古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

皆さんのブログを読ませていただいて

相変わらず、走り回ったり、演奏会でバタバタしていますが、家で仕事をしているときは、
気分転換を兼ねて、いろんな方のブログを読ませていただいています。

やはり、私のブログに訪問してくださった方のブログも気になりますし。
(FC2 でブログを作ってられる方は、訪問できますので)

その中で、みなさんに是非見ていただきたブログがありますので、紹介させていただきます。
もちろん、興味がお有りの方にですが。

リコーダー&ギター~アンサンブルの楽しみ

というブログです。

ご自身で、ギターもリコーダーもやられるということで、親近感が湧いてきましたので、
訪問させていただきました。

その中で、特に 「ギタリストも吹こう」と題されたブログは面白く読ませていただきました。

http://yumebuemyu.blog.fc2.com/blog-entry-8.html

皆さんも、小学校、中学校で吹かれていると思うのですが、残念なことに小学校で
習い始める、リコーダーが ソプラノ なので、嫌になった方もいらっしゃると思います。

ソプラノはリコーダーでも特に難しい楽器です、おまけにドから始まるということで、
ドの音を出さないといけないように思って、苦労された方もいると思います。

このブログに書かれているように、アルトリコーダーで始めると、息のコントロールや、
指の運指なども難しさは半減すると思います。プラスチックの笛で充分ですし。

小学校でも、F管のソプラニーノで始めれば、
もっとリコーダーが好きになると思っているのですが。

近くにリコーダーをやっている人がいれば、とりあえずギターとリコーダーで合奏すると
アンサンブルの楽しみも味わえます。

いなければ、自分で吹いてみるのです。
その時に、 夢笛myu も書かれているのですが、ギターパートを録音しておいて、自分の伴奏で
リコーダーを吹くと、リズムの悪さや,間の悪さ、息継ぎがしにくいだとか、
いろんなことが分かってきます。
ただ、単に ソロの曲を録音しておいて、後で聞くのとは違う練習になります。

ギターは長年やってられると思うのですが、リコーダーは初心者という場合、
逆にリコーダーを録音しておいて、伴奏すると、単旋律を歌うということ、
リズムやフレージングといったことも、勉強になります。

そうしているうちに、仲間も見つかると思います。
案外、リコーダーはやっている人が多い楽器ですので。
できれば、 19世紀ギターのように、倍音が少なく芯のしっかりした
ギターが良いのですが。
なければ、最近の私のブログの書かせていただいたような、
リサイクルショップで売っているような、古い、軽いライニングの小さい楽器
で合わせると、音も合うと思います。

ご存知の方も多いと思うのですが、ギターの実音は記譜より1オクターブ低いのです。
中には、トーン記号の下に8と書いている楽譜もありますが。
そして、リコーダーは実音はオクターブ高いのです。

ですので、高級なモダンスペインギターでは、純音に近いリコーダーの音と、
倍音の多いモダンスペインギターとは、音色が会いにくいのです。

夢笛myu も書かれているように、もし2台ギターを持ってられるなら、
メインのギターでない方は、なるべく古い弦を使って、倍音を少なくすると、
アンサンブルしやすいかもしれません。

楽譜も手に入りにくいのですが、 夢笛myu もブログに楽譜をアップしてくださっていますし、
ソロのギター曲の旋律を重ねてリコーダーで吹くという手もあります。



そして、このブログを読んでくださっている方の中にも、若い時にギターを弾いていて、何十年ぶりかに
ギター復活したとか、若い時にはギターが弾けなかったので、定年後始めたという方がいらっしゃると思います。

そんな方のブログの中に、ソルやカルカッシのエチュード といっても、セゴビアさんやなどが編集した
難しいエチュードを全部やらないと、ギターは楽しめないと、いう記事がありました。

でもそんなことはないと思います。セゴビアさんのソルの20のエチュードなどはプロが
弾く曲で、アマチュアはあんな難しい曲を全曲する必要はないと思います。

もっと簡単な曲で、音楽を楽しみながら、練習すれば良いと思っています。

セゴビアさんや、イエペスさん、阿部保夫さん(たまたま手元にあったので)の選んだ練習曲以外で、
もっと簡単で、音楽を楽しみながら、練習できる曲を私なりに選んで練習しています。

それは、OP 31-13,18  Op44-9  Op60-4,5,6,7,12,15,16,20,23
です。

また時間のあるときに演奏をアップさせていただきたいと思っています。


 
  1. 2015/04/19(日) 23:15:29|
  2. ギター
  3. | コメント:1
<<コメントを頂いて そして 考えること その? | ホーム | 5万アクセスありがとうございます。>>

コメント

拙ブログをご紹介頂き光栄です

とても相性の良いリコーダーとギターのアンサンブル、それをギタリストにも楽しんで頂きたくて、またある意味貴重かもしれない自分の経験や蓄えてきた楽譜などが、私の人生と共に消えていくのが惜しく、インタネットへの公開をはじめました。
リコーダーアンサンブルに適したギターの音色について「リサイクルショップで売っているような、古い、軽いライニングの小さい楽器」は盲点でした。今の私の楽器はたまたまそういう楽器なのだと思います。あるいは、そういう音質を求めて弾き続けた結果、そういう音質になってきたのか、よく判りませんが。
以前ある方のお家でアンサンブルをした時、ギターを持ち合わせていなかったので、たまたまそこに有った弦高の高い安物のギターを使った時、思いのほかアンサンブルは気持ちよくできたのを思い出しました。
  1. URL |
  2. 2015/04/20(月) 19:09:10 |
  3. 夢笛myu #WlalGygc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (331)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR