古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

私のギターを 1半音下げました


気になっていましたので、本当は練習してからユーチューブにアップしようと思っていましたが、
楽譜もほぼ出来上がっていましたので、練習もせず 演奏アップさせていただきました。
(ここの所ギターもほとんど弾いていなかったので、いい加減な演奏ですみません。)

曲は バッハさんの コラールプレリュード 40番 「主 イエス・キリスト 我汝を呼ぶ」 です。
何とか、ギターで弾きたいと思って、少しずつ編曲していました。

鍵盤曲の編曲はピアノ曲でも難しいのですが、オルガン曲なので更にペダルの音まで増えますから、
更に難しくなります。

調は原調では無理なので、半音下げました。
(998番のプレリュードと同じで A=415の原調と同じ高さになりますし)


https://www.youtube.com/watch?v=J0YOIL9ILME

安いレコーダーで、ゲインが低いので今回は近くから録音しました。

楽譜は

img170.jpg

手書きで見難くてすいません。

元のオルガンの楽譜は

img171.jpg
img172.jpg

です。

とりあえず、曲を作ってから 10日ほど毎日5箇所ほど、音の足し算、引き算をやりながら
運指の変更が続きました。

最後の箇所がどうしてもまとまらず、編曲あきらめかけていましたが、
声部をオクターブ下げることで、何とかギター曲になりました。

ポジション移動をどのようにするか、が結構時間を取りました。
またどのポジションにするかも。

楽器によって、開放弦と押さえた音の違う楽器だと、もう少し難しい指使いになると思います。

演奏のポイントを少しだけ。

終わりから5小節目の セーハは、そのまますると 4弦のレの音がスラーをかけた様に
なってしまうので、次のソかシを弾く時に、私は右手親指で消音しています。

3拍目最後のラの音を普通に、押さえて4拍目の頭でセーハするなら、
そんなことはしなくても良いのですが。 

終わりから6小節目も、指の長い人なら、2弦5フレットのミを使うのは、
問題ないでしょうが、65センチのモダンギターで弾くと、指が届かない人は、
1弦の開放弦でも、旋律とは違う音で弾けば問題ないと思います。

オクターブ上げたり、下げたりして何とか弾けるようにしていますが、
余裕のある人は、原曲の楽譜からアレンジしてみてください。


そして、本題の 1半音下げた結果ですが、演奏していても何も問題は感じませんでした

ピッチで言うと、A=370になります。
ラモーの頃のベルサイユピッチで A=392ですから、やはりかなり低いです。
弦ももちろん、440の時の弦のままです。

この曲を選んだのは、編曲が出来ていたというのもありますが、原曲がオルガン曲なので
ピッチを下げたほうが、減衰が長くなり少しでも原曲に近くなるかもしれない。

また、16分音符の動きも、ゆったりするかな?とも考えました。

音の輪郭などは、440のほうがはっきりしていますが、響きもこれでも良いのでは?

と思いながら、弾いていました。

やはり、表板のドーム形状でない事や、楽器が全体軽くて(この楽器はちょうど1キロです)
反応が良いことが、テンションを下げてもなっている理由でしょうか。

皆さんの感想はいかがでしょうか?

(練習もしていないので、音の感想でお願いします)

製作編、次回から少しずつ 工具などから入って行きたいと思っています。






  1. 2014/07/04(金) 15:37:58|
  2. ギター
  3. | コメント:1
<<コメント、そしてメールをいただいて。 | ホーム | 最近手に入ったCDのこと>>

コメント

ユーチュブの画面表示

え~と、余計なお世話なんですがユーチュブの画面を右クリックして”埋め込みコードをコピー”して、これを本文の編集画面でURLボタンをクリックしてアドレスに入れればユーチュブの画面が直接表示されます。お気に障ったらご容赦を。
  1. URL |
  2. 2014/07/09(水) 15:20:06 |
  3. extajiji #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (334)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR