古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

演奏会のお知らせ

前回のブログでお知らせする予定でしたが、長くなってしまったので、
新しく更新させていただきます。

古くからの、友人がリサイタルを行います。

img20170426_18521627.jpg

img20170426_18543144.jpg

関西の方はご存知かもしれませんが、
箕面のメイプルホールで 5月21日午後2時開演
茨木の 六鳴館で5月28日の午後3時開演です。
入場料はいずれも、前売り1000円、当日1500円です。

プロの、ギタリストではなく、箕面こどもの森学園の理事をされています。

プロの方のように、多くの演奏会を開く事が必要でないので、じっくりと曲に向き合い、
芳仲さんのお人柄が出ている、演奏が聞けます。

今回は、ソルとタレガと言う、ギターにとって非常に大切な二人の作曲家を
取り上げています。

興味のある方はどうぞお越し下さい。


  1. 2017/05/12(金) 22:13:43|
  2. ギター
  3. | コメント:0
| ホーム | コメントをいただいて、>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (323)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR