古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

演奏会のお知らせ 坂本龍右さん

今回はギターではありませんが、是非聞いていただきたい、リュートの演奏会です。

私が今一番聞きたい、演奏家の一人、坂本龍右さんのコンサートです。

大阪では、千里阪急ホテル クリスタルチャペル 2月 17日(火) 19時30分~
料金は 前売 3000円 当日 3500円です。

龍君コンサート
龍君 2

今、世界的に見ても最も注目される、リュート奏者かもしれません。
チラシにあるように、1994年最年少10歳で山梨の古楽コンクールで本選出場を果たしています。

東大在学中にスエーデンで録音した CDの話ですが、私がとても気に入って、
神戸にあるカフェに紹介したところ、そのカフェではマスターがl気に入って、
毎日、朝から夜まで、彼のCDをかけていました。1年以上だったと思います。
(2年くらいだったかな?)

普通それだけ聞くと、飽きるというか、嫌になるものなのですが、マスターは
リュートを始めたいと言い出し、実際にリュートを始め、レッスンも受けるようになりました。

そればかりか、マスターの大学の先生も卒業してから何年も経つのに、そのカフェに来られていましたが、
同じように、彼のCDを聞いていると、リュートを始めたくなり、リュートを始めました。

そして、坂本君がバーゼルに留学する前に、そのカフェで演奏会を開いてもらいました。
とても良い演奏会でした。

今、2枚目のCDを録音中だそうです。  

演奏テクニック、音楽性だけでなく、とても頭の良い彼が、ものすごい量とスピードで
勉強した成果も聞けると思います。

難しい曲だけを並べた、ギターの演奏会とは違って、純粋に音楽が楽しめると思います。
ギターを演奏する方に聞いていただきたい演奏会です。

 
 
  1. 2015/01/25(日) 22:56:05|
  2. 演奏会
  3. | コメント:0
<<リンク その他 | ホーム | マスタークラスのご案内>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (334)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR