古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

二つのギター 2015年3月

まとめて、アップさせていただきます。

タイトルのように、二つのギターのシリーズです?

九州の帰り、面白そうなリサイクルショップがあったので、寄ってみました。
そうするとなかなか面白いギターが見つかりました。

1台は 私が若かった頃、NHKのギター教室で先生をされていた、阿部保夫さん監修の「阿部ガット」
63A です。


1427737419849.jpg

63Aなので、ランクは下の方の楽器です。

でも昔の、63センチのギターは貴重だし、ということで買いました。
6400円でした。

でも、買ってからよく見ると、エンハーモニックバー(サウンドホールの下のバスバー)が割れていて、
剥がれていました。糸巻きも使えない状態です。弦高も高く、手がかかりそうです。

バスバーは、接着し直して、ブリッジは削っても,弦高はまだ高いので、フレットを外して、指板を削り
フレットを打ち直しました。ナットが阿部ガット特有の樹脂とローズの複雑なものなので,骨に変えました。
糸巻きも変えています。

ネックも1フレットあたりで24ミリもあったので、2回に分けて、削り直しました。
ネックが分厚いと、音もボケて、はっきりしませんので。
結局、20.5ミリまで削りました。結果音も良くなりました。

この楽器の音です。
www.youtube.com/watch?v=YtKovLD1Mo4

以前に案内させていただいた、西垣さん編曲のトルストイのワルツです。

練習もしていなくて、西垣さんにも悪いのですが、私なりに弾いてみました。
原曲を聞くともっと早くて、ワルツですが、私はワルツ風ギターの小品という感じで弾いてみました。
弾いているうちに、曲に慣れてきた感じです、練習不足で済みません。

楽器はこの曲に合っていると思います、少しロマンチックで、甘い音もしますので。

もう1曲 バッハの大好きな コラールプレリュードです。

www.youtube.com/watch?v=PzvtgFWTIzU

昨年夏ころにユーチューブでアップさせていただいた演奏でなく、昨年7月23日に公開させていただいた、
低音部の音の数がが2倍になっている楽譜です。

古い楽器なので、音もクリアーで、伸びも良いので、弾いてみました。

次は、これも40年ほど前、現代ギターなどによく広告が載っていた、木曽鈴木の
ギターです。

1427737445638.jpg

特許をとっているとか言っていた、ダイヤモンドリブの楽器です。ダイヤモンドリブは、
ほとんど役には立っていないと思うのですが、全て単板で、裏横はマホガニーです。
安くするために、ローズウッドでなくマホガニーにしたのでしょうが、これがよかったと思います。
そして、安くするために、ライニングが大きなのこぎり目が入ったものでなく、薄い板だけなので、
表板の振動面積が増えるので、楽器がよく鳴ります。

古い楽器で良い楽器は、例外なく手抜きだったのでしょうが、薄いライニングの楽器でした。

1427737494881.jpg

ということで、この楽器の音です。
こちらも、糸巻きは交換して(昔の楽器は糸巻きのピッチが70ミリでなく65ミリとかが多かったので、
単式にしています)フレット、ブリッジ、ナットなどは調整しています。

www.youtube.com/watch?v=btG6BQijcRI

楽器が鳴っていて、立ち上がりもよく、音の分離もとても良い楽器です。
思わず、ほとんど弾いていなかった、リュート組曲の4番のプレリュードを弾いてしまいました。
ストレスなく、力も必要がないので、暗譜はあまり出来ていなかったのですが、ほとんど最後まで
暗譜で弾けました。私にとっては、現在作られている、100万円のモダンスペインギターより、
弾いてみたい楽器です。買ったのは、2800円でしたが。

楽譜はこれでほぼ決まりです。

原曲ではなく、ブゾーニ版のピアノ曲のギター編曲と言う形ですが、音はもっと増やせば
ピアノの曲に近づくかもしれませんが、ギターだとこれくらいでいいのではないでしょうか?

イギリスの名手 デバインさんでも、音を増やすとこのような難しい曲なってしまいますし。

www.youtube.com/watch?v=16UpKPuIrwk

もっと難しい演奏をされている方もいます。


www.youtube.com/watch?v=Q_tMjYxYTwA

ピアノの音をなるべく再現しようとすると、こうなるのかもしれませんね。


  1. 2015/03/31(火) 13:23:12|
  2. ギター
  3. | コメント:0
<<11弦ギター | ホーム | マンドリンの弦、ブリッジについて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (334)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR