古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

8月のできごと 


あっという間に、8月も終わりに近づいてしまいました。

年々、加速度的に忙しくなってくるようです。
ブログを更新していない間に、いろんな事や出会いがありました。

まず、8月8日の西垣さんと松本大樹くんの演奏会。
松本くんの演奏は初めて聞きましたが、彼のことは西垣さんから色々聞いていたので、
初めて会って、初めて演奏を聞かせてもらうのに、初めてではないような感じでした。

西垣さんに、「これだけは勉強しておかないと、これだけくらいは弾けてないと」と言われて、勉強して練習したのに、
コンセルバトワールでは他の人はそこまで勉強していなかったし、そこまで弾けてなかったという話は聞いていました。

その結果、歴代の卒業生の中で、トップの成績で卒業したことなども。

ギターの演奏会ではまず無いのですが、安心して聞けたこと、音楽的に聞けたことが素晴らしかったです。
そして、あまり弾く人がいないという、ロドリゴのトッカータ。こんな難しい曲、そりゃ 弾く人もいないだろうと
思いました。続く、西垣さんのドビッシー 喜びの島 ここまで難しくしなくても、と思った程の難曲でした。

そして、今月はガンバを始めたいという方、二人に手ほどきをさせていただきました。
その内の一人は、リコーダーのアンサンブルもされていて、ガンバでアンサンブルの幅や、表現力
が広がれば、ということでした。

私もリコーダーは何十年も吹いていなかったのですが、一応 クライネソプラニーノからグレートバスまで
楽器は持っているので、この機会に使ってもらおうかと思って持って行きました。

簡単にアンサンブルが出来る、ヘンリー8世やホルボーン、スザートなどの曲をリコーダーにガンバや
ギターが入って合奏をしました。
ギターはヴァイスの曲をアップしてから、弾いていませんし、
ほとんど楽器の演奏は出来ませんでしたから、余計に楽しかったのかもしれません。
やはり、皆で合奏して、音楽が出来上がるというのは楽しいものです。

音楽を楽しむには、初見程度で演奏できる曲を音楽的に弾くのが良いようです。
(人に聞かせる場合は別ですが)

12月6日にクリスマスコンサートがあるようなので、私もリュートやガンバで参加することになりそうです。

それから、Cabotinさんも書いてくださっている、シャコンヌ 、チャコーナ のことです。

簡単バージョンを作りましたからどうぞ、と少し説明不足のようだったので、少しだけ追加の案内です。

この原曲 g moll のシャコンヌ リュートのタブラチュアでのタイトルは チャコーナ ( Ciacona )
で 元々は リュートとトラベルソ(バロックフルート  1キーの木製のフルート)のための曲でしたが
トラベルソパートの楽譜がなくなっているのです。
こんなことがギター用に編曲された楽譜には書かれていなかったので、(阿部さんの本には)ソロの曲にしては
ちょっと分かりにくい箇所もある楽譜だと思った方もいらっしゃったかもしれません。

このなくなったトラベルソのパートを再構築(Reconstraction) し、リュートと2重奏の形で演奏しているのが
次の動画です。

( いつもようにアドレスだけ書かせていただいて、コピーしてユーチューブに繋げていただこうと思ったのですが
今回は沢山ですし、文章だけでは 読みづらいかな?と思って、著作権やその他の問題もあるようですが、
今回だけは動画貼り付けさせていただきました)
Reconstraction は Eileen Hadidian さんです。




曲は同じなのですが、ヴァイオリンとリュートです。
ヴァイオリンがバロックヴァイオリンでないのが、残念ですが、演奏はビブラートをなるべく付けずに
軽く弓を持ってバロック的に演奏されていますので。
お話が長くて 演奏は 4分過ぎから始まります。
リュートもかなり自由に弾いてられます。



聞いてみて、いかがでしょうか?
2重奏の部分もありますが、なんとなくトラベルソ、ヴァイオリンがリュートのオブリガートのような役割で
使われているような印象も。

もちろん、ヴァイスさんの作曲ではないので、この Reconstraction がヴァイスさんの作った曲の
イメージとは違うかもしれません。

でも、リュートのソロの方が比重が高いように思いますので、リュートソロと考えて
ギターソロに編曲させていただいてもいいのでは?と思ったりします。

ギターはリュートに比べて、レパートリーが非常に少ないので、使えるものは使わせていただきたいと、
私などは思います。
ギター用に編曲は絶対に出来ないというヴァイスさんの曲の方が圧倒的に多いと思いますので。

でも、私にとって チャコーナ は この曲のイメージではなく 次の動画のようなイメージなのです。



この曲は 私の友人たちがよく演奏会で聞かせてくれる曲です。

旋律はバロックヴァイオリンが多いのですがそれにリコーダーが入ったり、通奏低音には チェンバロ、
バロックギター、チェロ、ガンバ、テオルボ それに打楽器が入って演奏してくれます。

ヴァイスのチャコーナでははっきりしていないのですが、むしろヴァイスさんの曲ではパッサカリアのほうが
低音進行はしっかりしていますが、チャコーナの低音の音形 タタータ タ タタータタ という音形をある程度守っていれば
旋律も好きにディビジョンしたり、通奏低音も遊んだりしていた曲ではないかと思います。

ユーチューブで山のようにある チャコーナ のうち、もう少し私の好きなものを



最後に リュートの方にはお馴染みのカプスベルガー です。



これでも、チャコーナの動画の一部です。このカプスベルガーの動画は ミックスリストになっているので、
お時間のある方はご覧頂いて好きなチャコーナを探していただいても、と思ったりします。

このように、シャコンヌと言うと、どうしてもバッハのシャコンヌにイメージになってしまいますので、
チャコーナとさせていただきましたが、ヴァイスさんも Ciacona とされています。

でも、このような演奏はモダンギターでは逆立ちしても不可能です。
(私のモダンギターでは可能です。そのために作っているとも思っていますので)

リュートの方はこのような楽しみ方がいくらでも出来るので、
ヴァイスさんのチャコーナ レパートりーの少ないギターにお貸ししていただいてもいいですよね?
そして弾くのに精一杯ではなく、これらのチャコーナのように演奏を楽しめるよう
簡単な編曲をさせていただくことも。
  1. 2015/08/26(水) 00:51:17|
  2. ギター
  3. | コメント:0
<<ヴァイス チャコーナをもう少し | ホーム | マンドリンの不思議>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (338)
演奏会 (10)
その他 (21)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR