古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

楽器を選ぶということ その他

楽器を選ぶということは難しいことだと思います。

楽器をどのように使うかにも、よりますし。

このブログでは、演奏のプロで、常に大きな会場で演奏する必要のあるレベルの人の話は、
ここでは関係ないとして、楽しみで弾いてられる、上手なアマチュアの方を中心に考えるのが、
良いかな?と思ったりもしますが、どうでしょうか?

プロの方は、自分で自分の楽器は選ばれるでしょうし、もし選んだ楽器が弾いているうちに
気に入らなくなっても、買い換えたり、新しく買うことも出来るでしょうから。

良い楽器の定義は、人によっても違うでしょうし、どの点を大事にしているかも違うと、
思いますが、音の立ち上がりが良く、音量のバランスも良く、ウルフなどはなるべく小さくて、
和音を弾いても、それぞれの音が別々に聞こえる、分離のよい楽器、そして、しっかり密度のある音
、延達性のある楽器など。

でも、これらは結局弾いている人が、判断してしまうと思うのですが、楽器に精通した先生でも、
先輩でも、プロの演奏家でも、良いのですが、この人と思える人と一緒に行って、楽器を弾いてもらって
前で、その音を聞くと言うのも、客観的に楽器が判断出来て良いと思います。

もちろん、タッチも違うので、買う本人の音とは違うと思うのですが、買い換えると言うことは、
良い楽器に買い換えるという場合がほとんどでしょうから、それまでの楽器より、音楽の幅が
広がると言うか、表現の幅が広がる楽器になると思うのです。

言い換えると、いろんな表現が出来る楽器が良い楽器だと思うのですが、その場合それまで使っていた
楽器では、気にならなかったタッチの違いとか、少しの力の入れ加減で、音が変わるような楽器になると
思うのです。ですから、楽器を持ち替えると、一時的に今まで弾けた曲が弾けなくなったり、
楽器をコントロールできなくなることもあります。

その時期を過ぎれば、タッチも変わって、表現の幅も広がって来る場合が多いようです。

ですから、以前の楽器とは違うタッチ、更に良いタッチになることを想定して、先生、先輩や
プロの方の音を聞かせていただいて、決めると言うのも、ひとつの方法だと思います。

タッチだけでなく、良い楽器を手にすると音楽も変わってきますし。
と言うか、変わらなければ、買い換えた意味が無いように思います。

でも、やはりこれからその楽器を演奏するのは、買う方ですから、買う方が良いと思う楽器を
選ぶことになることが多いと思います。ですから、信頼の置ける、この人!と言う方と
行くことをお勧めするのです。

ヴァイオリンなどで、オリジナルの高い楽器を買う人も、結局弾く人が、音の立ち上がりや、
早いパッセージを弾いても、音が濁らないとか、音の分離や、音の持っている魅力などで
選んでいると思います。そのために高いお金を出していると思います。
(レベルが違うかもしれませんが)

ヴァイオリンでは、オールドの楽器が沢山使われていて、億を越えるような楽器もありますが、
500万とか1000万とか普通に使っている楽器でもそのような値段がしています。

でも、ヴァイオリンの場合はオールドだと、10年20年使っても、値打ちが下がることは無く、
1000万で買った楽器が、10年使っていて、次に売る場合は2000万と言うこともありうるのです。
(1000万で買った楽器が実は100万の値打ちしかなかった、と言う場合もありますが、)

ですから、信頼の置ける楽器屋さんで、先生に楽器を選んでもらうと言うことが多いようです。

ギターだと、ヴァイオリンのように値段と実質の値打ちとかが、違うことは少ないと思うのですが、
楽器ですので、同じ製作家の楽器でも、出来不出来はあります。

これは、名器と呼ばれる楽器でもあると思います。

もちろん、このブログを読んでくださっている皆様は、
先入観やブランドで楽器を選んでいない人ばかりだと思っています。

あと、今の若いギタリストが置かれている立場から行くと、コンクールで優勝でもしないといけないので
難しい曲、とりあえず大きな音の楽器を選ぶということになりそうです。

昔だと、LPでも出してもらうか演奏会を聞きに行かないと、いろんな方の演奏は聞けませんでしたが、
今は、ネット社会で 特にユーチューブは使い方によっては良い武器だと思います。

実際に会場に行って、直接聞かないと分からないと言う方も居られるでしょうが、
売られている、商品化されたDVD でも無い限り、編集も修正もしていませんから、
音響の悪い会場で、また聞く場所も良くないところで聞くよりは、演奏は判断できると思います。

再生回数は少ないけれど、とても良い演奏があったりします。
でも、ほとんど一回聞けば充分と言う演奏が多いと言うのも、私の感想です。

本当に、良い演奏をしていれば、分かる人も増えてくるでしょうし、話題にもなってくると思います。

でも、ユーチューブの演奏でも、演奏の良し悪しを自分で判断できる人は少ないようですね。

特にギターは、ギター音楽になっていたり、器楽、和声楽器としての演奏が多いようです。

それと、左手がフレットの近くを押さえるのは当たり前ということを、コメントで書いてくださった
方もいらっしゃいますが、多くの映像ではそうでもないようです。

セゴビアさん、ジョンさん、ブリームさん、イエペスさんなどの映像も結構残っているのに、
と思います。

この、一因は弦長にあるようにも思います。

指が届かないから、押さえられていないという映像が結構多いように思います。

そんなに届かないなら、もっと簡単に曲を弾けばよいのに、と思ったり。

ということで、弦長61センチくらいで音楽を表現できるような楽器を早く作らないといけない、
と思っています。

あと、ギュンター・ヘルビッヒさんのことですが、彼はガンバしか作りませんでしたから、
一般的な知名度は全然ありません。彼が、ヴァイオリンやギターを作っていれば
もっと名前が知られていたと思います。


今回は、特に取り留めの無い話になったようです。
コメントを読ませていただいて次のブログではこんなことを書こうと、
書き始めるのですが、書いているうちに違う方向に走ったりするようです。

ブログですのでそのほうが面白いことになるかもしれません。
あっちに行ったり、こっちに行ったりするかもしれませんが、
よろしくお願いします。









  1. 2013/03/28(木) 00:50:32|
  2. ギター
  3. | コメント:6
<<演奏会を聞いて | ホーム | コメントと新しいアイデア>>

コメント

平山様の言われるように上手なアマチュア対象で結構だと思います。
 楽器の選定に関しては好みもあるので、個人がこうあるべしと断定もできませんが、ひとつ楽器自体について興味がるのですが、例の板を燻して使用する件です。その効果はエイジング効果もあるのでしょうか。

 よく田舎に行きますと、囲炉裏の煙で檜が真っ黒に焼けた梁や柱をみかけますが、江戸期から続くような旧家の木材も楽器に使かえないかよく考えています。
 どうなんでしょうか。トウヒじゃなきゃだめですかね。

楽器の裏、表面板などに人工的な処置で400年の経年効果が実現できれば特許ものではありませんか。

 平山様の意欲的作品をいつか見て、弾いてみたいですね。
  1. URL |
  2. 2013/03/28(木) 19:35:37 |
  3. gavottenⅡ #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして。
 楽器の選択ほど難しいものはないですね。理想の楽器を見つた人は幸いである。一生かかっても、見つからず、次から次へと遍歴を重ねる人の方が多いのではと思う。
 かくいう私も今まで国内外で弾いては売って、弾いては売ってと数十回に渡る。でも、もうこれが最後のというものは手にしていない。性格が飽きっぽいとかの問題ではない。初めは良いが次第に音色に満足できなくなる。
 弾きこめば、もっとよくなる、出て欲しい音に変わってくる、ということはあるにはあると思うが、経年的な変化で枯れた味わいなどというのは、自分が生きている間には実現できないものである。19世紀オリジナルでも入手して、手を入れて弾き込むほうがまだ楽かもしれない。
 私は、個人的には今までドイツの友人の所有する楽器(彼はコレクターでもある)を試奏してきた中では、モダンであれば1930年代の楽器の音に特質すべき音色があったし、また、リュートであれば1970年代初頭の英国製のものに良いものが多かったように思う。個人的な好みの影響ももちろんあろうかと思うが、海外オークションサイトでは注意深くアンテナを張っていれば良いものを発見できるチャンスはある。
 私は新作で、そのような経年的な変化と同等な効果で、自分の満足する楽器が欲しいと願っているわけだが、前記のオークションの出物といっても、前オーナーの気が入ってるし、初めから自分が育てていきたいとも思うのである。
 プロでも、アマでも、今自分が所有している楽器に心底満足しているだろうか。完全な満足はありえないと思う。ずっと遍歴をするしかないのか。
 人間が作るものに完全はないし、そこがまた俗っぽくて良いのかなと最近思っている。ならばどこかで妥協して最後の1本というのを決めようかなと。
 
  1. URL |
  2. 2013/03/30(土) 16:23:11 |
  3. localxx2 #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。先ほどフランスのコンサート旅行からもどりました。楽器はわけあって平山さんの楽器をもっていけず
パノルモ、Hさんの低弦にサバレスのコートされたガット弦。期せずして楽器と私には一個所でとても面白い経験を
しました。教会・・ほぼカテドラルにちかい大きさのところでアランフェス、リハーサルもなく、舞台のひと
「ここではマイクをいれないとダメだよ」という進言に従う他ない。ところがですね、あとで聞いたら、事故で三楽章以外は
マイクがはいってなかったのだそう、録音を確かめなければ分からないけれど、マイク無しのアランフェスは久しぶり(昔はほとんどそうでした)
でとても気持ちがよかった。たぶんギターにとっては最悪の条件なので ずいぶん勉強になりました。といって気がついていなかったんだけれどね。

http://www.koube.jp/2013Mars/30Mars2013Aran.jpg
http://www.koube.jp/2013Mars/30Mara2013.jpg
  1. URL |
  2. 2013/04/04(木) 19:12:55 |
  3. CABOTIN #ArGM.iJY
  4. [ 編集 ]

バイオリンだけが、なぜこうも数億とかの超高額な値がつくのでしょうか。
 昔は、ラベルの張替えでニセモノが本物として鑑定証付きで数億とか、実にいいかげんで、だまされた人がいたそうです。
 鑑定証も信用できないなら、最後は見極める確かな耳と目しかないです。
数多くある楽器の中でも、バイオリンほど怖いものはない。
 19世紀ギターでも、ラベルはないが、ミルクールとか、プチジャンとか、無銘で、メーカーを特定したりしていますが、これもどうなんでしょう。楽器は古そうにエイジング加工がうまくできるそうですし、オリジナルかどうかも怪しいものです。しかしまあ、ニセモノでも、弾いて良ければよしとするのも一興でしょう。バイオリンほどの値がつくものなんて無いですし。

 演奏家にとって、いわゆる名器を持つことが、自分の仕事をする上での必須ツール(名器所有というステイタスのこと)なのでしょう。名器で人を集めるのは仕方ないことです。客の立場からも、名器の音をぜひ聞きたいという気持ちはある。

 バイオリンのストラドも含めて、ギターにしても、特に日本には、ヨーロッパの名器が本当によく集まっている国だと思います。世界でもめずらしいと思います。
日本人の国民性として、舶来崇拝とも相まって、とにかく舶来名品に目がないことがよくわかります。財団までできて、若手に貸し出すくらいですから、まあめぐまれた国です。
  1. URL |
  2. 2013/04/04(木) 19:52:35 |
  3. 小鍛冶屋 #-
  4. [ 編集 ]

名器の条件

こんばんは。名器の条件はなんだろうと考えてみました。
 前の投稿には、先入観という話がありました。それは抜きにして本当の名器の条件とは、私は下記だと思います。
 
※ 正確な音程の弦が選定されていることが、前提なのは言うまでもない。

1.弾く場所によって明確に鋭敏に音色が変わること
2.発音が早く、特に3弦を押弦した場合に詰まった音色にならないこと
3.ヴォルフはG近辺でも良いが突出しないこと
4.全てのポジションで明瞭に発音すること。(12フレットも例外ではない)
5.和音の分離が良いこと
6.高音はクリスタルトーンで濁りのないクリーンな音色であること
7.倍音は極力、抑えられていること
8.外観の木工的技術レベルが高く製作され、美観上も最高の美的センスにあふれていること
9.使用材料は、充分にシーズニングされた冬目の強い極上のドイツトウヒと、柾目の最高級リオジャカランダが使用されていること
10.長年の使用に耐えるように充分に配慮させれた設計で、いたずらに薄厚な寸法にせず、充分な板厚が確保されていること。また、ニカワの接着効果、フレンチポリッシュなど、音響に効果的な工法が採用されていること

 以上が、私が楽器に要求する名器の条件である。上記の1~11が妥協なく実現されているならば、まさに最極上の名器である。

 しかし、一般の愛好家はなかなか、そのような名器を所有できないのが普通である。製作者も、そう簡単に作れないのが実情である。だから、あくなき名器を求めて果てしなき遍歴が始まるのである。
それでも、名器を見つけたら、たとえ数百万でも払ってでも所有できようか。多くは諸事情上、無理な場合がほとんどであろう。
 どこかで妥協せざるをえないのが実情である、というのが実感である。
  1. URL |
  2. 2013/04/05(金) 19:31:26 |
  3. 山人 #-
  4. [ 編集 ]

名器の条件というなんとも解答があるようで、難しい問題です。

 弾き手が、弦から指が離れた瞬間は、楽器自体が鳴っているわけで、そこからは楽器の本領となるところです。
 名器とは、名手と一心同体でもあります。弦に指が触れている瞬間は演奏家の領分の割合が大きいです。
 良い音とは、指のスピードによって決まります。弦離れの良さといってもよいです。
指離れのスピードが速いほど輝かしい音として、遠鳴りさせるような音色となります。
 ですから、愚鈍な楽器をお使いでも、指離れを早くさせれば、良く聞こえます。
文章ですと難しいのですが。
 ここで、勘違いをされると困るのですが、音価はちゃんと守ってが前提です。その上で、弦に接触した瞬間、接触している時間を短くして、接触力と時間の積の力積を最大にさせることです。
 これは、ギターに限らず、リュートを演奏する場合でも同様なのです。リュートでは深いタッチで弦が指に巻きつくような感触ですが、弾弦はごく短い時間の接触です。接触の瞬間に弾ききることです。

 セゴビアは、この技術の天才で、指に深くかけてはいるが、次の瞬間、短めの爪にすばやく抜けて、その瞬間に弾ききっています。

 名器を選ぶことも大事ですが、弾き方のコツの研究と実践のほうが先決です。

 最後に、私が、今の日本の演奏家で、その弾き方ですばらしい演奏をされている方は、ただひとり、N氏か知らないことを申し添えておきます。
  1. URL |
  2. 2013/04/06(土) 20:27:11 |
  3. 梅郷 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (337)
演奏会 (10)
その他 (21)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR