古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

最近の出来事、仕事

次に、ブログ更新はいつになるのか分かりませんので、
もう少しだけブログ追加です。

1週間ほど前に,私が40年ほど前、3週間で作った、1号機のガンバが調整のため帰って来ました。

000019.jpg


2017・8・24 2

頭は、スクロールにしていると時間が無いので、写真のような女性の顔にしました。

トレブルで作ったのですが、トレブルは他にもあるので、パルディシュで使っていると
よく弦が切れるので、何とかして欲しいとのこと。(パルディシュはフランスでよく用いられた
トレブルガンバの4度上の楽器、テナーガンバのオクターブ上の楽器です)

弦長を2センチほど短くしました。駒も下げて、魂柱も移動して、長さも調整しました。
2センチで、ほぼ半音分弦長が短くなるので、弦は切れにくくなると思います。

念のため、三味線のテトロンの糸だと何とか弓で使えるので、テトロンの糸も張っておきました。
テトロンはガットとほぼ同じ比重なので、太さも同じくらいです。テトロンの弦だと10年以上は切れませんし。

この楽器は、講習会でガンバのレッスンを受けたいけど、楽器が無かったので
講習会までの3週間で作ったのです。
もちろん、残業もこなして、往復2時間の通勤時間をかけて。

今では、広島のガンバコンソートで元気にしていることでしょう。

そして、こちらもものすごく久しぶりの楽器です。

神戸松蔭女子学院大学のイタリアンです。

2017・8・24 3

鈴木雅明さんがヨーロッパから帰ってこられてまだ間がないころ、松蔭でクルスベルヘンのイタリアンを買ったのです。
(この楽器を買うまでは、私のイタリアンを松蔭では使ってもらっていました)

蓋に、絵を描きたいけど、平山さんの周りなら、沢山、絵描きさんもいるでしょうし、
良い人はいませんか?と鈴木さんから聞かれました。
松蔭にも絵を書く人、先生はいたと思うのですが。

友人で模写の非常に上手な日本画家がいたので、
彼女を紹介してこの楽器の蓋に絵を書いてもらいました。

2017・8・24 4


2017・8・24 5

その後、私も忙しくなり、メンテナンスにあまり行っていいませんでしたので、
本当に、久しぶりの対面でした。

楽器は修理や、ヴァオイシング弦の張替えでしたが、久しぶりに弾かせていただくと
充分熟成された楽器になっていました。

  1. 2017/08/28(月) 23:53:36|
  2. ギター
  3. | コメント:0
<<お礼、10万人の訪問 | ホーム | 最近の事とお知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (339)
演奏会 (10)
その他 (21)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR