古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

Cabotin さんのコメントで 

楽器の完成、なんとか今月中にと頑張っているところです。

あまり更新できずにいます。

Cabotin さんのコメントで なんのことか?と思われた方もいらっしゃるのでは?
と思って少しだけ。
ギター以外の話も、普通のブログのようで良いかもしれませんし。

隠っていてとおっしゃっていましたが、Cabotin さんは若い頃から、(幼少の頃から?)
禅寺の偉い和尚さんに教えを乞うていらっしゃいました。
今年の正月も北陸の禅寺で座禅を組んでらしたそうです。
(正月明けからは山のような、作曲、編曲があるとのことで、
お正月は隠ってらしたそうです)
「とても寒かった」と言われたましたが、そりゃそうですよね。
寒いつながりで、こんな話もしました。

私も、一時期 「古楽器」「古武道」「古神道」と「古」の3本立てで過ごしていた時期がありました。

修行が足りない身なので、あちこちの、神社、仏閣に行かせていただくだきました。
(結構いろんなところへ行かせていただきました。熊野古道といっても、一般的な
神社でなく、人の行かないような山奥の神社まで)
でも、どこに行っても、たくさんの人がお参りに行かれていました。
観光神社などでは、少し罰当たりな観光客もいましたが、ほとんどは参拝することが目的の人でした。

そして、修行の足りない私は、お滝修行もさせていただいていました。
岐阜の山奥、素晴らしいお滝のある神社は、一ヶ月に一度は行かせていただいていました。

その頃の話をさせていただいたのです。

椿大社と言って,大社というくらいですから、立派な神社が三重県鈴鹿にあります。
伊勢神宮に行く前に、この椿大社に寄ってから行くのが、本来の参り方だという方も
いらっしゃいます。

その椿大社で夜に、立派な お滝に入ることが出来るのです。
みそぎ修法会と言われていますが、沢山の方が参加されています。

さすがに、1月2月は行ったことがないのですが、4月5月でも
充分に水は冷たく、気温も低いです。でも、何百人という方が参加されています。
人数が多いので、流れ作業的なところもありますが、深夜にお滝修行というのは、
なかなか体験ができません。(椿大社のHPで修行の様子は見ることができます)
http://www.tsubaki.or.jp/misogi/
お滝を受けたあとも、神社の廊下や庭で、タオルで体を拭いて着替えますので、
結構寒いです。

1月2月に行った人の話では、雪が降る中、待っているのが結構辛いです。
とおっしゃっていました。

そんな修行をする人が、とんでもないことをしている、という話を神社の方から聞きました。
修行の格好は、男性はふんどし、女性は水衣と言われる、肌襦袢のようなものを着るのですが、
以前は、持ってきていない方には貸していたのですが、今は買っていただいている、
と話されていました。その理由が驚きです。
「お貸しした、水衣を持って帰る方が結構いらして、今は貸していない」という話です。

わざわざ、遠い遠い神社まで修行に来て、お借りした水衣を持って帰る人がいる、
それも一人や二人ではないという話、誰でもびっくりしますよね。
なんと罰当たりというか、修行にもなにもならない、と思うのですが。

そんな話や、アルペジオーネの八の字型シェイプの話。ルーツのような話をしていました。
この話については、また時間がある時に、ブログに書かせていただきます。

ルネサンスの頃から、八の字というかギターシェイプの楽器は沢山ありましたので。

では、字ばかりでは味気ないので、今日朝散歩したときの写真です。
以前は、仕事が終わってから、深夜2時3時に散歩していたのですが、
(仕事をしていて、早く寝ようとそのまま寝ても、頭が仕事のことで
フル回転していますので、逆に寝付けないので)やはり、太陽の光を
浴びながらの散歩の方が良さそうなので。

田舎ですから、季節が良くなると皆さん、農作業をされているので、仕事もせず、
散歩するのは、気が退けていたというのもあるのですが。


1422060719083.jpg

朝霧の景色です。
家から3分くらいでこのような景色です。
やはり、朝の方が気持ちが良いですね。
(散歩といっても、かなりの早足大股ですが)

  1. 2015/01/24(土) 11:40:08|
  2. その他
  3. | コメント:1
<<マスタークラスのご案内 | ホーム | タイトルなし>>

コメント

はじめてコメントさせて頂きます。柳と申します。
古武術を修行し、フランスのバグパイプ(ミュゼット)を
嗜んでいます。
ポルタティーフ・オルガンに興味があり、来てみました。
同じポルタティーフ・オルガンがyoutubeにアップされている
のですね。

時々寄らせていただきます。
  1. URL |
  2. 2015/02/05(木) 14:04:57 |
  3. 柳 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (329)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR