古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

ギターフェスタ in 八女 その他




いつも、案内だけで、その後の報告が無かったようですので、今回はギターフェスタの
報告です。

沢山の展示楽器の約半分が、バンブーギター、竹で作られたギターでした。
この催しが、八女市市制60周年、そして八女市 竹資源有効活用事業の一環ですので、
沢山のバンブーギターが展示されました。

以前、中山さんのところで見せていただいたバンブーギターより、さらに 木で作られたギターに
近づいていたように思います。

倍音も多く、響きもあり、普通に使うギターとしての機能はアップしていたように思えます。
その分、芯のはっきりしている、和音が濁らない、と言った音の成分は少なくなったようです。

ただ、中山さん以外は中山さんに指導を受けて、ギターを作っているという感じですので、
これから、製作される方が、個性を持ったギターを作られていくと、おもしろいギターも
出来そうな可能性を感じました。

そして、バンブーギター以外でも、全ての楽器が弦長65センチで、重くしっかりしたギターが
多かったです。

自分のギターは一番弦長の長い楽器でも、64センチ 重さは1キロくらいです。
そして、ネックの厚みや指板の厚みも、他のギターに比べてはるかに薄い楽器でしたから、
余計に重く、ネックも分厚くて、弾き難い印象を持ちました。

これは、一般的なギター全てがそうなのですから、そうなるのは仕方がないかもしれませんが、
この楽器をどんな人に弾いてもらいたいのか?どんな音楽を作ってもらいたいために、このような
ギターを作っているのか?と疑問に感じたのも、事実です。

作っている人も、弾いている人も 身長180センチ以上の人でもなく、指もとても長い人ばかりでは
ありませんでしたから。

ということで、会場の写真と当日のパンフレットです。


IMG_20140921_170948.jpg

私のブースです。

IMG_20140921_110218.jpg

こんな感じで、広い講堂の周りに展示、中央にコンサートのスペースです。

img193.jpg

当日の、パンフレットです。

弦長は65センチで、私の楽器よりは重いのですが、楽器本体がなっているギター、3弦のハイポジションが
鳴っているギター、音の輪郭がはっきりしているギターなどを作っている製作家の方もいらっしゃいました。

そんな方とは、よく話をしました。

また、私のギターの感想も聞きましたが、私の方向性は理解していただいたようです。

軽いと言う印象をよく言われましたが、軽くするのが目的ではなく、結果的に軽くなっていること、
6弦の基音をしっかり出すこと、音が濁らない、2,3弦のハイポジションが鳴るだけだなく、全部の音が
バランス良く鳴ることなどを実現するために、また立ち上がりを良くするために、軽くなっていることなどを
話させていただきました。

ネックや指板の厚みも、私の楽器は弾きやすい、と言う感想が良く聞かれました。
実際に弾いていただいて、弾きやすい感想を持っていただければ、製作家の方だったら、
自分の楽器を作られる時に、何かの参考になれば、と思いました。

来月は九州ほど遠くない、大阪ですので移動は楽です。
展示会が終われば、大阪の展示会の報告もさせていただきます。






  1. 2014/09/24(水) 16:23:37|
  2. ギター
  3. | コメント:0
<<演奏会の案内 | ホーム | 二つのギター その?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (337)
演奏会 (10)
その他 (21)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR