古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

新間大先輩のこと

ユーチューブで演奏を聞かせていただいて、またユーチューブ上でのレッスン見せていただいて、
こんな素晴らしいギタリストの方がいらっしゃったのか!と言うのが新間大先輩の第一印象でした。

100本ほどユーチューブにアップされているので、ソルの月光とかのレッスンもありますが、
フェレールのレッスン風景を見ていただこうと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=582yzL3kFbA

もう75歳になられる、新間大先輩ですが(先生と書くべきなのでしょうが、普段、先生をあまり良い意味で
使っていないので、こう呼ばせていただきました)まだ、現役で演奏され、またつくばのギター合奏団の
指導もされています。

ネットもいろいろ使われていて、フェイスブックも始められています。

そして、ギターで音楽を色んな方法で表現される、一つの方法として、このような本も
作られています。

img123.jpg

活字だけでなく、DVDで動画も見ることが出来る、とてもわかりやすい本です。


新間大先輩の足跡です。

1967年(昭和37年)にデビューリサイタルをされています。
その内容が、ギターとリュートを半々に弾かれているのです。

日本で最初のリュート演奏会ではないでしょうか?

その10年後にラコート,パノルモと言った古名器7台を使ったリサイタルを2度されています。

テデスコのギターコンチェルトも演奏されるなど(この演奏のCDもいただきました。とても、素晴らしい
演奏です)様々な活躍をされています。

ギター以外にも、けん玉を普及されたり、お父様が最高の鍼灸師だったこともあり、鍼灸師としても
指導をなさっています。

また、絵も描かれるのですが、その絵も素晴らしい絵なのです。

一例ですが


img124.jpg

日本では、色んな事が出来ると、何でも屋さんとすぐ言われますが、どれ一つをとっても
それだけをやっている人よりはるかに、良い仕事をされています。


ギターに戻りますが、私のブログも読んでいただいて、「ギターは和声楽器ではない、
旋律楽器である」との私の考えに共感もして下さいました。

まだまだ現役でがんばっていらっしゃる、新間大先輩を紹介させていただきました。

  1. 2013/09/11(水) 14:18:15|
  2. ギター
  3. | コメント:1
<<2万アクセスありがとうございました。そしてプチ・ジャン | ホーム | ショートスケールギターのこと、その他>>

コメント

新間先生

良い意味で先生と呼んでいます。
ギター再開してまもなく雑誌で久しぶりにお名前を拝見してからのメールでのお付き合いです。フェレールの一連の校訂音源と附属楽譜には私なりに入れ込み、以前一緒に工房にお伺いしたNさんとジョイントをしたときに、私は40分ほど先生の校訂楽譜でフェレールだけを演奏しました。

テデスコのコンチェルトの音源が演奏直後に行方不明になり、摩訶不思議にも数年前に突然ある方から音源が(たしか先生のだけだったと記憶します)届けられたとのお話に、私なりの推理(大げさですが)をメールでお伝えしたことがあります。もちろん先生は笑ってとりあってはくれませんでしたが、当時も今もこういうレベルでベテランがそうそうは演奏できるものではないと思ってます。

お灸は若い頃に体調管理ですえていましたので、話題にもなり書籍も送っていただきました。 

なんでもやさんの話は聞いてますが、なんでもやさん発言をして揶揄すること自体ナンセンスですね。幅広い知識や好奇心は発想の源ですからね。 

  1. URL |
  2. 2013/09/13(金) 01:11:34 |
  3. HSPT #wvZP3yDo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (334)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR