古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

魂柱と駒 そしてモダン楽器

魂柱と駒の関係は、ギターの方には縁のない話のようですが、
思い込みと言うか、そうでなければならないと思っていることが、
実際正しいかどうか、と言うことを考えさせられますので、
もう少しお付き合い下さい。

今まで見た、(ガンバが中心なのですが、)擦弦楽器では、ほとんどの楽器が
魂柱と駒の位置は、近すぎて楽器が鳴っていない、楽器本体が振動していない場合が
多かったです。

そんな楽器は、倍音と言うか、固めの音なので、通る音に近い音質です。
ですから、弾いている本人も、他の楽器が鳴っていても、自分の音は聞こえる。
遠くで聞いている人にも、聞こえる音のようです。

でも、それは、硬い、音楽的には異質な音なので、聞こえてくると言う場合が多かったようです。
合奏していても、溶け合わないから、聞こえてくる。

最近、チェロでも基音が鳴っていなくて、ハーモニカのような倍音だらけのチェロを
聞く機会が増えました。

これは、鶏と卵の関係のようですが、弦の問題が大きいと思うのですが、最近の弦は
魂柱と駒を近づけないと、音がはっきりしない、音程が取れないようです。


逆に、魂柱と駒が離れすぎている楽器もたまにはありました。

そんなにベテランの製作家でない場合、楽器を作るのに精一杯で、重要な魂柱を立てるのは
適当にやってしまった。という楽器です。

魂柱は少し長めにしておいて、だんだん短くしていって、合わせるのが普通ですが、
少し長めで、「駒から遠いけど、音が出るからまあいいか」という楽器です。

中には、駒から3センチほど離れている楽器もありました。
でも、こんな楽器は大体、表板も削るのが大変なので、表板がとても厚い楽器が
ほとんどでした。

これだと、3センチ離れていても、結果的に音は良い場合もあるのです。
魂柱の位置を変えても、元の場所が一番良かったこともあります。

長年使っていると、さすがに表板は、駒の辺りで下がってきますが、音は
離れすぎている方が、近すぎるより良い場合が多いようです。

それと、駒からは近い距離なのですが、駒の位置がずれている楽器もよく見ます。
魂柱と駒の位置は、決まったものがあるから、その距離は守って、力を逃がそうとしたのかも、
しれません。でも、音は逃げた分だけ、ロスがあるので、楽器はあまり鳴っていません。



この間も、モダンの楽器との仕事が続きました。
時間もあったので、楽器を見せてもらいました。

魂柱と駒の関係を見るまでもなく、音を聞くだけで魂柱と駒が近すぎて、
楽器が鳴っていないのです。

かなりベテランのプロの方なのですが、ヴァイオリンを弾いてもらっても、
本当に楽器が鳴っていなくて、良い楽器なのに、これで仕事をしているの、
と思うと、複雑な気持ちでした。

プロの奏者がプロのメンテナンス、プロの調整をしてもらって、鳴っていない楽器を
弾いているというのが現実のようです。

でもモダン楽器だと弦の関係でそうしないといけない場合もあるので、単純には行かないようです。

ギターの場合だと、音色とか立ち上がりくらいの問題で、ヴァイオリンほど弦の影響は
少ないようで、良いのですが。


  1. 2013/06/26(水) 11:24:36|
  2. その他
  3. | コメント:0
<<ヴァイス パッサカリア ギター楽譜について | ホーム | 魂柱と駒の関係(コメントをいただいて)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (338)
演奏会 (10)
その他 (21)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR