古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

エンジャと オレムス 簡単に弾くための 運指

すっかりブログの更新が滞っていました。

相変わらず、急ぐ仕事に追われていますが、今は楽器の仕上げの時期で、
ニスを塗って、乾かしている時間にブログの原稿を作りました。

ブログ友達の カステラミルクさんが エンジャと オレムス の動画をアップされました。

どうも、難しく弾いているように感じましたので、楽譜を見てみました。

私ならこう弾きたいという運指が見つかりました。

img061.jpg


タレガの曲は 以前(昔)ギターをやっていた時から、あまり弾いてみようと思う曲は
ありませんでした。

でも、今回 良い機会だったので、弾いてみることにしました。

でも、よく考えたら、今年に入ってから、ギターは全然弾いていないことに気がつきました。
と言うのも、中指の爪を仕事中に折ってしまって、弾き難い状態だったので。
でも、まだ短くて、動画でも中指が空振りしています。

久しぶりのギター演奏です。

ですので、余計に簡単な運指を考えることになったようです。

少し、説明です。

最初から間違っていますが、最初は2弦です。すみません。

1弦のラ からポルタメントをかけている演奏もよく見かけますが、
この曲には合わないように感じました。

ですので、ミスの起こりにくい 2弦から始めます。
1小節目の最後のファ は3で弾いてミに繋げたほうが
私には楽です。
1段目最後のラはここでセーハしておくと、次の和音が楽です。1の指の移動量が減りますので。

2段目の1小節目から始まる音階は、1弦を使うと3小節目の和音が弾きやすくなります。
開放弦が使えますので。
最後の小節もセーハを使うと私には和音が繋がりやすくなります。

ガイドの指を沢山使う方が、ミスが少なくなると思い、3段目の指使いにしました。

4段目の2小節目の和音は、セーハの方が楽です。

次にオレムス はこれもガイドの指が使えるように運指を変えています。
そして,2小節目は 低音の ソ を開放弦にしています。
1小節目の レ の音につながりやすいと思ったのと、運指が楽ですから。

2段目の 最後は 逆に3の指を滑らすより、4の指をガイドにして、ミの音は
2の指の方が音がしっかりします。私の場合は。

最後の和音の分散は運指のとおり、レは開放弦を使ったほうが楽です。

演奏は、エンジャを一回弾いて、オレムスに行ってもう一度エンジャに帰っています。
この方が全体をまとめやすいのでそうしました。

そして、演奏ですが、楽譜の運指に時間を使ったので(と言っても1時間くらいですが,

練習は30分ほどで、いつものように練習不足で楽譜にかじりついて見ています。
すみません。

演奏はあくまで楽譜の紹介のために弾かせていただいたので
演奏の中身についてはお聞きにならないでください。

取り直している時間はないので、ミスは沢山ありますが 一回撮りです。
カメラのアングルもチェック出来ていなくて、申し訳ありません。




この曲は西垣さんのCD でも聞けます。

西垣さんのCDはフランスの教会での演奏会の本番での録音です。

この演奏を聴いた友人のギタリストは 涙を流したそうです。

そして、なぜあんなに深い演奏ができるのか?

と聞かれました。

  1. 2016/02/11(木) 19:22:50|
  2. ギター
  3. | コメント:1
<<チェロを始めて20時間ほどになりました。練習法 その他 | ホーム | チェロ練習法 私の独断で>>

コメント

もう私は時間切れであまり難しい曲に挑戦していけなくなりました。

これからやっていきたい曲や残したい曲はもう限られていて、
エンデチャとオレムスはどうしても残したい重要な二曲です。
逆に、昔、何故か初級時代に悪戦苦闘させていただけたバリオスは、
二度と弾きたいとは思いません。

バリオスに関してですが、
何故、私はあんなに大きい650ギターで烈しい上下移動をやろうと思ったのでしょうか?
無謀でした。無残でした。あの時は若かったとしか言いようがありません。(当時40代前半)

家庭の事情で当分どこにも習いにいけませんし、
コンサートにもこれからは行きづらいので、
基本的には自分で、時々は夫のアドバイスを聞き、
また親切な方からいただける有り難い助言も聞き、
名演奏と言われる録音を少しずつ聴いて精進していきたいと思っています。

ここ一年と少しの間に西垣さんの生演奏を何度か聴けたことは、
私にとって貴重な体験でした。
ああエンデチャとオレムスが入っているCDがあるんですね。
今引っ越しでややこしいので、いずれは。
  1. URL |
  2. 2016/02/13(土) 14:58:44 |
  3. カステラミルク #U6M1AWu2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (323)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR