古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

曲を簡単にして音楽を楽しむということ

パソコンの前に座り込んだら、書く事は沢山出てくるのですが、
とりあえず、ヴァイスさんのイージーバージョン絡みで、少しだけ。

私は、中南米音楽はあまり弾こうとは思わないのです。

40年以上前に、植木先生から習った、ラウロのベネズエラ舞曲はなかなか面白かったのですが、
気分で弾けてしまって、いくら練習しても音楽的に向上するとは思えなかったものですから。

でもその中で、この曲は弾いてみたいと思える曲があります。

それは、ヴィラ・ロボスさんの スコッティシュ ショーロです。

それは、この演奏を聴いたからです。

https://www.youtube.com/watch?v=pWI4IarGdN4

ヴィラ・ロボスさんの楽譜とはかなり違います。

墓場から「俺の曲をそんなにしてしまって」と怒られそうですが、私はヴィラ・ロボスさんは
怒らないと思っています。
この曲の魅力は、旋律とリズムになると思いますので。
その旋律とリズムにおいてはロボスさんも文句は言わないかな?と。

一般的なクラッシクギターの演奏はこちらです。

https://www.youtube.com/watch?v=qTRqC4H29b8

充分 上手です。プロですから当たり前でしょうが。

でも私には、器楽曲に聞こえて、魅了的な旋律を歌ってくれていないように思えるのです。

そこで真打の登場です。

https://www.youtube.com/watch?v=74X5G5o30Ks

でも、私たちは 逆立ちしても、必死に練習してもこんな方には弾けません。
不可能です。

でも、楽譜を簡単にすれば、このロボスさんの名曲を楽しめると思うのです。

旋律を歌うことと、リズムを大切にすれば。

編曲ものだと、ある程度自由に変えることはできますが、ギター曲として
発表された曲を変えたり、編曲するのはいけないことかもしれませんが、
この曲だと、許されそうに思います。

元が Popular Brasileira 組曲 ですから?

あと、ロボスさんの曲で 有名な ブラジル風バッハ の5番 をギターソロで弾けないかな?

と思っているのですが。無理ですよね。

  1. 2015/09/19(土) 13:03:19|
  2. ギター
  3. | コメント:1
<<またまた、コメントにお答えして その他 | ホーム | コメントを頂いて その?回>>

コメント

急ぎ、
ブラジルバッハは遊び心で即興でソロ演奏をしたことがあります。
公表はできないのです。
本人の著作権も戦時加算でまだ切れていないはずですし、エシック社も権利を持っていたように記憶します。
本人の著作権は多分数年できれるけれど、
フランスの権利関係があるとするとなかなかたいへんかもですね。
ミスプリの宝庫?だけれど、著作権には厳しい。(悪口じゃなくて素晴らしい出版社です、ハイ
)
  1. URL |
  2. 2015/09/20(日) 13:41:04 |
  3. CABOTIN #ArGM.iJY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (338)
演奏会 (10)
その他 (21)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR