古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

お知らせ

少し急な話と、4月の話です。

このブログでいろんなパーラーギターを紹介させていただいています。
それに、私の楽器も。

なかなか見ていただく機会がないので、名古屋、東京方面に出て行く時は、
見ていただく方法がないかと考えています。

そこで、3月24日は名古屋の中区で、チェンバロを調整させて頂くお家で、楽器を見ていただく
場所を作らせていただきました。

個人のお家なのですが、好意で場所を提供していただきます。お昼ころから夕方くらいまで、
楽器の調整をしていると思いますので、名古屋なら行けるという方は、メールで連絡頂けますでしょうか?

4月は29日に千葉、船橋で演奏会があります。その前後、多分、後になると思うのですが、
どこかで楽器を見ていただく機会を作れたら、と思っています。

このブログを見てくださって、ギターを見てみようと思われる方がいらっしゃたら、
その方のお家に行かせていただいても、良いかな?とも思っています。

29日の演奏会が終わってから、八王子方面に行く予定です。



  1. 2014/02/25(火) 12:21:35|
  2. ギター
  3. | コメント:0
<<コメントを頂いて  調律、フレッチングについて | ホーム | コメントを頂いていて フレッチング他>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (334)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR