古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

ホセ・ルイス・ロマニロスさんの新刊 「Making a Spanish Guitar」について



また、しばらく更新が出来ていませんでした。

演奏会があって、リハーサルの時間に原稿を作ることが出来ましたので、
久しぶりに更新させていただきます。

読んでいただいている方に,楽譜のプレゼントもあります。
(必要の無い人には余分かもしれませんが)




ロマニロスさんが新しいギター製作の本を出されたということで、このようなブログを作っているものとしては、
手に入れておかないといけないと思い、取り寄せました。


img163.jpg





彼の息子さんが取り扱っているということで、直接注文しました。
注文すると、送料が約1万円というのに、少し驚きましたが。
本の価格も1万円です。

そうすると、私の名前も入れてくれた、彼のサインが入った本が届きました。

取り寄せる前から、これは困ったな、と思っていました。

日本人は活字が好きで、(というか、本になるとそれが正しいと思ってしまうようで)権威が好きなので、
その道の権威者が書いた本など出ると、ギター製作の新しいバイブルとなってしまうのでは?
また、このような本の通りにギターを作るのが正当で、本来の姿だと思われそうなので。

丁寧な、素晴らしい本が出ると、考えることを停止して、
その本の通りにしないといけないと思ってしまう人もいることですし。

私が楽器を作り始めた、40年ほど前でも、ヴァイオリンや弦楽器の製作に関する本を集めると、
ダンボール箱いっぱいになりました。

もちろん、ガンバやリュートを作る本はありませんから、それに近い楽器の製作法の本ばかりです。
でも、これが私には良かったようです。

絶対に人には教えてもらわないようにしていましたので、自分で本を集めて、
資料を集めて楽器を作るしか方法がなかったのです。


と言うことで、肝心のロマニさんの本について書かせていただきます。

「Making a Spanish Guitar」 というタイトルですが、ロマニさんのギター製作工程を公開した本のようです。
長年ギターを作ってきて、いろんなノウハウを持っている彼が、自分のものだけにしておかないで,
後進のギター製作家ために公開したのでしょう。

テンプレート(図面から実際の材料に形を移したり、バスバーやブロックの
位置を印をするための薄い板。私は薄いアクリル板を使っています。)も合理的な、
使い勝手の良さそうなテンプレートです。

図面も原寸大で、ソレラの図面も原寸大で入っています。
これなど、そのまま使う人も増えそうですね。

ブリッジの位置決め、12フレットから上のフレットの打ち方、
ロゼッタの作り方などかなり詳しく書かれています。

予想していたより、良い本のようです。
でも、この本を見てロマニさんはこうしているのか、では私はこうしようと、
考える人が増えると、良いのになあ、というのが私の感想です。

ロマニさんが書いた、トーレスさんの本は、肝心のことが書いてなくて、
私にはどうでもよい事ばっかりでしたが、

この本は彼の秘伝とも言うべきところも書いているように思いました。
講習会とか,お弟子さんには公開していることかもしれませんが。

では、楽譜のプレゼントです。

バッハさんの 平均律 9番のプレリュードです。

古くからギターを弾いている人には,懐かしいかもしれませんが、
40年以上前に、クリストファー・パークニングさんが バッハのアルバムを出しました。


img164.jpg


img165.jpg


曲目も見て驚きました。こんな曲がギターで弾けるんだ!と。

早速友人がレコードから採譜してくれて,楽譜を作りましたが演奏はかなり難しかったです。

でも今回、原調で編曲できました。そんなに難しくなく。

興味のある方は,どうぞ演奏してみてください。

念のため,ピアノ譜ですが,参考にした,音友社の楽譜もアップさせていただきました。


img159.jpg


img160.jpg


img166.jpg



img162.jpg


ご自分で演奏されて,弾きやすいように変えてくださって結構です。
そのために、ピアノ譜も用意しましたので。


次回は原稿が出来ていますので,製作編にかからせていただきます。

  1. 2014/06/24(火) 13:26:05|
  2. ギター
  3. | コメント:0
<<弦楽器製作法に則ったギター製作の手引き  その1 | ホーム | 演奏会でのあれこれ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (338)
演奏会 (10)
その他 (21)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR