古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

弦楽器製作法に則ったギター製作の手引き  その1



いよいよこのブログを始めた、当初の目的に入ります。

これまで、材料編、構造編と書かせていただきましたが、これらは
独立したものでなく、特に構造編と製作編は密接に関係するものです。

構造、設計が一般的な、スペインギターのそれとは違いますので、自ずと製作方法も違ってくるのです。

この製作編は実際に楽器を作ってらっしゃる方、特にアマチュアの方とか、
製作を始めて間のない方、これからギターを作ってみようとされる方に役に立つのではないかと思っています。
(自分の楽器製作法を考えるという意味で)

このブログでは、私のギターに対する考えを書かせていただいています。
製作に対しても、一般的にそうしているから、昔からそうしているから、
皆がそうしているから、先生からそう教えられたから、
という考えでは書いていこうとは思っていません。
(お分かりでしょうが)

ギター以外の楽器を35年以上にわたって作ってきました。
特にヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、バロックヴァイオリン、バロックチェロ、
アルペジオーネ、ヴィオロン・チェロ・ダ・スパラ、フィーデル、レベックといった
弦楽器を作ってきた者からみると、今、主流になっている、
モダンスペインギター製作法は一般的な楽器製作法からはかなりかけ離れた、
製作法のように思えます。

ですから、このブログの製作方法で、ブーシェさんのような、ハウザーさんのような、
ラミレスさんのようなギターを作ろうとしても作れないかもしれません。

ちょうど、知っている人は知っているけど、知らない人は知らない
長岡鉄男さんというスピーカー作り、設計の方をご存知でしょうか?
形も,大きさも,構造もユニークな数多くのスピーカーの設計をされた方です。

私の考えるギターは長岡さんのスピーカーのようなものかもしれません。

見た目は市販品とは全然違うけど、音は素晴らしく良いスピーカー、
どんな音楽を聴きたいのか、どんな音で聴きたいのかがはっきりしている人には、
それにぴったりのスピーカーの設計が用意されているように。

今の、アマチュアの方のギターを見ていると、
ギター屋さんに並んでいる商品と同じようなギターを作りたいのかな?と思ってしまいます。
見た目も、仕上げも,材料も、塗装も、プロが作る商品と同じような楽器を目指しているように
思えてなりません。

楽器屋さんにすれば、プロが作る商品と同じような商品が、
安く仕入れが出来て、喜ばしいことかもしれませんが。

ハウザーのギターが欲しいけど、買えないから作るとか、
ブーシェさんのギターが欲しいけど手に入らないから、
同じような楽器を作りたいという方には、私の製作法は合わないと思います。

せっかく作るのだから、自分にあった、自分しか作れないギターを作るのも面白いと思われませんか?

そして、そのギターは有名な名器より、もっとあなたの音楽を豊かにしてくれると思います。
ギター音楽でなく、音楽を楽しめる楽器を作れる方法だと思っています。

次回は製作法で良くあるように,道具から入りたいと思います。









  1. 2014/06/26(木) 00:59:24|
  2. ギター
  3. | コメント:1
<<弦楽器製作法に則ったギター製作編 2 | ホーム | ホセ・ルイス・ロマニロスさんの新刊 「Making a Spanish Guitar」について>>

コメント

すばらしきギター

もの事を取得するために、いろいろと研鑽を積み学ぶことは良いと思います。「学ぶ」とは「まねぶ」という語源もあるそうです。
最初はものまねでよい、だけど最後は自分のオリジナルに到達できることが最高と思います。
太古から近世までの偉大な発明や技術の進歩の発展を俯瞰すれば、概ね上記のことが当てはまることに気づきます。

私は、ものまねが、ものまねで最後までそれで良しとしている人もいると思います。ボランティアではないでしょうから、「お金」になるから仕方ないと達観されているのなら、それもありと思います。決して間違っているとか断じられません。有名なハウザーさん、ラミレスさんにそっくりのギターでも、安くて、作りも良いものを求めるユーザーがいるからです。高額な500万近いオールドビンテージギターを買うなど非現実的と思っている人にとっては、デッドコピーモデルは、大変にありがたいギターだと思います。

さて、別の見方では、平山様のように他のどのギターでもないオリジナルな創造性を以て良いギターの製作に邁進されている製作家もおられます。私はそういう方向性におおいに共感します。
設計、構造、材料、音の出方すべてにギターとは、と感じさせてくれるギター、ギターをやっていて本当に良かったと思えるギター、暖かさを感じさせてくれるギター、自分の思いを率直に紡ぎだせるギター、どんな会場、環境でも壊れない、狂わない、丈夫で長持ちするギター、そんなギターが欲しいと思うものです。
 私個人の考えは、極めて平山様の目指されるギターに近いものがあります。最近の野村先生の方式による板材への工夫にも新しさとともに何か今までとは次元の違うすばらしさを感じます。

 時間はかかるが、ひとつひとつの事柄に対して、「なぜ」という疑問を常に持ち、先輩に安易になんでも聞かない姿勢、自身が納得するまでその理由を突き詰める姿勢、そうやってやってこられた平山様のギターは、真に本物のたしかなギターであると思うのです。

単なるギターだけでは終わらない、音楽を奏でる第二の魂とでも呼べるような、次世代に引き継がれていく真のギターだと思うのです。
 その神髄をこれからもどうぞお聞かせください。後進への良き指針にもなることと思います。
  1. URL |
  2. 2014/06/26(木) 11:12:36 |
  3. 白樺 #uT.0urzY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (338)
演奏会 (10)
その他 (21)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR