古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

2年前に作った 竹のパイプオルガンの動画がアップされました。

今回は、ギターから離れますが、

2年前に 九州天草にある、コレジオ館から依頼されて作った、竹のパイプのパイプオルガン
の動画がアップされました。

22年前に開館された時も、遣欧少年使節が持ち帰った楽器の復元製作を頼まれて、
ヴァージナルやフィーデル、レベックと言った楽器を沢山作らせていただきましたが、
その時から、いずれは日本人が400年以上も前に作った、パイプオルガンの復元製作が
出来れば、と言う話はお聞きしていたのですが、やっと2年前、コレジオ館開館20周年
の年に、作ることが出来ました。

一般的には、また専門家の間でも、日本に最初にパイプオルガンが入ってきたのは
大正時代と言われていましたが、今からおよそ430年に2台ポルタティーフオルガンですが
入ってきています。一台は安土に一台は大友宗麟の元に。

その10年後くらいには日本人がパイプオルガンを作っているのです。
パイプは竹でした。

詳しいことは私のHPに書かせていただいています

http://www.eonet.ne.jp/~kogakkihirayama/sankou/sankou.html#pipe


いろんな人から、形はHP上で分かるけど、音が聞きたいという話がありましたので、
天草まで行ったいただくのは遠いので、(でも何人かは天草まで行かれたそうです)
今回、私のHPを作っていただいている、太田さんにお願いしてユーチューブにアップしていただきました。

手持ちのヴィデオで撮ったものですから、音も本来の違うと思いますが、
雰囲気は分かっていただけると思います。


復元 日本人が400年以上前に作った竹のパイプオルガン(1)
http://youtu.be/gzadgU7q8Jc

復元 日本人が400年以上前に作った竹のパイプオルガン(2)
http://youtu.be/QNokJyQ7cC0


(1)がオルガンソロで、(2)が歌と一緒に演奏しています。
(2)は私がふいごを動かしています。

興味のある方はどうぞご覧下さい。
  1. 2012/12/25(火) 10:19:28|
  2. その他
  3. | コメント:3
<<読み物 ギターの歴史 | ホーム | 弦の張力と音について>>

コメント

失礼します。

今年の春、コレジオ館で竹のパイプオルガンを拝見しました。
演奏会には仕事で行けなかったのですが
どんな音だろうとずっと思っていたので
ここで動画を見つけてビックリしました。
早速聴かせて頂きましたが
深みのある、きれいな音ですね。
機会があったらぜひ実際の音を聴きに行きたいと思います。
ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2012/12/28(金) 18:41:01 |
  3. よこた #5lgk84Pk
  4. [ 編集 ]

よこた様

コメントありがとうございました。
また、オルガンにも興味を持っていただき、
ありがとうございます。

私のHPに詳しく書かせていただいていますが、
竹のパイプは、オルガンのパイプの素材として
とても良いものだと思いました。

作るのに少し手間がかかりますが、
また、作ってみたいと思います。
  1. URL |
  2. 2013/01/02(水) 01:47:59 |
  3. こがっき #-
  4. [ 編集 ]

素敵な動画に感謝

天草まで行くことなく、パイプオルガンの音色を聴かせて頂き感謝です。

ビデオの質も良く、音も素直に録音されて、竹パイプオルガンの音色をよく味わうことが出来ました。
日本に伝わった頃の雰囲気が、よく表現されてあの時代を彷彿とさせる音でした。

尺八も竹(当たり前)ですので、柔らかい音に竹が合うのでしょうか。
  1. URL |
  2. 2013/01/22(火) 01:09:05 |
  3. GIGI #61NSZC8k
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (334)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR