古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

演奏会の案内

数少ない、日本での西垣正信さんの演奏会の案内です。

例年、12月に行われている、京都文化博物館でのクリスマスコンサートです。

12月5日 6時半開演 入場料は 一般 3000円 学生 1500円です。

img201.jpg
img202.jpg


今年は、現代ギター社から出版された、アルペジオーネソナタのギターソロ版 の初演と
パガニーニの 大ソナタ のギターソロ版 の初演が演奏されます。

私もアルペジオーネソナタの楽譜は買わせていただきましたが、とても弾けるような曲ではありませんでした、
この間会ったギタリストさんも 『楽譜は買ったけど、とても弾けない』 と言われていました。

実際にあの楽譜の音が聞けるなら、演奏会に行きたい、とも話されていました。

今年は価値のある初演が聞けますので、興味のある方はどうぞおいで下さい。

そして、西垣さんが案内の HPを作ってくださいました。

http://www.koube.jp/xmas.html

こちらには、昨年の演奏と、さらに詳しい解説があります。

その中に、6時半からプレトークとして、私とアルペジオーネと言う楽器についての話を
することになっていることが書かれています。

アルペジオーネと言う楽器について、知っている人は少ないと言うことで、こんなことになりました。

ただ、お話や、図面を使っても面白くないので、結局 アルペジオーネを作ることにしました

多分、演奏会ではほとんど聞く機会のない、アルペジオーネですので、面白い演奏会になると思います。

アルペジオーネは 私が弾くことになります。

どうぞ、お楽しみに。

ということで、よろしくお願いいたします。


  1. 2014/10/07(火) 01:24:34|
  2. ギター
  3. | コメント:1
<<コメントをいただいて その他 | ホーム | ギターフェスタ in 八女 その他>>

コメント

えー、まだひきこもっていたいのに、そんなあ。

西垣さんと生アルペジオーネと平山さんのスリーショットなんて、ありえない。
  1. URL |
  2. 2014/10/07(火) 22:50:28 |
  3. カステラミルク #U6M1AWu2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (334)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR