古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

お知らせ 今日の日経新聞 文化欄で紹介されています。

相変わらず、バタバタしています。

タイトルのように、今日 6月3日の 日本経済新聞 の36面 文化欄に私の記事が出ています。

先週 取材、打ち合わせに来られて、今日の掲載となりました。

036.jpg


今まで、私のたどって来た足跡を、現在の古楽器製作に繋がるように書かせていただいています。

新聞社の方にすれば、35年ほど古楽器製作のプロの製作家としてやってきたこと、また色んな楽器を作っていること
に興味がおありのようでした。

記事を読ませていただくと、なにか気恥ずかしい感じがします。

今回はじめて知ったのですが、新聞では V や W で始まる外国語の表記は ウ に点々ではなく
バ としているようです。今回もそうして下さいとの事だったのですが、特別に ウ を使わせていただきました。

そういえば、テレビでも 某国営放送ではバイオリン と表示されていて、違和感を感じていましたが。

私のことだけでなく、今回記事にしていただくことによって、古楽器に興味を持ってくださる方が増えれば、
と思っています。

日経新聞様、記者の方 ありがとうございました。



  1. 2016/06/03(金) 09:45:27|
  2. ギター
  3. | コメント:4
<<暖かいコメントをいただいて、ありがとうございます。 | ホーム | 沢山コメントをいただいて、ありがとうございます。>>

コメント

祝 掲載!

大手メジャー誌への記載、まことにおめでとうございます。

長年に渡る古楽界への貢献があまねく世に知れ渡り、新聞記事への記載がなされましたことは、楽器製作界に対しても、大いに刺激となることでありましょう。
また、日夜研鑽している若手製作家にとりましても、大きな励みとなることでしょう。

逆に、最近は、古楽器分野に進出する製作者は減少してきており、この先の将来が心配です。あまりに利便さが向上した世の中で、携帯端末で気軽に音楽を楽しめ、また、コンピューターミュージックを自分で作曲もでき、さらに打ち込みと称して、人工的な音の合成で、コンピューターで楽器演奏もできる時代です。
そんな世で、昔ながらの手作業で、アナログな楽器、それも古楽器や、クラシックギターなどに傾倒する若い人が益々減少していくような気もしています。
こういう時代も運命でしょうか。後継者不足という問題も出てきてる気もします。だからこそ、名工の製作した楽器の価値がますます貴重になってくるということでもあります。
幸いに、平山先生には、若き高弟が数名いらっしゃるようで、図面と簡単な指示だけで完璧な仕事をなされるという、すばらしいです。

 私は、日本の誇る名工5傑の中の筆頭に、先生が入るものと確信しています。これからも健康に留意されて、すばらしい作品を作り続けてください。
陰ながら、先生の益々のご活躍を祈念しております。
  1. URL |
  2. 2016/06/03(金) 15:20:47 |
  3. ギター浪漫 #BwtdbEoI
  4. [ 編集 ]

日経新聞を見てひょっとしてと思っていましたが、やはりそうでしたか、おめでとうございます。

大切なお仕事だけにこれからも是非健康に気を付けて継続されることを願っております。
  1. URL |
  2. 2016/06/09(木) 09:01:32 |
  3. Tommy #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2016/06/21(火) 19:29:44 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> こんにちは
>
> 音楽に関わる人が、『某国営放送』と表現されることは
>
> 私にとっては、とても残念なことで、また不愉快です。
>
> 素直にNHKでよいと思いますよ。


貴重なコメントをありがとうございました。

そのように考える方がいらっしゃると言うこと
が分かりました。

今回のことは、いわば 苦言のようなものですが、
正面切って言うほどのものでもないので、このような
表現にしました。

深い意味は無かったのですが、NHKさんに文句を言う
つもりも無かったので、少しちゃかしたというか
横から書かせていただきました。

普通のNHKさんのことでしたら、NHK と書かせていただいていますので。
  1. URL |
  2. 2016/06/22(水) 13:02:31 |
  3. kogakki #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (337)
演奏会 (10)
その他 (21)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR