古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

ギターの魂柱について

ギターの魂柱について書かせていただく前に、cabotinさんから指摘いただいた、
今井信子さんの楽器について、誤解が無いように、書かせていただきます。

あの演奏会で私が感じた音についての感想は、あくまで私の感想です。
普段から、ガット弦を張った擦弦楽器を弾いて、聞いている私の感想で、
一般の方の感想とは違うと思います。
演奏はとにかく素晴らしいので、私の感想から、今井さんの演奏会に行かないで
おこうとは思わないで下さい。元々、スチール弦を張った、弦楽器の音は受け付けなかった
私の感想ですので。


と言うことで、本題のギターの魂柱についてです。

この件については、以前からcabotinさんから、課題をもらっている宿題のようなものなのです。
とても難しい、悩ましい問題なのですが、面白い問題だと思っています。


過去のギターに魂柱が立っていたかどうかは、私は調べた事がありませんので、わかりません。
実験的に立てた人はいるかもしれないが、実際には使われなかったのではないかと、
思っていたからでもあるのですが。

魂柱を立てる主な目的は、音の増大です。
駒を通じて、振動が伝わった表板だけを振動させるのではなく、魂柱を通じて、裏板にも
振動を伝え、楽器全体を鳴らそうという目的のために立てるのだと思います。

そのためには、裏板まで振動させる、エネルギーが必要となります。
一般的な擦弦楽器、ヴァイオリン属、ガンバ属では、弓を使っていつもエネルギーを弦に与え続ける
ことが出来ます。

それに比べて、ギターはご存知のように、弾弦時にエネルギーを与えるだけで、後は減衰するだけです。

それから、私はヴィオラ・ダ・ガンバやバロックヴァイオリンも作っています。
そして、中世に使われた、レベック、フィーデルと言った楽器も作っています。


これらの楽器で、ルネサンスガンバやレベック、中世フィーデルは魂柱が立っていません。
擦弦楽器なのですが。

魂柱が立っていないので、音も少し小さく、少しひなびた音がします。
これらの楽器に演奏会で使うため、そして他の楽器とのバランスをとるため、
魂柱を立てると、感覚的に2倍から3倍ほど音が大きくなったように感じます。

ただ、これらの楽器のうち、レベック(木の塊をくり抜いて胴体を作っています)を除くと
魂柱が立つような構造になっていません。

裏板がそうなのです。

ヴァイオリン属では、裏板も表板のように、分厚い木から削りだし、裏板全体が丈夫
になっているので、魂柱を立てても、裏板が支えることが出来ます。
ガンバやフィーデルは裏板が、ギターのようにフラットで、そんなに
分厚くはありません。

その、裏板に魂柱が当たると、その部分だけが凹んだり、音も裏板全体に広がりません。
その結果、楽器全体が鳴ると言うことがないのです。

その対策として、ガンバは裏板に当て板をしています。
材質は表板と同じ、ドイツ松です。

img016.jpg


写真の上の楽器内部が覗けるようになっていると分かりやすいと思いますが、魂柱が来る部分に
バスガンバだと、人によっても違いますが、幅8センチ厚み6ミリくらいの板がつきます。

この板によって、音が裏板全体に回るようになります。
非常に合理的です。

このような板がついていないギターでは、魂柱を立てることを前提に楽器は作られていなかった
と考えても良いと思います。

ストラッドのギターの話がでていましたが、同じ時代にストラッド以上に沢山の美しい楽器を作っていた
製作家がいます。ハンブルグのヨアヒム・ティルケです。

ヴァイオリン、ガンバ、リュート、(テオルボも)バリトン、ダモーレ、クイントン、ハンブルグシターン
などを作っていました。また、同じ楽器が2台と無いように、装飾も1台1台違う楽器を作っていました。

彼の作っていたギターは、ギターラバッテンテと呼ばれる、裏板がリュートのように膨らんだ楽器でした。
このギターに魂柱は立てるのが困難ですし、この頃の楽器には必ず、ロゼッタが付いていて、
サウンドホールから魂柱を立てるということが出来なかったので、ロゼッタを外すか、裏板をはがして
魂柱を立てるしかなかったと思います。

彼の作っていた、ガンバはバロックタイプなので当然魂柱は立っていますし、裏板の当て板もあります。
もし、魂柱が立っていたほうが良いと判断していたら、彼は魂柱を立てていたかもしれませんが。
もっとも、この時代のギターは複弦で、1本あたりの弦のテンションも低かったので、魂柱の必要性が
無かったのかもしれません。

また、バロックギターは今のギターとは違って、ラスゲアード奏法が中心でしたし、
歯切れの良い音のほうが良かったので、魂柱を使って鳴らすという、
発想は無かったかもしれません。


それから、ガンバでの場合です。

ガンバはルネサンスが魂柱無し、バロックは必ずありました。

と言うことで、魂柱の立っているバロックタイプのガンバをピチカートで弾いてみると、
音は鳴るのですが、魂柱に邪魔されて音は、直ぐ減衰しますし、小さな音しか出ません。

ガンバは一般的でないので、チェロとかヴァイオリンのピチカートを想像していただくと分かると思います。
ポンと音が鳴って、直ぐに音が減衰してしまいます。

ガンバの場合、フレットがありますので、チェロよりははっきりした音はしますが、音は大きくありませんし、
直ぐに消えてしまいます。
ところが、魂柱の立っていない、ルネサンスガンバはピチカートだと大きな音がしますし、減衰も長いです。

また、駒の形状が魂柱を立てる構造になっていないので、難しいと言うことがあります。

もしギターで魂柱を立てるとしたら、ポピュラーで良く使われる、アーチトップのテルピースが
付いていて、駒もヴァイオリンのように、脚が2箇所で表板に接触している形だと、
考えることが出来そうです。

同じような楽器が、ティルケさんが作っていた、ハンブルグシターンです。

img013.jpg


img014.jpg


この楽器だと、ヴァイオリンやガンバのように、魂柱は立てやすい、駒の構造です。
(でも、実際に立てるとなると、ロゼッタがあってかなり難しいです)

この楽器でもティルケさんは魂柱を立てていません。

シターンですから、鉄弦か真鍮弦でテンションもガット弦より高いので、魂柱をたてても、
エネルギーはガット弦より大きいので立てても良さそうですが。
(鉄弦も真鍮弦もチェンバロで使われていましたので、一般的な弦です)

音を大きくすると言うだけでなく、その楽器を使った音楽に合うかどうかも、魂柱の採用に
基準の大きな要素だと考えられます。

モダンのギターはバロック期のギターに比べて、1本あたりの弦のテンションは大きいので、
バロック期の楽器と比べても違うと言われそうですが、ガンバは6弦のもので、1本あたり
6キロから7キロのテンションですし、7弦だとほぼ8キロくらいです。
このテンションでも、魂柱が立っていると、逆に小さな音しかしませんので。

小型の19世紀ギターで、弦に与えたエネルギーが音になりきっていない場合など、
そのエネルギーを音に変えるために、魂柱を利用すると言うことは考えられます。
19世紀ギターだと、ロゼッタも無いので、魂柱は立てやすいですし。



次に、音の増大と言うより、音のバランスをとるため、低音弦の暴れを取るためなどに利用することは、
考えられます。

20年ほど前、私が作ったフォルテピアノを弾いていた、ピアニストがどうしても音のバランスをとりたい
と言うことで(他の演奏家はそんな指摘は誰もしていないのですが)
低音側の響板の上に小さな錘を載せて、バランスをとったことがあります。
少し鳴りすぎる音を小さくすることが出来ました。

これと同じような役割を細めの魂柱を立てることによって、鳴る音、鳴らない音のバランスは取れるように
思います。

でも、私のギターでは、裏板が薄く(最近では1.7ミリ程度ですから)魂柱を受け止めることが出来ません。

私の場合は、ライニングや横板、裏板の厚み、楽器の構造、設計で楽器を鳴らすように考えています。


また長くなってしまいましたが、思いつくままに書かせていただきましたが、もっと沢山の
ことを魂柱については考えています。

魂柱 まさに魂の柱ですね。

ちなみに英語では サウンドポスト 音の柱です。






  1. 2013/03/21(木) 12:33:54|
  2. ギター
  3. | コメント:1
<<トーレスさん、リュートの構造について | ホーム | 新作楽器について>>

コメント

やはり、昔の製作家はちゃんと考えて試してもいたのでしょう。
 CABOTINさんはストラドにポスト跡があったと述べておられたが、結局ギターには向かなかったので、すぐに外したと考えるのが妥当です。音の出方に邪魔になることもあるということです。
 ますますトーレスの構造こそ、欧州の製作家も参考にするほどの完成度であったのだということに確信が持てた。ただ、トーレスは注文主に応じて楽器にレベルをつけていたというのが、私には気に入らない点である。
 それにしても、世界で演奏の用に供することのできるトーレスは何台くらい現存しているのであろうか。オールドバイオリンには及ばないにしても、高額な値段でコレクターの収蔵品となってしまっていて、多くを目にすることができないのが残念である。
  1. URL |
  2. 2013/03/21(木) 16:33:17 |
  3. lutherie #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (331)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR