古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

コメントをいただいて 弦の固さ?

通りすがり 様

コメント、ありがとうございます。

私の言葉不足を補っていただくようなコメントで、ありがとうございました。

弦長、ピッチが同じなら、どの楽器でもテンションは同じです。

では、なぜ固く感じる楽器とそうでない楽器があるのか?

たしかに、音を出さずに弾いてみると、どの楽器でも弦の感触は変わらないと思います。

楽器によって、化学変化でも起こして、比重が変わりテンションが変わると言う事は有り得ませんから。

しっかりした楽器、悪く言うと楽器本体が鳴っていない楽器(全部に当てはまる事ではありませんが)
だと、弾く人が自覚無く、無意識に強いタッチで、他の楽器と同じようなヴォリュームを出そうとして、
力を入れるため、弦が固いと言う感触を感じるのではないかと感じています。

反対によく鳴る楽器は柔らかいタッチでも、力を抜いても音が出やすいので,弦を柔らかく感じるのでは?
と思ったりしています。

弦が固く感じる楽器全てが,鳴らない楽器、鳴りにくい楽器と言っているのではありません。
鳴らない楽器というより、しっかりした音、芯のある音の楽器と言えるかもしれません。
このような楽器は、延達性があったり、録音すると良い音で録音できたりする場合が多いようです。

同じような事を、チェンバロでも感じる時があります。

よく鳴る楽器は、爪を薄くしても(チェンバロは爪で引っ掻いて音を出しますので)まだ、
爪が分厚い、タッチが重い、と言われる事があります。
爪は一般的に0.5ミリのデルリンの板を削って使うのですが、0.3ミリくらいに削って、もう削れないと言う爪でも
よく鳴る楽器だと、もっと削ってほしいと言われる事があります。

逆に、鳴らない楽器だと0.5ミリの爪そのままでも、爪が弱いと言われる事もありました。
同じように、太い弦で0.8ミリと言う爪を付けている楽器など、本来固くて弾けないコンディションですが
弾いてもそう固い感じを受けない事もありました。(あまり楽器が鳴っていないので)
チェンバロは、基本的に音の強弱が付かないので、爪の調整が大事なのです。

なにか、弦が固いと感じる楽器は鳴らない楽器だと決め付けているように取られるかもしれませんが、
決してそうではありません。

通りすがり さんがおっしゃっているように、音色、音の立ち上がりその他の条件でそう感じる事が
多いように思います。

以上書かせていただいたことは、あくまで私が考える一つの考えですので、そう思わない方も
沢山いらっしゃると思います。また、お考えをお聞かせ下さい。
 
簡単に結論が出る問題ではないと思いますし。

あと、弦が固く感じる楽器を使っている方に、半音下げて弦のテンションを下げて弾いてみては
いかかでしょうか?
と言う提案も出そうかと思ったのですが、これは私が一度試してからまた、提案させていただきます。
  1. 2017/06/11(日) 00:38:57|
  2. ギター
  3. | コメント:3
<<コメントをいただいて、リュートとギター | ホーム | 弦が硬く感じる楽器と柔らかく感じる楽器の差は?>>

コメント

弦について

始めてコメントします。
ギターからリュートに持ち替えて20年以上が経ちました。
リュートでどれか一本だけ糸巻が滑ってバラバラと緩むと、たいていほかの弦も狂います。
新しい弦に交換すると、しばらく安定しませんが、これは弦の伸び縮みもあるけども楽器も多少歪むのではと思うのです。
ボディーと弦が馴染んでようやくチューニングが安定する。
ギターもそんなことがあるのでは。
つまり、弦の固さは弦のテンションがもちろん主因ではあるけれども、右手が弾いた瞬間のボディーの弾性も硬さに影響するのではと思うのです。それでボディーの鳴りが異なる。
もちろんごく僅かですよ。あまり歪むと、それこそピッチが怪しくなりますから。
  1. URL |
  2. 2017/06/11(日) 01:12:08 |
  3. こうじ #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

「古楽器製作工房平山」さんを訪問

先日、「古楽器製作工房平山」さんにお邪魔し、弦のタッチが固い問題のバルベロ・イーホと倍音が多くて弾きやすい河野30号を持ち込んで、比較診断と調整をしていただきました。
まず、イーホについては、各ポジションの音を確認しながら以下の手直しをいていただきました。
(1)ナットの溝を低くして左手押弦の負担を軽減
(2)ナット溝の幅や形状を修正して各弦の振動が大きく均斉になるように調整
(3)サドルの山形の形状と山の位置を調整して振動と音程の状態を改善
(4)音の出の悪いポジションについては、フレット固定具合を強化してレスポンスを上げてクリアーな音が出るように微調整

これらの対策により
(1)6弦の音の出が格段に良くなりました。
(2)1、2弦の低ポジションが押さえやすくなった分、右指の力みも若干減りました。
(3)ハイポジションの音の出の悪いところが解消されました。
全体的には、6弦の音の出が良くなったためか、男性的な響きに変わりました。雰囲気が少し変わったので、これから少し弾いてみて、弦へのタッチが感覚的にどの程度変わったのか確認してみたいと思います。

河野ギターも同様の調整をしていただきました。こちらはもともと良く鳴るのですが、1弦の音色が固くが2,3弦と異なるため、サドルやフレットの調整をしていただきました。

今回、工房訪問をさせていただき、ナット、サドル、フレット等の調整で響きが改善されることがよく分かりました。ギター、チェンバロやビオラダガンバ等の各種の
古楽器を制作され、各部品の効能に精通されている平山さんならではの高度な技量が分かりました。
  1. URL |
  2. 2017/06/12(月) 14:11:36 |
  3. michimat #HuGXX0hM
  4. [ 編集 ]

弦長や「張りの固さ」・・ んんん〜 かなり厄介な問題やな〜と感じます。
おっしゃるとおり、単に物理的な張り ではなくてもたらされる音色が感覚に
フィードバックされている、という意見はその部分が間違いなくあると思うのですが、

ほかにも気になる部分があるのです。 それは両端を支持するもとのしての楽器の剛性と
そこからフィードバックです。そのフィードバックが柔軟な楽器ほど
(ぼくは非線形の専門家じゃないから間違いがおおくあるかもしれないことを承知で発言しますと)
非線形の振動がもたらされる部分がおおいように感じます。そのような楽器ほど、「張りが柔軟」と感じるのではないだろうか?
と、思うのです。
意外と小さな楽器でガチガチに作られたもので「張りが強く」感じられるのは、小ささからくる剛性からリニアな振動が大勢になっている
のでは〜 と思うのですが・・ 同じように 弦の張力を強くするとリニアな部分が増えるので、張力そのもの以外に張りの強さを感じるのでは?
と感じます。非線形の振動についてのごく簡単な解説はここにあります
eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/41370/1/81_15-20.pdf
実は 来週、京都大学の時計台百周年記念ホールでこのことの専門家が集う数学の国際学会が私のリサイタル開いてくださいます。
非線形の大家たちが集まるので尋ねておきます。
www.koube.jp/public/math2018.pdf
時計台ホールは大きいので 学会学者の後ろの席き学生に開放されます。 時間がないので学生証は確認しないだろう・・(笑) ということなので
興味のある方はどうぞご参加ください。めずらしい珍獣・・もとい学者たちを見学できます。
このめちゃな厳しい曲目も、幹事の高名な数学者からのリクエストでした。

我が家にたくさんあるギターの弦長を測ったら、なんと全部が63センチ辺りでした。 おどろいたことに一番モダンな1920年のワイスガーバーでさえ
628ミリでした。 私はもうちょい長いほうが弾きやすいんだけれど、、
追 本当に不十分な説明ですみません。弦端が強固な非線形振動と複雑な系の端からのフィードパックでもたらされる非線形振動はかなり異なるのとちゃうかな? 後者から得られる音は入力の感覚にリニアではないので「柔軟」という感じがするのでは?

もう一つ 平山さんが述べられいた 張力 弦長が同じなら同じ、ということに付け加えたいこともあります。
弾性のある糸に圧力を加えていって、それから弦が放たれるのですが,初期の動作では弦の弾性が演奏者にフィードバックされ その剛性がある程度使い切られたときは,楽器そのものの剛性が多く演奏者にバックされています。

これらが 堅い 柔らかいを生じさせているのではないかな?
  1. URL |
  2. 2017/06/17(土) 21:07:52 |
  3. CABOTIN #ArGM.iJY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (334)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR