古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

南港ギター展示会そして・・・

まず、最初に親指の怪我の経過報告をさせていただきます。

12日夜に縫合してもらって、21日に抜糸していただきました。
24日診ていただきましたが、これで病院に来なくてよいと言われました。

完全には直っていませんが、新しい皮膚が出来てきて、かさぶたが取れるまでは、
もう少し時間がかかりそうです。でも、炎症の痛みもほぼなくなり、ギターも弾ける状態です。
(22日、23日もギターは何時間か弾いていましたが。)

1年で最もよくギターを弾くのがこの展示会です。
今年に入って、トータルで1時間もギターは弾いていませんが、
両日で3時間くらいは弾いていますので。

本当に皆様に心配をおかけしましたが、何とか目標の
3週間の半分でほぼ直りましたので、ありがとうございました。


さて、本題の22日、23日の南港での展示会です。

展示の部も、展示楽器の演奏も年々少しずつ盛況になって来ました。

2017 4 26 2
大きい部屋での展示楽器の演奏


2017 4 26 3
私の展示ブースです。
楽器保護のためと、雰囲気を出すためにいつもの布がかかっています。

2017 4 26 4

私達は別室のような感じの所で展示です。
少ない人数なので、ゆっくり試奏もしていただけました。

今年は、野村先生の熱化学還元処理をした材料と、自然乾燥の材料で作ったギターの
比較ということで、興味を持ってくださった方も多かったように思います。

私の楽器に興味を持っていただく方は、やはり熱化学還元処理をした方の楽器が良い、
好みだと言われました。

でも、自然乾燥の楽器のほうが、気軽に弾けるとの声もありました。

私の考えるギターの完成形(楓での)に近づいている楽器は熱化学還元処理された楽器なので、
理解していただけた方が多かったのは、嬉しい事でした。



そして、今回の展示された楽器では、新しい方や、まだ作り始めて間がない方の楽器に
私の好きな楽器がありました。

作った方の演奏を聞かせていただいても、非常に音楽的な表現をされる方だったので、
なるほどと思いました。
外見や、仕上げはまだ、1台目ということで改良の余地は沢山ありましたが、
今回の展示楽器で私が一番弾きたい楽器でした。

昔、チェンバロ奏者、指揮者の鈴木雅明さんに言われた事があります。
「製作家の一番良い楽器は1台目の楽器」と。
その時は、「それじゃ、製作家は何のために更に良い楽器を作ろうと、努力しているのか、
分からない」と言いましたが。

でも、私も製作を始めるまでは演奏していました。
演奏する立場からだと、そういうことも感じていました。

知識や技術が無くても、製作した人の人間性や、才能は1台目に
一番よく現れていると思います。
ギターでも、同じ人が作れば、モデルが、ブーシェモデルでも、ハウザーモデルでも
その人の音がするように。

あと、2台目をやっと作り上げた、友人のお弟子さんも格段に良い楽器を作っていました。

ベテランの方々は、それぞれ自分の持ち味を更に深めて行っているようでした。

それと、少し嬉しい事が。

それは素晴らしいギターを作ってる友人が、弦長61センチのとても良いギターを
作られていたと言う事。
自分用ということでしたが、自分で使う時は更に半音下げて弾いているとも。
とてもバランスもよく、まとまりもあって、音楽的な表現が出来る楽器でした。
「こんな楽器が増えるといいね」とその友人と話をしていました。

それから、新しい出会いも。

神戸垂水でギターの弦を作ってられる、フィガロ株式会社の藪さんです。
フィガロということで、40年ほど前に、リュート用やガンバ用にガット弦を
作ってもらった会社と同じ名前なので、お聞きすると「それは、私の父です」
と言う事でした。

試作の低音弦をいただきました。
また、ギターに張って試させていただこうと思っています。

製品として、ギター弦を作ってられるので、知識も沢山お持ちで
良い弦を作りたいと言う熱意のある方でした。
もうすぐ、市販されるそうです。
私は、高音用の弦が楽しみなのですが。

そして、私も考えている事、チェロやヴァイオリンの弦のように、平たい巻き弦は
出来ないかと言う事も聞きましたが、すでに実験されているようです。
でも、なかなか難しいとの事でした。


それと、沢山のギターを弾かせていただきましたが、3本に1本くらい
5弦が不良振動しているのです。

良い楽器なのに,5弦が不良振動していて、楽器の価値を損ねているギターも
結構ありました。残念な事ですが。

これも、楽器が弾ける、正しく弾けることで、すぐに分かると思うのですが。

ここで、正しい振動している弦の見分け方を少し。

弾いてみて、耳で聞いてもよく分かるのですが、新しい楽器だと
楽器のせいかも?と思ってしまうこともあると思います。
(楽器が正しい振動をさせないようにしている、楽器もありますので。)

その場合は、正面から弦の振動を見るのです。
正しい振動をしていると、弦の振動の一番外側に弦が見えます。
外側に2本の弦が見えます。

不良振動していると、弦が何本にも見えます。
また、真ん中に見える弦が動いたり、移動したりします。

6弦は質量の関係か不良弦は少ないので、6弦と見比べるとよく分かります。

私は、何年も弦を張りっ放しにしていますが、不良振動を起こし始めると替えますし、
張ったばかりの弦でも、不良振動しているとその弦は使いません。

最後に、今日の篠山の桜です。
2017 4 26 1
八重桜は、今が旬です。


  1. 2017/04/27(木) 00:48:35|
  2. ギター
  3. | コメント:1

だんだん良くなっています。


皆さんに心配をおかけしましたが、怪我は段々良くなっています。
心配していた,化膿はなく、痛みもほとんどありません。傷口もふさがって来ています。

今日は、2日ぶりに病院で診てもらいます。診察までの待ち時間に原稿を作っています。

15日は神戸でガンバ協会の催しがありました。
春のコンソートの会です。以前から参加すると言ってましたので、
行かないと指の怪我が、かなり悪いのでは?と心配かけてはいけないと思い参加しました。

元々コンソートに参加するのが目的で無くて、ボランティアで、楽器のメンテナンスや楽器を持たずに参加された方の為に
トレブル、テナー、バスガンバを持って行くことでした。修理させていただいた楽器を渡す用件もありましたので。

フレット巻きなど、私が出来ないこともあるので、お弟子さんに来てもらっていましたが、
あまりメンテナンスはなく、駒の傾きの調整や、フレット調整くらいでした。

左手親指が使えないので、トレブルぐらいが弾けるかな?と思っていましたが。

懇親会とフリーコンソートの時間です。

2017 4 17 002

結局,私も最後にダウランドの曲(ギボンズやバードに比べて、一曲が短いので、だめな場合直ぐに替わってもらえるので)
7つのラクリメその他10曲くらい初見ですが、弾きました。
親指を使わなくても弾けるのですが、ポジションの確定のために親指は使うので、普段とは違う演奏になりましたが、
結構楽しめました。

弾かないでおくと、「やはり平山さんはかなり悪いのでは?」と心配をかけてはいけないと思い、
演奏したと言うのが本音です。でも、コンソートは楽しかったです。
今年初めてガンバを弾いたのですが。

このブログを見てくださっている方に、少しは役に立つ事かも?と言う事も、書かせていただきます。

それは、怪我の時の処置です。

私は、約10年 野口晴哉先生の整体を勉強させていただき、その他霊気、西式なども勉強させていただきました。

これは,主に西式の考えですが、指を切った場合、心臓よりなるべく高い位置に指を上げて、
振ると出血も少なく、痛みも少なくなり直りも早いのです。なるべく、細かく振動の感じです。

その後、霊気や野口先生の整体で行っている、手のひらから気を送って、痛みを少なくし、直りを早くするのです。
野口先生の整体だと、愉気と言ってます。息を吐くときに気が出やすいので、
ゆっくり、息を吐きながら、手のひらから気が出るイメージで行います。

ですので、切った直ぐ後も、出血もそんなに無く、痛みも10針縫う怪我だったのですが、
針で少し刺した程度でした。(病院に行かなくて、直そうと思ったこともあるのですが、
丸鋸で切ったので、傷口が複雑だったため、病院に行きました)

こんな事は、民間療法で気休めだと言う方もいらっしゃると思いますが、
お金もかかりませんし、悪くなる事は無いと思いますので、試してみる方は
どうぞ、やってみてください。

怪我の直後でないと、愉気を行うと,患部が痛む場合もありますが、これは愉気が
効いている証拠です。

霊気を勉強している人の間では、怪我ややけどにはとても効果的で
虫歯などの痛みも少なくなるので、とても助かっている、と言う人が
沢山いました。

聞きかじりの、生兵法は良くない、と考える方はゆっくり、しっかり調べてみてください。

では、次回はギターのお話をさせていただく予定です。





  1. 2017/04/17(月) 14:17:22|
  2. その他
  3. | コメント:1

やってしまいました

昨日、夕方 友人に頼まれていた楓の木を製材していたところ、
うっかり、他の事を考えていて、丸鋸(テーブルソー)で親指を切ってしまいました。

10針縫いましたが、丸鋸で切ったので、切り口が複雑で3週間ほどかかるとのことです。

夕方、夜間と言う事で何軒か病院に問い合わせて、やっと近くですぐに見てもらえるところがありました。
30年ほど病院に言った事は無く、10年ほど前に一度耳くそが鼓膜に当たってうるさいので取ってもらったくらいです。
保険証も使っていなかったので、大急ぎで探して病院に行きました。

幸い、すぐに手術してくださって、(夜間救急手術と言う事で)昨日は痛みもありませんでした。
むしろ、今日のほうが包帯をきつく巻いてもらったようで、少し痛みがあるくらいです。

2017 4 13
2017 4 13

包帯でぐるぐる巻きです。

丸鋸は事故が起こりやすいので、切る時は切ることに集中しているのですが、
今回はうっかり他の事を考えていました。

今まで、楽器を作っている時に怪我をした事はありませんでした。
今回も楽器では無かったので、楽器製作時の怪我はまだ無いということですが、
初めての、手術でした。

昨日は、今日も朝早くから病院で診てもらうということで、12時くらいで仕事を終えました。

もっと、大きな事故を起こさないようにとの、警告と考えてこれからは、気をつけて
作業しようと思っています。


  1. 2017/04/13(木) 11:08:59|
  2. その他
  3. | コメント:2

久しぶりの更新

あっという間に、一ヶ月が過ぎていました。

3月は九州行きとか、年度末の仕事とかいろいろありました。

前回、案内させていただいた演奏会の報告も。

宝塚ベガホールで開かれた、田村義一さん、バッハコンクールで1位になった富田一樹さんたちの演奏会
オルガンと、リコーダーオーケストラとチェンバロではなかなかバランスが取れませんが、バラエティにとんだ
曲目で楽しい演奏会でした。

2017-3-16 004

2017-3-16

リハーサル中です。

大阪音大の音楽博物館が本校に移転して、楽器も安定したということで、
チェンバロの調整、調律に行ってきました。

今話題の、森友学園の隣に音楽博物館があります。


2017 3 25 005

記念にとって来ました。

九州から、修理のために持ち帰ったオルガンです。
一般的な足踏みオルガンは吸い込みしきなのですが、この楽器はハルモニウムと言って
吐き出し式です。
パイプオルガンと内部構造はよく似ていて、息の漏れがあってはならない構造です。
友人の自動ピアノとかオルゴールにも詳しい調律師の仕事場で手伝ってもらいながら、分解していきました。

2017-3-16 005

調査のために分解していきましたが、フイゴとか鍵盤手間がかかりそうです。
天草崎津教会を作った神父さんがもっと来られた楽器なので、何とか修理したいと思っています。

次回はもう少し早く更新させていただこうと思っています。

ギターの事、ソルさんのことなど。



  1. 2017/04/02(日) 00:02:01|
  2. ギター
  3. | コメント:1

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (331)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR