古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

やってしまいました

昨日、夕方 友人に頼まれていた楓の木を製材していたところ、
うっかり、他の事を考えていて、丸鋸(テーブルソー)で親指を切ってしまいました。

10針縫いましたが、丸鋸で切ったので、切り口が複雑で3週間ほどかかるとのことです。

夕方、夜間と言う事で何軒か病院に問い合わせて、やっと近くですぐに見てもらえるところがありました。
30年ほど病院に言った事は無く、10年ほど前に一度耳くそが鼓膜に当たってうるさいので取ってもらったくらいです。
保険証も使っていなかったので、大急ぎで探して病院に行きました。

幸い、すぐに手術してくださって、(夜間救急手術と言う事で)昨日は痛みもありませんでした。
むしろ、今日のほうが包帯をきつく巻いてもらったようで、少し痛みがあるくらいです。

2017 4 13
2017 4 13

包帯でぐるぐる巻きです。

丸鋸は事故が起こりやすいので、切る時は切ることに集中しているのですが、
今回はうっかり他の事を考えていました。

今まで、楽器を作っている時に怪我をした事はありませんでした。
今回も楽器では無かったので、楽器製作時の怪我はまだ無いということですが、
初めての、手術でした。

昨日は、今日も朝早くから病院で診てもらうということで、12時くらいで仕事を終えました。

もっと、大きな事故を起こさないようにとの、警告と考えてこれからは、気をつけて
作業しようと思っています。


  1. 2017/04/13(木) 11:08:59|
  2. その他
  3. | コメント:2
<<だんだん良くなっています。 | ホーム | 久しぶりの更新>>

コメント

ほんとに危ないところでしたね。丸鋸は怖いなーと、私も思っています。気を付けましょう。
  1. URL |
  2. 2017/04/13(木) 21:24:30 |
  3. 足立良則 #-
  4. [ 編集 ]

お~痛そうですね。
特に高齢になると傷も治りにくいので用心用心です。

最近愛器の駒がケースの中で完全に剥がれていました。
幸いトッポ板には支障がなかったので再接着ですむとのことでした。

それにしても購入して二年にもならないのに駒が剥がれたのは
初めて見ました。
  1. URL |
  2. 2017/04/16(日) 09:36:48 |
  3. Tommy #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (339)
演奏会 (10)
その他 (21)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR