古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

関東方面の旅行で そして

今回の 関東方面の旅行で ギターを13台ほど積んで、いろんな方と出会えることが出来ましたし、
楽器を見ていただくことも、また作られたギターや、持ってられるギターなども、見せていただきました。

そして、今回とても良いことがありました。

本来は良いことではないかもしれませんが、25年ほど前に作ったガンバを最近ほとんど弾いていないので、
ちゃんと弾いてくださる人にお譲りしたほうが楽器のために、良いのでは?ということで預かりました。

UNI_0096.jpg
UNI_0097.jpg
UNI_0098.jpg
UNI_0099.jpg


こんな楽器です。

自分で言うのも変ですが,良く出来た楽器で、指板の模様は,象牙を埋め込んでいます。
ヘッドも、バッハのイメージで彫って欲しいとの事でしたから、鬘のバッハさんにしました。

楽器製作という仕事をしていて、作ってから20年以上見ていなかった楽器を見ると、
若い頃の自分を見るようで、不思議な感覚になります。

もちろん、楽器のどこを見ても壊れた所や,ひびや欠けもありません。
大事に使ってもらっていたと言うのが良く分かります。

ただ、良く弾いてくださっていたようで、指板や本体の肩辺りは汚れが沢山で
汚れを取るのが大変でしたが。

音も、25年ほど経っているというのもあるのでしょうが、良い音になっていました。

その時代,その時代に出来る最善を尽くしていると、いつになっても
良い仕事をしていたと思えるようです。

そして、コメントをいただいていて、その話題の中に入っていませんでしたが、
CABOTINさんのコンクール審査員のこと。

私がここで言うことではないと思いますが、知っている人は知っているが
知らない人は知らないことなので、少し書かせていただきます。

CABOTINさんはスペインのマリアカナルス国際音楽コンクールの審査員を
1982年からされています。30代前半の若さで、ギターコンクールでない
世界的に有名なコンクールの審査員をされていました。
ロドリゴさんが生きてられた頃は,一緒に審査されていたそうです。

ギターでは、フランスのビラロボス国際ギターコンクールの審査委員長もされています。
その他、様々なコンクールの審査員もされています。(ヨーロッパですが)

そのCABOTINさんが言っておられた、19世紀ギターでその後のギターで見られる、
構造はほとんど考えられていた,ということの1例です。

アーチトップのギターは1820年にフランスミルクールの楽器に見られます。

img155.jpg


フォークギターで良く見られる、X ブレーシングの構造は
1840年のロンドンの楽器に見られます。


img156.jpg

おまけに、皆さん良くご存知の マーチンの おそらくニューヨークでの最初の楽器ではないかと思える楽器です。

img157.jpg

ほとんど、彼が修行していた シュタウファーさんの楽器と同じですね。

ここから、マーチンの歴史が始まったようです。


出典は The Century That Shaped The Guitar by James Westbrook
  1. 2014/05/23(金) 01:27:47|
  2. ギター
  3. | コメント:0
<<演奏会でのあれこれ | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (338)
演奏会 (10)
その他 (21)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR