古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

ヴァイス シャコンヌ

予定外ですが、ヴァイスのシャコンヌを録画しました。

ブログのリンクに ナオ様の 「日々是好ギター日」 をリンクさせて頂いていますが、
長い間ブログ更新されていませんでした。

それが先日、久しぶりに更新されました。演奏もアップされて。

その曲の1曲が ヴァイスの シャコンヌだったのです。

この曲は、四国の香川大の先生(OBの教授ですが)が8弦ギターを作られて、
その楽器にトラブルがあって、以前お邪魔した時に裏板を一緒に剥がしたり
修理のお手伝いをさせていただきました。

今月の半ばに、台湾の昔の教え子さんが、台湾のギター協会の副会長さんと一緒に来られる
という時に、弾ける状態になっているというので、8弦ギターのための曲を探していました。

せっかく8弦あるので、8弦まで使える曲のほうが良いので。

ギター用に編曲された楽譜を見ると、最低音が 8弦でいけそうなので、8弦用に
編曲して 四国でとりあえず弾いてみました。
でも、ゆっくり製作された 先生には聞いて頂けませんでしたが。

で、今回 ナオ様のブログ復帰第一曲目にヴァイスを選ばれていたので、私も弾いてみようとなったわけです。

でも結構難しい曲なので、聞いていただいて、お聞き苦しくない程度にしか演奏できませんでした。
ほとんど練習していませんので、申し訳ありません。

ギターで演奏されても、リュートの音楽とは違うかもしれませんが、良い曲だと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=lPuBQFW2EKk&feature=youtu.be


手元には、8弦ギターはありませんので、お弟子さんが作った 11弦ギターで弾いてみました。

オリジナルのリュートタブラチュアとギター用の参考に 阿部保夫さんのバロック名曲選集からと
フランソワ・カステさんの楽譜を参考にさせていただきました。




  1. 2015/06/29(月) 19:34:05|
  2. ギター
  3. | コメント:1
<<ギター演奏においての脱力 ギターの大きさなど | ホーム | 近況 そして コメントを頂いて>>

コメント

涙なしでは聴けない想い出の曲のひとつです。

何種類かあるヴァイスのシャコンヌの中で、
私が亡き先生に教えていただいたのもこの曲でした。
2009年1月に無理矢理中級に上がらせられて、
メインがヴィラ=ロボスのプレリュードNo.1で、
このヴァイスのシャコンヌは副教材の扱いでした。
2曲とも10月の発表会の前のレッスンまで練習していたと思います。

初回は4小節だけ。何っ回も何っ回も、同じこと。
その時、先生に言われたことは音を着実に伸ばすということだけ。

おっしゃいませんでしたが、きれいに静かに丁寧にというのは、
何度も前に戻されて繰り返し弾かされたりして気づかせられたことで。
予習したり復習したりする中で、自分でもそう思ったことで。

我を殺して弾くように努めた覚えがあります。

ものすごく遅い進度で楽譜で7割位まで来たところで、先生に撤収されました。
「コンテンポラリーはなんとかなるけど、バロックはあかん」って、
おっしゃったと思います。

私が唯一習ったバロックの曲です。
完成型はこうだったのですね。

弾いてくださって、ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2015/07/02(木) 21:19:52 |
  3. カステラミルク #U6M1AWu2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (337)
演奏会 (10)
その他 (21)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR