな、図面、写真は クリックしていただくと、大きくなりますので。

よろしくお願いします。

  1. 2012/02/04(土) 12:38:43|
  2. ギター
  3. | コメント:0
<<読み物 その2 考えるということ | ホーム | 構造、設計 ③ 表板ー4 表板の膨らみ、ドームについて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (338)
演奏会 (10)
その他 (21)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR