古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

コメントをいただいて、そしてHORAギターについて

CABOTIN様

いつも、有用なコメントをありがとうございます。
今回は、私にもなかなか理解出来ない、専門的なコメントで
時間をかけて、ゆっくり考えて見ます。

michael様
まだ、リュートまで考えが及んでいません。リュート、バロックギターなどについても
考えてみたいと思います。ギターとは違った構造なので、違う理由が考えられそうですが。

今、我が家には弦長 55センチから63センチまでの小型のギターが
10台ほどあります。

どの楽器も、弦は一般的な、ダダリオやオーガスチンでピッチは
59センチ以上の楽器は半音下げて(A=415)55センチのギターは
440で調弦していますが、弦が柔らかすぎて弾きにくいとか、
手ごたえが無いという感じはありません。
むしろ、しっかりした感じです。

ギター作りの間では、弦長の短い楽器の製作を頼まれて、ボディは大きい楽器の
ままで、弦長だけ短くすると,張りの無いぼけたギターが出来てしまう、
という認識がありました。また、そのような楽器も見たことがあります。

体に合ったギターを弾いてもらおうと、せっせと小型ギターを集めていますが、
どのギターもバランスもよく、なにより低音がしまっています。
合奏にも使える楽器だと思います。

ということで、高橋晃清様からのコメント ルーマニアのHORAギターについてです。
このメーカーも2分の1,4分の3、8分の7、4分の4と各種のギターを作ってくれています。

今最も興味のある、小型ギターと言う事で、4分の3のギターを手に入れました。
10年ほど前の少し弾きこまれた楽器です。(そんなに弾いてはいなかったようですが)
カタログでは4分の3は弦長57センチと言う事だったのですが、10年ほど前だと
弦長は61センチでした。

表板はルーマニアの松、とても年輪の間隔が広い、日本ではあまり使われない
ような板に、裏、横、ネックとも単板の楓です。
裏板も、ブックマッチの板を使っています。

重さも軽く感じたのですが1302グラムでした。(表板単板裏横合板のヤマハは弦長60センチの楽器で
1430グラムでした、私の楽器は弦長64センチで1080グラムです)

音は、楓の木の楽器らしく、柔らかい音で楽器はよく鳴っています。
よく考えれば、私の作った楽器は楓のギターの方が多いので、楓の楽器の
良い所、楽器本体がよく鳴ると言う事は分かっていたので、そんな感じに聞こえます。

裏横がローズに比べると、音の輪郭がはっきりしない感じですが、それが合奏
アンサンブルには合うように思います。

安い値段の楽器ですが、押さえる所は押さえていて、糸巻きのウオームホイールも
厚みも充分にあり、巻き易く、耐久性もありそうです。(安い楽器は、このホイールが薄くて
巻き上げの抵抗も大きく、耐久性もありません。)
国産5万円くらいのギターよりははるかに良いものを使っています。

ナットやブリッジの骨棒も樹脂ですが、音は悪くなさそうな材質です。

全体に楽器が鳴って、バランスもよく低音も基音が出ている低音です。
3弦のハイポジションもバランスよく鳴っていますし。

でも、いわゆるモダンスペインギターとは違う楽器です。
音楽を楽しみたい、音楽を表現したい方のため、合奏をしてみたい
人のための楽器のようです。(私の作るギターと少し方向が似ています)

価格は定価27000円税込みですが、黒澤で21600円の楽器です。

大きな、重たいローズのモダンギターを苦労して弾いている人に、
お勧めです。弦長が62センチの8分の7あたりが良いように思いますが、
高級な楽器に比べて、細かな表現などは苦手なようです。
逆にそんなに細かなタッチとか気にせず、気楽に弾ける楽器だと思います。




  1. 2017/06/19(月) 00:28:00|
  2. ギター
  3. | コメント:1
<<お知らせ その他  | ホーム | michimat様がギター2台持って来られました。>>

コメント

御礼になります

はじめまして。
ギターの買い替えを検討していた時、こちらにたどり着き、記事を読ませていただいていました。

私ごとで恐縮ですが、子供の頃ピアノを習っていたのですが、バロックが好きなので、いずれチェンバロを弾きたいと思っていました。
けれど習うところも少なく楽器も値が張り。
では次に弾いてみたかったリュートを、と考えましたが、これも習うところが少なく、楽器の手入れ等がかなり大変という情報を見てこれも断念。
そこで、知人にギターを弾く人がいたので、流通も多く、気軽な教本も多いギターを手に取りました。

ですが、小柄な女性の私にはとにかく大きい、、
そこでショートスケールを探し始めた時、HORAも候補だったのです。
バロックや、ほんの時折はルネサンスも聴く私には、楓というのも魅力でした。
ただ画像を見た時、ネックがかなり厚く丸く見え(なんとなく他の弦楽器を連想しました)、私には握りにくそうで、結局他のものにしました。
以前別の記事でお書きになっていた、マルティネスの580ミリのものです。
私にはとても弾きやすく、満足しています。
自分の楽しみのために弾いているので、無理に大きなギターを弾く必要はないですし。
ありがとうございます。
でもまたHORAが気になってしまいそうです(笑)
拙いコメントで失礼しました。
今後も楽しく拝見いたします。
  1. URL |
  2. 2017/07/29(土) 19:40:41 |
  3. HORA以前考えていました #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (338)
演奏会 (10)
その他 (21)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR