古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

展示会のお知らせ



ここのところお知らせが続いていますが、熱処理された楽器を見ていただく
ことが出来る、展示会が9月7日8日とありますので、案内させていただきます。

展示会は 「国際フロンティア産業メッセ2017」 と言う大きな催しです。
https://www.kobemesse.com/
神戸市のポートアイランドにあります、神戸国際展示場が会場です。
時間は10時~17時です。入場は無料です。

この中で、グループ出展(滋賀県中小企業団体中央会) https://www.kobemesse.com/exhibit/exhibit_category/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E5%87%BA%E5%B1%95%EF%BC%88%E6%BB%8B%E8%B3%80%E7%9C%8C%E4%B8%AD%E5%B0%8F%E4%BC%81%E6%A5%AD%E5%9B%A3%E4%BD%93%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E4%BC%9A%EF%BC%89  

の中の、X07の小間で(株)野村隆哉研究所として出展します。
私の作った、熱処理した材料のギター 、熱処理していないギター
そして、岩井孝夫さんの作った、同様に熱処理した材料のヴァイオリン
していないヴァイオリンも展示されます。

ギターについては、私が演奏しようかと思っています。
ヴァイオリンについては、製作家にどうですか?と声をかけたところ
「ヴァイオリンはとても上手な人が弾かないといけませんから」
との返事。
この言葉に、モダンヴァイオリンの本質があるように思います。

モダンの楽器は、よっぽど上手な人が弾かないと、普通の人に
聞いてもらえない。そんな楽器だと思うのです。
上手な人とは、基礎的な訓練が出来ていて、音楽的にも優れた人。

かなり以前、声楽家なのですが、鍵盤もヴァイオリンも何でも演奏出来る友人が
バロックヴァイオリンを見たいと言うことで、何台か持って行きました。

バロックヴァイオリンをしばらく弾いてみて、その後モダンヴァイオリンを弾くと
彼が「モダンの楽器からは何も帰ってこないけど、バロックの楽器からは
色んな物が帰ってくる。音楽的に助けてくれる」と言いました。

私は仕事以外で、モダン楽器に接する事がないのですが、というより
接しないようにしているのですが、モダンの楽器は50の技量を持っている人が
弾くと50しか帰ってこない。100の人だと100しか帰ってこない。

これが、バロックの楽器だと50の人には70,80と帰ってくる、
100の人には120,130と帰ってくるように思うのです。

ギターも同じように、19世紀ギターのオリジナルは沢山楽器から
帰ってくるように思います。

小型のギターもそのように思います。

私のギターもそうなれば、いいなあ と思って作っていますが。・・・・・・







  1. 2017/08/03(木) 12:03:52|
  2. ギター
  3. | コメント:0
<<8月17日の三和さんの公開レッスン | ホーム | お知らせ とコメントをいただいて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (334)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR