古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

11弦ギター

また、続いてアップさせていただきます。

5年ほど前に、低音が出るということで、10弦ギターを作りましたが、もっと小さいボディの方が
締まった低音が出るのではないかと、バスバーなども新しく設計して、
お弟子さんに11弦ギターを作ってもらいました。
弦長は 61センチです。


1427737117331.jpg
1427737105045.jpg

うっかり、ネックが外せると機内持ち込みができると言ってしまったので、
11弦もある楽器で、ネックがネジ1本で外せるようになっています。

11弦ということで、少し表板を厚くしたみたいですが、低音については締まった音がしています。
以前の10弦ギターは弦長63センチで、今回の楽器はその楽器の95%縮小にしています。

その音は、

www.youtube.com/watch?v=DTwnoLwuXdA

の通りですが、画面のチェックをしていなかったので、顔のアップがすごくてすみません。
でも、左手の消音の様子が分かって良かったかな?とも思っています。

楽譜をお持ちの方は、見ていただくと低音についてはかなり細かく、休符がついています。
そのままだと、ギターの場合はきついので、八分休符分長くしています。
所々、もっと短くしている箇所もありますが。

でも、この曲は必ず低音を消音しなくてはいけないと思っています。
そうすると、小節の前半は、和音的に動いて、低音が消音された後半は旋律的に動くなど、
面白い発見があります。

練習もほとんどしなくて、まして、11弦ギターなどあまり弾いていなかったので、
低音の音の弾き間違いもありますが、低音の消音だけはしたかったので、
こんな演奏になってしまいました。

弾いていると、低音ばかりが目立つのですが、録音するとそうでもなかったので、
次回、いつか再録音していみたいです。
(親指の爪も仕事で短くしてしまっていたので)

チェンバリストの友人たちと話していると、かなり早く弾く場合でなければ、休符をつけるのは
当たり前のことのようです。でも、どこまで、休符にするかが問題のようです。

www.youtube.com/watch?v=vvr64PRMiW0

ピアニストのリヒテルさんのプレリュードです。
テンポも違いますが、私のイメージの休符です。

珍しい 竪型チェンバロ クラビテリウム の演奏ですが、ほぼバッハさんの休符通りの
演奏です。

www.youtube.com/watch?v=vvr64PRMiW0

少し低音が窮屈な感じはしますが、低音の動きが分かって面白いと思いました。

チェンバロでも休符を守って弾いている人は少ないようですが、ギターではもっと少ないようです。

でも、消音しているだけでなく、素晴らしい演奏をされている方もしました。

www.youtube.com/watch?v=crj--mJoOow

素晴らしいと思われません?

あと、ユーチューブで見つかったのは、アメリカのギター教室の女性の先生くらいでした。

やはり、私は少し無理をしてでも、消音をしたほうが良いと思っているのですが、
皆さんはいかがでしょうか?
でも、今回は練習も足りていないのですが、消音を楽しむように心がけましたので、
ミスは別にして楽しかったです。






  1. 2015/03/31(火) 14:17:06|
  2. ギター
  3. | コメント:0
<<不思議に思うこと その? | ホーム | 二つのギター 2015年3月>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (331)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR