古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

なぜ、ストラッドを超えられないのか

また、続けてブログを書かせていただきますが、
このブログは演奏会のリハーサルや、時間があったときに
ワープロに打ち込んだものです。

少し前になりますが、ヴァイオリンのストラッドさんの話が良く出ていたころなので、
話題が古いかもしれませんが、ギター製作にも関係がありそうなので、関心がおありの方は
お読み下さい。少し長いです。


なぜ、ストラッドを超えられないのか

これは、よく話題になると言うか、大きな問題だと思います。
また、結論の出ない問題かもしれません。

いろんな理由が考えられますが、以前に書かせていただいたように、
経年変化で楽器用材自体に起きた変化や、弾きこまれて作られた音というのは、
どんな天才でも、人間には作ることができないように思います。

でも、大きな会場で充分に聞こえる楽器を作るとか、(ストラッドさんより大きな音で)
バランス良く、大きな音で鳴る楽器というのは作れると思います。
また、作っている人もいるように思います。

楽器の良し悪しを決めるときに、演奏家は会場で音が通るとか、
延達性があるとかも気にするでしょうが、やはり弾いている本人にどう聞こえるか、
弾いていて楽しいかどうか、というか、表現したいことがどこまで出来るか、
また、演奏上の機能性といったことではないでしょうか。

この点では、古い楽器の立ち上がりの良さや、響きや味のある音には敵わないと思います。
新しい楽器で、演奏家に好まれるようにと、倍音を多くしたり、響きを付けたり、
柔らかい音にしたり、ということをやっている人もいますが、これも、
演奏家に選んでもらうことを考えてもことだと思います。

あと、目標がストラッドということは、追いつくことを目標に作っているように思うので、
越すことは出来ないようにも考えられます。

ギターの場合も、トーレスさんの楽器を目標にしていると、
彼以上の楽器は作れないと思ったりします。
(そのトーレスさんの楽器ですが、
トーレスさんの楽器を多数知っているわけではありませんが、
多くのトーレスさんの楽器を知っている演奏家の方に聞くと、
良い楽器は3台か数台くらいしかないと言われます。
その素晴らしい楽器と比べると、と言う話です。)


ギターの場合、さらにハウザー、やブーシェさんのギターを目標に作ると、
それ以上のものは出来ないように私は思います。

そして、ギターにしてもヴァイオリンでも楽器を作っている人は、
ほとんどの人が学校で楽器製作を習ったり、製作家のところで楽器製作を修行した人だと思います。

モダンヴァイオリン、を作っている人はモダンヴァイオリンを作ることを勉強して、
モダンスペインギターを作っている人はモダンスペインギターを作ることを勉強して来ていると思います。

言葉を変えれば、モダンヴァイオリンを作るメソッドだけを習ってそこに固執していると言うか、
他の発想がない。
モダンスペインギターを作ることを習った人は、モダンギター製作法しか知らずに、
ギターを作っている、それが最上の方法だと信じて。

そこが一番の問題かな?と私は思います。


ストラッドさんを目標にするなら、なぜストラッドさんが作った楽器を作らないのか?
バロックバイオリン製作家の方はもちろん、ストラッドさんが作ったイメージで作ってられる
と思うのですが、むしろ、モダンヴァイオリンを作っている人にストラッド本人が作ったような、
バロックヴァイオリンを作って欲しいのです。

当時のスタイルで、当時と同じようなガット弦で充分によく鳴る楽器を。
(以前のブログに書かせていただいたように、バロックまで戻らなくても、
20世紀初頭とか、パガニーニさんの頃でも)

そうすると、もっとモダンヴァイオリンも良い楽器が出来ると思います。

ギターの場合でも、トーレスモデルという楽器は、沢山作られていますが、
トーレスさんのコピーは作られていません。(少なくとも私は知りません)

私はモダンヴァイオリンもモダンスペインギターも作る気はまったくありませんので、
ストラッドさんやトーレスさんのコピー楽器は作りませんが。

なぜ、モダンスペインギターを作っていて、トーレスコピーの楽器を作らないのか、
私には分かりません。(その原因の一つにトーレスさんのデータが公に発表されていない
こともあるのでしょうか?あれだけ、いろんなことを書いているロマニさんの本にも
一番肝心な、表板の厚みがブリッジ周りで2.5ミリ周辺部で1.4ミリこれは彼の全ての
ギターに当てはまる。と書かれているだけで、具体的な図面は無いのです)

20世紀初頭にトーレスコピーを作っていた人もいるようですが、
でも、コピーしただけではだめだったようで楽器を大きくしたり、
その人なりの工夫をしているようです。

(例えば、元ギター文化館館長の細川さんの「ギターと名工達 1」
9ページにマヌエル・ラミレスさんの項で、
「トーレスの優秀さを認めたマヌエルはトーレスのスタイルを研究開発し、
型作りを少し大型化して、マヌエル独自のスタイルを確立した」
とあります。トーレスさんを大型化しないと彼は、彼が満足できる楽器は作れなかったのでしょう。

また、最近では、また現代ギターの引用ですが、2008年4月号 34ページに
テオドロ・ペレスさんが作った、「トーレス・レプリカ 2008」のことが書かれています。

――― 当初、テサーノス、ペレス両氏がトーレスのオリジナル設計で製作を始めましたが、
出来た楽器は音量が不足していました。そこでトーレスの設計を残しながら、
ペレス氏の設計を取り入れ、現代の使用に耐えるボリューム豊かな楽器になりました。―――――

とあります。

どこまで、トーレスの設計に忠実に作ったかは分からないのですが、
(横板の厚み表板の削り方など、)トーレスさんの設計では、音量不足ということらしいのです。

私はトーレスさんを評価していないので、トーレスコピーは作る気もないのですが、
トーレスさんのギターがモダンギターの開祖のギターと思っている人は
一度作ってみないといけないのではないかと思っています。

そうすることで、トーレスさんを超える楽器を作れるのではないかと思っています。
(それには、トーレスさんの何台かしかない、名器のデータを自分で作る必要がありますが。)

ヴァイオリンも同じようなことがいえると思うのです。
モダンヴァイオリン、モダンギターを作る方法を学んできて、
これが固定観念になってしまっていることが、
大きな原因だと思います。

ヴァイオリンの本を見ると、ヴァイオリンは今の形で登場したように書いている本もあります。
ですので、作る人も今の形が最高の形なので、今のモダンヴァイオリンを研究すれば、
良い楽器が出来るように勘違いをしているようにも思います。


東京ヴァイオリン製作学校を作られた、無量塔蔵六さんもヴァイオリンを作る人間は、
ガンバやバロックヴァイオリンを作らないといけないと、言われています。

そうする事によって、ヴァイオリンのことが更によく分かると。

でも、私も40年近く前にガンバを始めた頃、無量塔蔵六さんの作られた、
トレブルガンバを使っていました。
でも、この楽器が見事に鳴らないのです。全然と言ってよいほど鳴りませんでした。

私も初心者ですから、腕が悪くて楽器を鳴らせないのかと思っていたのですが、
何年もガンバを弾いてきて少しは上手になったころ、
他の人が使っている無量塔さんの作ったガンバを何台か見せてもらいました。
でも、どの楽器も見事なくらい鳴っていませんでした。
あの有名なヴァイオリン製作家の、無量塔蔵六さんの作られた楽器なのに。

チェロを作っている方がガンバも作られていますが、この方のガンバも鳴っていないのです。
(私にはそう思えます)

これについて、長年 「ヴァイオリンを作っている人のガンバが鳴らないのだな」
と思っていたのですが、最近思いついたことがあります。

それは、ヴァイオリン作りの人が作るガンバが鳴らないのでなく、
ヴァイオリンも鳴らない楽器を作っているのではないか?と。

そして、その無量塔蔵六さんの書かれたヴァイオリンの本を読み返してみると、
「現在あるストラディバリもガルネリも、また、他の名工たちの作も、製作当時の姿ではありません。
音も当時ははるかに貧相なものだったでしょう
産業革命以前に昇天してしまったストラデバリを始めとする名工と名づけられている人たちは、
今日あるがごとき美しい音のヴァイオリンをまったく知らなかったのです

原文どおりです。当時の楽器は貧相で鳴らない楽器だったということで、
鳴らないガンバを作られたのでしょうか?


モダンヴァイオリンを作っている人は、モダンのコンディションが最高のものだという意識があって、
それが良い楽器を作る上で障害になっているように思います。

もっと、原点に立ち返って、素直にストラッドさんの作った楽器を見直せば良いのにな、
と思ったりします。

そして、ヴァイオリンの方たちはすごくプライドが高いのですが、
このことも原因しているのでしょうか?

修理しかしていような方でもすごくプライドが高いので、
謙虚にストラッドの楽器を見直すのは難しいのでしょうか?

九州で素晴らしいフォルテピアノとリュートを作っている、松尾君と話をしている時も、
そんな話が出ました。

リュートを作っているというだけで、かなり見下げた感じで話されるそうです。

でもバロック時代は、リュート作りというのは最高の楽器職人で、最高の扱いだったのです。
ヴァイオリンとかギターを作っている製作家の方のラベルにも時々
ルティエ と書かれているときがありますが、これはリュート作りという意味で、
リュートが作れれば、どんな楽器でも作れるので、ルティエと書いていれば、
最高の楽器製作家というのが本来の意味だったのですが。


私も。数年前に似たような経験があります。

丹波市で 私の作ったチェンバロと、京都の方だったと思うのですが、
その方が作られたヴァイオリンでコンサートがありました。

コンサートが終わって、その方と話しをしました。

「私はチェンバロも作っていますが、ガンバを作ることのほうが多くて、
頼まれてバロックヴァイオリン、も作っています」と言うと、その方は驚かれて
「ヴァイオリンとガンバは違うのですよ!」と言われるのです。

私も「もちろん ヴァイオリンとガンバは違いますから、違うように作っています」
と言いました。さらに、「いくら違うと言っても、リュートとギターほどの違いは無いでしょう」
とも言いました。
そう言うと、「いや、リュートとギター以上に違う」と言われるのです。

最初に話を聞いたときに、「では、あなたはガンバもヴァイリンも作って、
その違いが分かってそういう話をされるのですね」と言おうとも思ったのですが、
もちろん、ガンバを作るどころか、弾いたことも無いと思いますので、
リュートとギターとの例えを持ち出しました。

私はギターもリュートも作っているのでその違いは分かっています。
その上でガンバとヴァイオリンとの違いを話させていただいたのです。
と言おうとも思ったのですが、「いや、リュートとギター以上に違う」
と言われた時点で、話にならなさそうなので、話は辞めました。

もちろんその方が、リュートもギターも作ったことが無いのは明らかです。
弾いたこともないかもしれません。

イメージですが、「ガンバを作っている人間にヴァイオリンのような高級な楽器は作れるわけが無い」
とそんな雰囲気に感じました。

いつも、このような事を言って、素人さんとか他の方を言いくるめている方、だと思いました。

また、ガンバを作り始めた40年近く前、
弦を分けてもらいに大阪の大きなヴァイオリン専門の楽器屋さんに行きました。

私が始めて作った楽器を見て、社長さんは「これだけ良い楽器が出来るのなら、
是非 弦楽器製作者協会に入ってほしい」と言われました。

この3週間で作った楽器は今、広島で、元気に鳴っています。ずっと使ってくれています。

でも、私の友人が行くと、「ガンバなんか箱を作って、弦を張れば出来る簡単な楽器ですよ」
と言っていたそうです。(社長さんではなく、その店の職人さんだと思います)

私は日本のヴァイオリン製作家は一人しかいないと思っていました。でも、私の知らない人で作っている人もいるかもしれませんから、数人かな?と思っています。

私の知っている数少ない、製作家は 高槻の岩井さんです。

彼は修理はせずに、ヴァイオリン製作で生計を成り立たせていると聞いています。

では、沢山いるとされるヴァイオリン製作家の方はどうでしょうか?
修理、調整で生計を立てて、修理の合間にヴァイオリンを作っている方が多いと思います。
その比率は(製作と修理の)人によって違うと思いますが。

売るための楽器を作るより、修理で収入を得ながら、自分で気に入った、
最高の楽器を作ろうとされているのかもしれません。

修理、調整がメインでほとんどヴァイオリンを作っていない方でも、
私はヴァイオリン製作家です、と言う方がいらっしゃいます。

自分が作った楽器ではないが、何億もする楽器、ヴァイオリンを私は作っているのだと、
いうプライドをお持ちなのでしょうね。


長々となってしまいましたが、今まで教えてもらったことや、習ったことに囚われず,
もっと自由に、いろんなことを考えて作ればよいのでは?

そして、原点に発ち返って作ればもっと、ストラッドに近い楽器が出来るのではないかと、
私は思っています。ギターでも。


  1. 2013/06/23(日) 00:00:39|
  2. ギター
  3. | コメント:5
<<コメントをいただいて 楽器をコピーすることなど | ホーム | 沢山コメントをいただいてありがとうございます。>>

コメント

平山様、たびたび私が以前から疑問に思っていた点についてコメントをいただき、ありがとうございました。
いかに楽器製作が難しいかよくわかりました。なにかの本で、音に関しては仮組みした時点で弦を張り、音が理想な状態になるまで、表面板のあちらを削り、こちらを削りと試しながら調整していくとかありました。タッピングである程度わかるそうですが、完全な完成になる前でも、いろいろと調整があり大変なことだと思いました。

 私も、ストラドは製作当初からすばらしいものだったと思います。それが、250年以上の経年変化と名演奏家の長年の弾き込みで、磨きがかかったのだと思います。
 ということは、現在も良心的に製作された楽器でも、今後の経年変化と良い弾き込みにより熟成されていくものだと思います。

 ただ単に古い木材を使用してるだけでは良く鳴らないということも意外でした。何らかの楽器であった古い木材が理想とのことで、古いピアノとか、チェンバロの響板が見つかれば、それが入手できれば良いなと思います。

 自分が弾き込める時間は有限ですから、250年も待ってられません。ある程度最初から100年も弾き込んでいるかのような楽器が欲しいものです。
 そのための製作者さんたちの意欲的な取り組みに期待したいものです。
  1. URL |
  2. 2013/06/23(日) 19:04:41 |
  3. viorin #-
  4. [ 編集 ]

走り書きですみません・・前もってのゴメン。

とても率直な視点の意見でいいですね。
結果がよければ何かを規範にして修行をしても、そうでなくてもいいのかもな~と曖昧なことを思います。ルネッサンスの文化そのものかギリシャををめざしてあらぬ方向に行って、結果オーライかもね。ベニスのそのころの楽器もすばらしい誤解にもとづいているのかも。結局はリューティエや音楽家個人の器量の問題なのかもね。
一昨日はローザンヌで友人のリュート バロックギター奏者イザベルと講演会。楽しかった。意見が違うほうが親しくなれる。彼女のバロックギターはオックスフォードではないほうのストラドのレプリカ、なかなか良くできています。これはこれでよいのだけれど、僕は単弦になったことをありがたく感じます。でもエールドクーには複弦がほしいかも~ 複弦その変異の時期だれど、すこし違う意見があるのです、それは前に話した革命年号表示の時期と重なっているのでエチケットだけを頼りにするとまちがった歴史になるのでは、と感じます。
バスティアの複弦の多くは1793から1805年に単弦に改造されています。でないと反革命分子とみなされて危険だったのかも、しかしエチケットは年号の混乱で革命歴の後に貼りなおされたものが多いように見えます。またマニアックですみません。 フランスの製作家の多くはブーシェさんやフリオラミレスもみなラプレボットを研究していますね、ブーシェさのバーはすこしその匂いがあるようにおもいます。
  1. URL |
  2. 2013/06/23(日) 19:18:59 |
  3. CABOTIN #ArGM.iJY
  4. [ 編集 ]

ご無沙汰してます

トーレスモデル、なんてよくありますよね。でも「少し取り入れてみましたがあとは自分の形です。」というのが殆どですね。色々なスタンスのものがあり、判別が難しいですね。名前だけトーレス付けてみましたに近いものも多いし・・・。
レプリカ>モデル>タイプ という感じですかね。
デンマークのケネス・ブロガーでという作家さんはトーレスの修復や研究を深くやっていて、重さまで一グラムと違わないレプリカを作っているそうです。(でも、その重さって経年によって軽くなった分は?とか考えるとまた違いそうですが・・。)弾いてみましたが、スペイン伝統工法でとても良いギターでしたよ。・・・しかし、元となったトーレスは弾いた事がないのでどれくらい近いのか分かりませんが・・・。
  1. URL |
  2. 2013/06/24(月) 00:46:14 |
  3. tanaka #-
  4. [ 編集 ]

目標とする楽器以上のものは作れない・・・・・・・・。ものすごく深い真理だと思いました。
 ハウザーやブーシェなど、トーレスを目標にどれほど多くの製作家が世界中におられるか想像もつきません。完全復刻モデルとか、精神性までフルコピーなどと宣伝される楽器はそこらじゅうにあります。
 厚さ、重さ、寸法の細部までフルコピーされたものでも、それそのものには絶対になり得ません。当然です。 
 では、製作者はなんのためにコピーしているのでしょうか。フルコピーモデルを作ると売れるからでしょうか。音が似るからというのでしょうか。

 自問自答してみると、究極のところ本当のことがわからないのではと感じます。

私は、過去の先人の仕事をよく観察し、そこから教訓、学ぶべきポイントを知り、現代のニーズに照らし合わせ、自分の独自の創造力を働かせ、時には直感とインスピレーションによって最高の楽器を作ることが理想だろうと考えるのです。

 そろそろコピーモデルという範疇を越えて、21世紀にふさわしい楽器、、、、、ふさわしいとは、ニーズのことです。求められるニーズによって新たな楽器を創造するのです。
 そのためには、過去に学ぶ姿勢はもちろん大事なことです。ですが、先人の仕事は全て完全ではありません。現代には何が必要で、不必要なのか、難しいですが、選別も必要と思います。

 ハウザーさんの話も出ていましたが、1937年以降も、様々な実験を後期までずっと試みていたということです。名工にしてこの謙虚さ、勉強熱心さには驚きます。

 さて、21世紀の新しいギターはどのような方向性のものが出てきますでしょうか。
楽しみです。
  1. URL |
  2. 2013/06/24(月) 22:35:09 |
  3. gavottenⅡ #-
  4. [ 編集 ]

なぜ、ストラッドを越えられないかとの問題定義に関して興味を持ちました。私も以前から関心のあることでしたので、私見をお話したいと思います。

 ご存知のように、ストラッドといえども、基はアマティの弟子であったとの系統がございます。
 さて、そもそもなぜストラッド信奉ができあがったかですが、有名な逸話には、ロンドンの楽器商の某兄弟の宣伝が大きい影響があったのでした。有名どころのパトロンなどの存在もあり、伝説化していったのです。

 私は、バロック時代の評価はバロック時代の活躍の使用者から割り出すのが妥当との立場です。
 一例を挙げるならば、バッハです。バッハは鍵盤楽器の名手にしてバイオリンの名手でもありました。その卓越した技量は、その無伴奏パルティータを見ても明らかです。
 バッハが使用した楽器は、ヤコプ・シュタイナーというアマティ系の制作者のもので、当時でも稀代の名器として重んじられたものでした。
 また、19世紀のある時までは、シュタイナーが名器の誉高く、ストラッドは影もないのです。それが、例の兄弟の宣伝効果もあり巧みに世の注目を集め、現代までその余韻醒めやらず続いている現況です。

 バッハは、リュート属にしても、ライプツヒの名工J.C.ホフマン制作のバロックリュートを所有しておりましたし、当時の名器と呼ばれるものは、金の出し惜しみをせず、購入していたとのことです。

 私は、ストラッドが固定観念だけの代物とまでは言いませんが、7割はその影響があると思っています。現代演奏家でさえ、その信奉から抜け出せないことになんとも複雑な思いなのです。
  1. URL |
  2. 2013/06/27(木) 18:58:04 |
  3. jacob #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (334)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR