古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

暖かいコメントをいただいて、ありがとうございます。

Tommy様
ギター浪漫様

コメントをありがとうございました。

歳は行っていますが、まだまだこれから良い物を作りたい、作り続けたいと思っている所です。

長年、楽器を作り続けていることだけの事なので、長年お仕事をされている方となんら変わりは無いと思っています。

よく、聞かれる事なのですが、今までに一番出来が良かった楽器は?と。
そうすると、いつも答えていました「次に作る楽器です」と。

出来が良かったから手元に置いておこう、と思った事は一度もありません。
もし、出来が良いと思えば、思うほど演奏家の手に渡って、弾き込んでほしいと
思っていましたから。

以前にも書かせていただいたと思うのですが、楽器を作り続けることは
ひとつの思いだけで充分続きます。

それは、「良い楽器を作りたい」と思う事だけです。

自分が満足できる楽器など、絶対に出来ませんから、体が動く限り、死ぬまで
楽器を作り続ける事になるのです。

本当に、もう少しましな楽器を作りたいと思って、40年ほどになりました。

これからも、よろしくお願いいたします。




  1. 2016/06/22(水) 18:28:23|
  2. ギター
  3. | コメント:0
<<新しいギターが2台出来ました。 | ホーム | お知らせ 今日の日経新聞 文化欄で紹介されています。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (339)
演奏会 (10)
その他 (21)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR