古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

至急のお知らせと また、また、また コメントを頂いて

お知らせ

以前に案内させていただいていた、BS-TBS のテレビ放送が延期になりました。

2週間前に最終決定ということだったのですが、まだ日程は決まっていないとのことです。


また決まり次第お知らせさせていただきます





Cabotin様

いつも、専門家からの視点で、貴重なコメントというか指導をありがとうございます。
私などは、感覚だけで弾きやすく運指をつけたり、編曲させていただいていますので、
大変ありがたく思っています。

バッハさんは時代を超えた作曲家だと私も思います。
現代に通ずるところもありますが、むしろ ルネサンスからバロックまでの全てを
含んでいるようなところがあるように思います。ヴァイスさんもそうだったのですね。

そして、cabotin様からいただいた、宿題 間違いました 課題 のチャコーナを6弦を ミ
にしての優しい編曲 できました。

一昨日、神戸で演奏会があって、昨日は昼過ぎまで名古屋のお客さんで
チェンバロを車に積んだままでした。

お客さんが帰られて、チェンバロを降ろして、持っていくスピネットや工具などを用意して
和歌山まで行きました。

帰ってから、一休みしてさあ寝ようと思っていたのですが、
なんとなく気になって、楽譜を見始めると、ついでに6弦ミ の編曲をやってしまおうと思って、
午前2時から始めて、結局5時までかかってしまました。

和歌山まで行ってい、前日も神戸で演奏会で疲れているはずなのですが。

今日も少し寝不足でしたが、6弦 ミ の編曲の動画も撮ってしまいました。

また、練習不足で申し訳ありませんが、以前のレの編曲より 少しは練習しました。
でも何回か弾いた程度ですが。




絵のチェックをしていませんでしたので、左手ほとんど見えていません。
すみません。

以前の演奏より少しだけ、テンポを上げました。


楽譜はこちらです。


img041.jpg
img042.jpg
img043.jpg

以前の レ の編曲は 何箇所かオクターブ下げたこともあって 少しでも幅を出そうと思って、
また曲が簡単になる分、少しでも原曲の響きに近づけようと思って。
チェンバロもそうなのですが、ギターなどの密度のある音の楽器の場合、
なるべく音は離れたほうが綺麗に聞こえますので。

でも、その分 6弦の左手が難しくなったようです。
何箇所かは ポジションが上がって弾きやすくなったり、4弦の レが使いにくい時は
6弦が使えましたが。

今回は、6弦の レ が使えませんから、オクターブ上がって使ったり、
低音を無くしたり。

そうすると、前後の関係から ほかの箇所もオクターブあげたりしました。

リュートの原曲からは元々 6弦のギターで弾くのは無理があったので仕方がないところなのですが、
リュートの響きからは少し遠くなっています。原曲 リュート のギター曲となっています。

見直しましたので、以前よりは合理的な運指になっていると思いますし、
弾きやすくなっていると思います。

86小節も オクターブ上がってしまいますが、低音の進行は元に近いものにしました。
このほうが、不自然さ、違和感はないと思います。

64小節もそう無理なく、低音が残せます。

カステラミルク様 こちらの楽譜で練習されますか?




  1. 2015/10/06(火) 02:15:47|
  2. ギター
  3. | コメント:1
<<6万アクセス  1000拍手 ありがとうございます。そして CDが届きました。 | ホーム | ケンプス ジーグ について>>

コメント

いや、楽譜は前のままで行きます。

本当にありがとうございます。
もうほんとにお仕事が速くて…!

申し訳ございませんが、楽譜は前のままで行きます。
レッスンが進んでいますし、12月に教室の内輪の演奏会で弾く予定なので、今、差し替えると混乱が生じます。

前の先生が「(人前で)3回弾くとうまく行く」と、おっしゃっていたので、
好きな曲および演奏して相性がよかった曲は再演、再再演をすることにしています。
二回目以降、こちらの楽譜の使用を検討させていただきます。

聴いた感じではこちらの方がよく思えます。
正直な感想として、簡単に編曲されたのが見え見えだったのが薄れていると思います。

2015年10月17日お昼追記:寝る時間を削ってお作りになった労作なので、こちらも必ずどこかで弾かせていただきますね。
簡単にされた感じと書いてしまいましたが、レ調の方はト短調の原曲を尊重している感じが強いので、
こちらはこちらで存在価値があると思います。
  1. URL |
  2. 2015/10/06(火) 11:25:22 |
  3. カステラミルク #U6M1AWu2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (329)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR