古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

疲れました。でも素晴らしい演奏会 その他

やはり、秋は演奏会や色々と行事があって忙しいですね。

前回のブログアップの後からも色々ありました。

まず、演奏会ですが、なかなか出会えない演奏会がありました。

10月24日に行われた、「野村 透さんの長寿を愉しむ会」
野村さんが今年で80歳になるということで、記念のリサイタイルをされたのです。

1446651465255.jpg

そんなに長い付き合いではないのですが、でも30年以上前からでしょうか。

アンサンブル・ピポーと言って、大阪音大の北山先生のところでリコーダーアンサンブルが40年近く前から
ありました。

その創立当時からのメンバーが野村さんでした。
親しい音楽仲間の友人がメンバーだったので、よくお邪魔していました。

昔の、昔の話ですが、その練習場に黒塗りの高級車で運転手付きの
車で来られて、練習が終わるまで車が待っていたこともありました。
かなりの大きな会社の偉いさんと思っていましたが、本当に偉い方でした。

でも、音楽に関しては真面目なアンサンブルの1メンバーでした。

リコーダー以外にも、合唱、指揮と会社員をされながら、幅広い活動をされていました。

当日は、リコーダーでバロックの曲も吹かれるということで、チェンバロを担いで行きました。

ビルの7階ということでお手伝いをしてもらいましたが、お手伝いの方皆さんが、
会社の偉い人ばかりでした。(お客さんも)

1446651456512.jpg

当日の前半のプログラムです。

リコーダーから合唱から、野村さんはもちろん出ずっぱりです。

その他にも、66ページの大きな 「私の合唱遍歴」という本や、京大合唱団の野村さん指揮の
コンクール1位という演奏から、外国での演奏会の録音もCDにされていて、いただきました。

準備も大変だったと思います。

1446651447269.jpg

国内だけでなく外国でも演奏会をされています。それもお人柄から繋がって来るのでしょう。

演奏会が終わって、楽器を積んで帰ると、やはり予想通り 39.1度の熱がありました。

会場でも39度以上はあったのでしょう。

何年かに一度、39度以上の熱を出すことがあります。

睡眠不足と、疲れからで、インフルエンザではありません。

でも、帰りには、普通に餃子の王将で ニラレバと中華丼を食べて帰りました。
39度以上熱があっても普通に食事ができるのが特技です。昔から。

10年ほど 野口晴哉先生の整体を勉強していました。
野口先生の「風邪の効用」という本を読むと、熱のある間は普通に
生活していて良い。でも、風邪の治りかけに平熱より体温が下がることがあるから、
その時は安静にしておきなさい、という事です。
そして、ベテランになるとこの風邪を何時間で経過させて、ついでに体の不調を
直してしまうとのことです。高い熱が出ると、体がリセットされますから。

この日も、朝から熱があったのですが 7時過ぎに出ていかないと演奏会の準備が
出来ませんから、39度ほどの熱があるのは分かっていたのですが、出て行きました。

演奏会が終わってからも、チェロの方と2軒ほど楽器屋さんに一緒に行ったりして遅くなりましたので、
チェンバロは車に積んだままでした。

次の日は、民生児童委員のお仕事で、中学生のジュニアボランティアのお手伝いです。
近くのサービスエリアで共同募金を集めました。

1446651431202.jpg


39度以上の熱が出ているのだから、不参加でも良いのですが、次回のお年寄りの
イベントが演奏会で行けないので、行くことにしました。

でも、この10月25日は 木枯らし一番が吹いて、ものすごく寒い日でした。
2時間半くらいなのでなんとかなると思っていましたが、風がきつくて大変でした。
風邪をひいているときは、風に当たらない方が良いのですが。

帰って熱を計ると、39.3度でした。やっぱり。

流石にこの日は、睡眠不足解消もあって、寝ていました。
(当日は6時に起きて車からチェンバロを下ろしたり、車を片付けたりしていましたし)

そして、素晴らしい演奏会 その2です。

今年で大阪音楽大学が創立100周年ということで、記念のコンサートが 10月28日に
行われました。

1446652044428.jpg

大阪音大の音楽博物館所蔵の、私が22年前にほとんどばらして、大修理させていただいた、
ウイング型のスピネット(1719年 トーマス・バートン作)
と、1790年くらいに作られた、ブロードウッド社のスクエアーピアノを調整調律しました。

フォルテピアノ(オリジナル)とチェンバロは博物館のものではありませんでしたが。

1446652239945.jpg

博物館所蔵の スピネットとスクエアーピアノは10年ほど前にフェニックスホールで使ってから、
ずっと、博物館に収まっていたので、当日ホールの運び込んだのですが、やはり環境が違って
安定しません。

時間が経つと、博物館より湿度が低いのか、ピッチが上がってきます。
それで下げると、今度は照明等で下がってきます。

チェンバロとフォルテピアノは普段この楽器を調律している、ベテランの調律師さんですが、
オリジナルの楽器3台とチェンバロ1台を調律するのは大変です。

なんとか時間のやりくりをして、同時に調律するしかありません。
1790年代のスクエアーピアノは音はよく通るのですが、小さな音で
チェンバロやフォルテピアノを調律していると、自分が調律をしている音が聞こえません。

リハはなんとか乗り越えて、本番は リハが終わって1時間15分くらいしか 調律時間がないので、
スピネットは10分くらいで済ませて、あとは舞台上ではチェンバロとフォルテピアノに譲って、
控え室にスクエアーピアノを運んで、2部の直前に舞台に運ぶことにしました。

スクエアピアノは 弦間隔が狭くて、消音用のフェルトがなかなか入らず、また中腰の姿勢で
調律しないといけないので結構体に来ます。

でも本番は 無事に終わりました。
調律はうまくいって当たり前の仕事ですから大変です、特に古い楽器はいろんなことが起きますので。

調律は専門家でもありませんし、学校で習うこともしていませんので、専門家から見れば
怪しい、と思われるかもしれませんが、年間20回くらいは本番調律をしていますし、
場数は踏んでいるので、いつも何とかなっているようです。

何年かに一度は、調律師協会で専門家の調律師を前に、チェンバロの調律やメンテナンスの話を
させていただいたりしています。

そして、お名前は前からお聞きしていたのですた、演奏は初めて聞かせていただきました。
若い鍵盤楽器奏者の高田泰治さんです。

4台の楽器を弾き分けられたのですが、どの楽器もその楽器が一番鳴るように
弾いてくださいます。調整 調律する人間にとってはとてもありがたい演奏者です。

もちろん、音楽も素晴らしい内容です。

そして、もうひとつ嬉しいことが。
もう一人の調律師の方が、この夏私が作ったチェンバロを気に入られて、外国から来られた
チェンバリストに演奏会で使ってもらったそうです。

調律師の方も気に入られていましたが、演奏家も気に入られて、次の演奏会場から
調律師に電話があって、「やはり神戸の演奏会の楽器は素晴らしかった。この会場でも
皆に神戸のチェンバロは素晴らしかったと言ってる」とのことでした。

沢山の楽器を見ている調律師の方が、気にってくれて演奏会で使ってもらったのですが、
演奏家も気に入ってくれて、次の演奏会場からわざわざ電話してくれたのでした。

それと、最後になりましたが、Cabotinさんのコメントありがとうございました。
実際にギターでの演奏も聞きたいですね。
途中完全に クラフトのグラウンドが顔を出して、すぐに引っ込んだり面白く聞かせていただきました。

それと、前回の楽譜のリクエストがありましたので、アップさせていただきます。

img051.jpg
img052.jpg

主よ人の望みの喜びを です。
ドレミ出版の ギター名曲170選 のAグレードから 小胎さんの編曲をベースにさせていただいています。

img050.jpg

こちらも手元にあった、いろんな方の楽譜を参考にさせていただきました。









  1. 2015/11/05(木) 20:19:10|
  2. 演奏会
  3. | コメント:0
<<タレガ作曲 アルハンブラ宮殿の思い出の練習法 | ホーム | 楽器で歌うこととその技術は? そして昔からの憧れの曲アップしました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (334)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR