古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

楽器で歌うこととその技術は? そして昔からの憧れの曲アップしました。



リンクさせていただいているブログを読ませていただいて思うことがありました。
私のこのブログで少しはその事について書かせていただいていましたが、ここでもう少し。
それは、楽器で歌うこととその練習法です。

楽器で歌うためには、ある程度の技術が身につかないと、音楽表現は出来ない、、歌えない。
という方もいらっしゃいます。もちろん、音を出すことも、左手で弦を押さえることも出来ないと、
無理なことかもしれません。

でも、私の先生「植木義法先生」は最初のレッスンから、歌うこと、音楽的に間違ったことは
してはいけないと言われました。

例えば、超初心者の最初の段階、1弦の開放弦から始めるとして、きちんとリズム通りに弾くこと
を教えられます。

同じテンポで弾くことです。
そのためには、ゆっくりと遅いテンポで練習しないといけません。

そして、ミ と次の ミ との間に隙間があってはいけない。
早く弦を捕まえに行って、前の音を消してしまうと、隙間が開く。

音が繋がらない、歌えない、となってしまうのです。

これらのことを、正確にやろうと思えば、テクニックは必要です。

でも、それは音をつなぎたい、音と音の間に隙間を作らない、歌いたい
という気持ちがあれば、そのようになってくると思うのです。後から
テクニックが身についてくると思うのです。

その 1弦の 開放弦を ただ弾くだけの練習も、それが4拍子なのか3拍子なのか、
を考えて弾くと、さらに音楽的になってくると思います。

1弦でも何弦でも良いのですが、出来れば1弦か2弦で。
半音階の練習をするとき、指を順番に使って、小指 4 の指を4フレットで
押さえて、(1弦だと ソ#) 次に 5フレットの ラ を人差し指 1 で
押さえる時、物理的には音は切れるはずです。
でも、それを音楽的につなぐことは出来ると思うのです。
出来なければいけないと思うのです。

これもある程度、技術が身についてからでないと出来ない、
と考えていると、もう遅いと思うのです。

耳が切れた音、切れた旋律を覚えてしまって、切れていても
不自然に感じなくなってしまう。耳で補正してしまう。

これは多くのギタリストでよく感じることです。

その時に、大事なことが左手の使い方だと思います、というか指の使い方。
最近ガンバやギターを始められる方に、手ほどきをさせていただくことが増えました。
左手についてまず、説明させていただくのは、指で押さえるのではなく、45度方向に
押す感じで、最小限の力で弦とフレットを利用して押さえることです。

話をさせていただくと、ほとんどの方は理解していただけます。
そして直ぐに出来る人もいらっしゃいます。




昔、岡本一郎さんのところによく遊びに行かせていただいていました。
そのころ、何人かそういう人にあったのですが、
お父さんがギターを趣味で弾いていて、子供さんを
プロのギタリストに育てようと、まずテクニックを仕込むのです。

私が聞かせていただいても、素晴らしいテクニックです。

そして、そのあとそのお父さんが言うのです。

「テクニックは十分に鍛えたので、これから音楽的なことは身に付けさせます」

その時私は思いました。「今からでは、遅いのでは?」

その後、そのお子さんがギタリストになられたという話は聞いていません。

私の周りの尊敬するギタリストの方がよく言われます。

「ちょうちょ」が弾けるギタリストがいない。 と。

私もそう思っています。

それは、テクニック練習が先になってしまうからではないでしょうか?

ギターで歌うことを放棄すると、ギターの魅力の 7割、8割を放棄することだと
私は思っています。

テクニック、特に機械的なテクニックは、むしろ 害になるという場面をよく見るとことがあります。

それは、音楽的に演奏してきて、スケールが出てくると急に音楽が消えてしまう事や、
アルペジオが出てくると、音楽性が飛んでしまう事が。

その時私は思うのです。「この人は物凄く、スケールやアルペジオの機械的な練習をして
来たのだろう」と。

でもこれはギターに限った事ではありませんが。

それは楽器作りでも同じことだと思います。

どんな楽器を作りたいか、というイメージがあって、良い楽器が出来上がると思います。
木を切ること、曲げること、削ることが出来ないと楽器が作れないとは思いますが、
上手に木が切れて、曲げられて、削る技術が身についたからといって、
良い楽器が作れるとは限らないと思います。

すみません、また文章ばかりで長くなってしまいました。

ここらへんで音楽を。

この曲も 45年以上前になるでしょうか?パークニングさんのLPで聞いた
バッハの有名な「主よ人の望みの喜びよ」です。
これもユーチューブで本人の演奏が見れます。
とてもじゃないけど、こんな編曲では弾けません。
https://www.youtube.com/watch?v=0iX8tsA0N7E
(当時 耳コピで友人に手伝ってもらって、楽譜は作りましたが、)

簡単に弾ける編曲で気に入っていた 小胎さんの編曲で弾いていました。でも、
少しの違和感と物足らなさがあって、ユーチューブにアップしていなかったのです。
難しい編曲では弾けないので、小胎さんの編曲をベースに少し手を加えさせていただきました。
でも、難しくはなっていません。

小胎さんの編曲が基になっていますので、楽譜はアップしていませんが、
リクエストがあれば?・・・・・





私のブログを読んでくださって、私の編曲したヴァイスを弾いてくださっている方の演奏を聴かせていただいて、
とてもよく練習されていると思いました。特に、難しいところを何度も練習されているのが分かります。
それで、少しは私も練習してアップしようと思いました。

少しは練習していますがまだ練習不足です。すみません。

それともう1曲

これも、私のブログを読んでられる方が、マタイ受難曲の演奏会に行かれるとのことで、
弾いてみました。

楽譜は以前作っていたものです。

それは、クラッシクアコーディオンの御喜美江さんと ヴィオラの今井信子さんの
CDを聞いて、ギターで弾いてみたいと思って、編曲していました。
本来のマタイ受難曲を聞いて、このコラールをギターで弾こうとは思わなかったのですが。
上の曲「主よ人の望みの喜びよ」は結構沢山ユーチューブでアップされていますが、
この曲は少ないようなので、アップさせていただきました。




すみません、こちらも練習不足です。でも、この曲を弾きたいという気持ちは
感じていただけましたでしょうか?
こちらも、楽譜は要望があればアップさせていただきます。

そして恒例の? 模範演奏です。




初音ミクさんのドイツ語です。

そして最後になりましたが、新しいリンクのご案内です。

楽器製作仲間のたぬき さんの ブログです。

本人は チェロ、バロックチェロを弾いてられます。
そして、チェンバロや小型のチェンバロを言って良いのでしょうか、ヴァージナルも何台も作られています。
ギターの製作工程を見せてもらえるブログはありますが、鍵盤楽器の製作工程のブログは少ないと思います。

鍵盤楽器の製作に興味のある方はどうぞご覧ください。
頻繁には更新されていないようですが。





  1. 2015/10/23(金) 01:38:38|
  2. ギター
  3. | コメント:2
<<疲れました。でも素晴らしい演奏会 その他 | ホーム | テレビの放送が終わりました。 そして>>

コメント

私のところにはテレビがないのでまたの機会に録画を見せてください。
歌のこと・・大切だ、という以上にそれが全てなのとちがうかな? とも思います。
と、同時に教えられることでもなくて、それは音楽だけの教育では果たせないことのような気がします。
山や海や森から学んだことがない子供に歌を教えることはとても難しいな・・と感じるのです。
あきらめたらダメなんだけれどね、指の速度なんてだれでもできることだから、そこからは教えたくないことですよね。


で、チャコンナの続き。小学生のギター四重奏のために書き下ろす必要があり、
例のチャコンナ・・これはいいな、どんなレベルにも書き直せる、と感じま
した。
同じ低音では芸がないので、チャコンナのイギリス版(リズムがちがう)をとりあげました。低音はほとんど同じです。
有名なフィつウィリアムのヴァージナルブックのクラフトのクラウンドから低音と断片をつかって
書きました。ヴァイスよりも百五十年まえの低音だから、ヴァイスは時代的にはかなり異常だ(否定的ではなくてね)
と感じていただけると思います。最後はフィつウィリアムの時代の和音が瞬間現れてもとの十六世紀に戻ります。
こんなことは普通に対位法や和声をトレーニングした演奏家ならだれでも即興できる範囲だから公開するほどのことはないのですが、チャコンナやフォリア グランドの使用法の例としてお見せします。
対象が小学生なので自分の即興を記譜しました。音はノーテーションソフトからの直のミディなのでトンデモ音ですが、
子どもたちのギターの音は美しいからはるかによく弾いてくれます。
http://www.koube.jp/ground/Ground4gtsN.mp3
  1. URL |
  2. 2015/10/30(金) 15:58:16 |
  3. CABOTIN #ArGM.iJY
  4. [ 編集 ]

「主よ人の望みの喜びよ」で足踏みしています。

アルフレッド社の編曲を超スローに三拍子で弾くことからスタートして、
ひと月近く経って、なんとなく曲らしくなって来て、
これ以上弾くと別の運指が入りにくくなると思い、
小胎さんの編曲に移るか、こがっきさんの編曲に移るか、現在、思案中です。
冒頭を弾いてみて、音はつながりやすくなると思いましたが、難易度がぐっと上がるみたいで…。
「身の程を知らずと人の思ふらん」などと思い、ぐずぐずと…。
  1. URL |
  2. 2016/04/14(木) 21:45:41 |
  3. カステラミルク #U6M1AWu2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (329)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR