古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

体に合ったサイズの楽器を弾くシリーズ その2 チェロ について の補足

前から書かせていただこうと思っていましたので、続けて書かせていただきます。

チェロを始めて 20時間 の演奏をユーチューブにアップしてから余りチェロは弾いていません。
でもタイトルに関係したようなことについて、いくつか体験しましたので書かせていただきます。

先日、といってもかなり前ですが、バロックヴァイオリンを見たい方が来られて、チェロもやっているということで
チェロを弾いてもらいました。

そうすると、エンドピンを充分に伸ばして、チェロの肩を肩甲骨のあたりで支えて、とか一般的なチェロ奏法
を教えてくださいます。

それからすると、バロックチェロのように楽器を立てて、体に密着させて演奏するのは、有り得ないことのようでした。

まして、3/4 の楽器を使うということは、モダンチェロ奏法では考えられないようです。

3/4のチェロと言うと、身長が 135センチから155センチの方が使うのが一般的だとされています。
ですので、160センチを超えている、一般的な日本人の大人は 4/4 を弾くのが当たり前ということです。

でも弦長 63.5センチの3/4 と 69.5センチの 4/4 では、ギターで言う2フレットから5フレットの長さが
1センチほど違います。

具体的な数字をあげると、弦長 69.5センチだと2フレットと5フレットの差は 9.9センチ
人差し指を1フレットに拡張する場合は、13.5センチ
これに比べて 63.5センチだと それぞれ 9.0センチ12.4センチになります。

ギターの場合だと、弦長が65センチで、 9、2センチ 12.7センチです。

たった1センチかもしれませんが、フレットがないチェロでは、その1センチの差が大きいのです。
ギターだとフレットから離れていても、音は出ますがチェロの場合本来の場所に指を持っていかないといけませんので。

2フレットに 人差し指 5フレットに 小指を持ってくるのが、ファーストポジションなのですが、
私は精一杯広げても、人差し指と小指は14センチくらいなので、3/4 の弦長が合っていると思っています。
精一杯広げなくても弾きたいので。

それと、この記事を書こうと思ったのは、私のブログをよく読んでくださっている、ブログ友達の方が
小さい楽器で始めるのは、ずるするようで、いやな感じだ、というようなことを書かれていました。
私はそんなことは考えたこともなかったので、考えてしまいました。

どっちみち、チェロは飛んだり跳ねたりするので、とも。

でも、少し歳を取られてから始める方で、実際に ガンバを トレブルから始め、テナーにバスガンバの弦を張り
それに慣れてから,6弦の小型のガンバに移られた方がいます。(最近は大型の7弦ガンバを弾きたいと
言われています)

昨年からガンバを始めた方も、とりあえず テナーガンバですが、弦を張り替えてバスガンバの調弦にして
使ってもらっています。

楽器に慣れたら(チェロのようにエンドピンがなく、体で保持することも最初は大変なので、そして指も
弦楽器が初めての人にとっては、広げるのが大変なので、少しづつ楽器に慣れて、指を広げてもらっています)
本来のバスガンバを弾いてもらおうと考えていますが。

私の周りの友人たちには、チェロもガンバもバロックっチェロも弾く人がいます。
またチェロ奏者でもバロックとモダン両方弾く人が多いのですが、その人たちも
モダンは4/4 バロックは 3/4または 7/8という人が多いのです。

歳を取ってから、あこがれのチェロを始めたいという方には3/4 で ガット弦を張った、クラッシクくらいのコンディション
の楽器を勧めています。これだとエンドピンもありますし。

ガット弦を張った3/4 だと、弦の張力も弱くて、ガット弦だと、弦を弓で捕まえることも比較的簡単です。

それに、ガンバでビブラートをかけなくても音楽的な演奏は出来るように、
ガット弦だとビブラートをかけなくても、音楽的な音がするのです。
そうすると、初心者の方が、早くビブラートをかけなくては、と思わなくて済むのです。

モダンチェロがあんなにビブラートをかけるのは、有機質なガット弦に比べて
無機質なスチール弦では、ビブラートをかけるのは、必要悪のようなものだと
言う人もいるくらいですから。ビブラートをかけないとガットのような有機質な音がしないとも。

モダンの初心者で中途半端なビブラートをかけて、またポルタメンもをかけて
演奏していると、正確な音程を取れるまでには長い時間がかかると思います。

その点、ガット弦の小型の楽器だと比較的早く音程が取れるようになると思っているのですが。

音程がある程度取れるようになれば、楽器が大きくなっても体が反応してくれて
音程は取れると思います。

でも、これは チェロに何を求めているのかによって、変わってくるのかもしれません。
朗々と大きな音で鳴るチェロを弾きたいと思っている方には、回り道だと思われるかもしれません。

私などは、出来ればクラッシクのコンデションまでの楽器を弾きたいと思っているので、
このような事を考えるのでしょうか?





  1. 2016/03/17(木) 00:04:10|
  2. ギター
  3. | コメント:1

リュートの歴史的に正しい奏法 歴史的に正しい リュートとは?

先月、リュート愛好家と言われる方から、ブログメールフォーム経由で 忠告を受けました。

歴史あるリュートが一般の方に誤解されるので、演奏は極力控えてください。

と言うような内容です。

下手な演奏を人前でされると、リュートが誤解されるということかもしれませんが、
ブログメールフォーム経由ということは、ケンプスジーグをユーチューブでお聞きになった方かも知れない
と言うことで、ブログの記事にさせていただきました。
(フェリーの中とか演奏会の待ち時間に原稿を書かせていただきました)

リュート愛好家の方からすれば、ギターを弾く、片手間に下手なリュートを弾かれては、
リュートを誤解されると心配されたのかもしれません。

確かに歴史的に怪しい所も沢山あります。

このブログはギターを中心にしていますが、ギターに興味がある方にも、奏法の問題は何かの参考になるのでは?
と思い書かせていただきます。

まず、歴史的に怪しいところは

① 弦がガット弦でない。

ルネサンスリュートの頃はまだ巻線が生まれていない時だと思いますので、オールガットで低音弦まで
プレーンガットでした。

私は 音色的に近い、ナイルガット(ガットと同じ比重の化学合成弦)フロロカーボン 、ナイロン芯の巻線
を使っていますので。

② ダブルフレットでない

この分野で研究演奏をされている第一人者と言えば、イギリス在住の竹内太郎さんだと思います。
彼の研究では、多くの絵に見られるようにガンバのように ダブルフレットがリュートでも使われていたようです。

③ 小指を表板につけていない

これはルネサンスリュートの頃から、バロックリュートの時代、更に19世紀ギターの時代も
たくさんの絵からも一般的には表板に右手の小指をつけることになっていたようです。

でも、多くのリュート奏者の方も クリアーできていない方もいらっしゃると思います。

逆に本来の姿かもしれませんが、① ② ③ を守ってられる方は少ないのでは?
と思います。

では、この忠告をくださった方は何を持って、忠告されたのでしょうか?

1) それは、おそらく爪を使っていること。
2) そして、親指を手の内側に入れる、竹内太郎さんが 「親指内側奏法」
  と呼ばれている奏法でないこと

この2点だと思っているのですが。

この2点については、このブログを読んでくださっているギターをされている方も、
そのような認識かもしれませんので、少しだけ書かせていただきます。

思い込みや憶測で書いてしまうと、間違った情報を拡げることになりますので、
この方面でしっかり考察されて、実践されている専門家の意見を参考にさせていただきます。
(また少しだけ、竹内太郎さん、お考えお借りします)

竹内太郎さんの ホームページ 古楽器スターターのページ その3 右手のタッチ より引用させていただきます。

その中で、チラッと触れられている、

17世紀のイタリアではリュートやバロックギターでは
爪で弾かれていた場合も多かったのですが
、について


アレッサンドロ・ピチニーニの著書 Intavolstura di liuto (1639) et di chitarrone (1623)
の中で、彼は爪の使用を勧めています。

またトーマス・メースはMusik's Monument (1676)で指頭を使うことを好んでいましたが、
「コンソートでは爪を使って音を目立たさせることは認められる」とあるようです。

また、時代はこちらに近づきますが、フェランディーニは1799年の著書で爪を使った奏法を支持しているようです。
爪を使うことは、歴史的に絶対ありえないことではないのです。

私は 40年近くリュートを弾いてきました。

最初にシェーファー先生にレッスンを受けた時には、もちろん爪を使っていました。

でも先生の指頭奏法に惹かれて、直ぐに爪を切りました。

他の一緒にレッスンを受けた人たちもギター弾きだったので、爪を使っていましたが、皆直ぐに爪を切りました。

そうすると、シェーファー先生は「おお神風! 皆で爪を切るか」と言われました。

でも、他の方々はプロのギタリストだったので、直ぐにまた爪は伸ばしたようです。

私はその後約30年以上爪なしの指頭奏法でした。

ですので、楽器製作仲間の 松村さんが作ったギターを指頭で弾いて白い目で見られたこともありました。

指頭でもモダンギターでしっかりした音は出せるのですが。




そして、次に19世紀ギターでも使われる、親指内側奏法 はどうでしょうか?
 
16世紀初頭から半ばには使われていたようです。(竹内さんの話ではスペインを除くとありますが)

でも、1580年ころから親指を手の平側に入れない、親指外側奏法が使われ、
1600年頃には親指外側奏法が主流である、
と竹内さんは書かれています。

そして、ダウランドのリュート教則本では 親指外側奏法を「よりエレガントである」と推奨しているようです。
さらに、時代が現代に近づいて バロックリュートになると親指外側奏法のみが使われていました。

爪を使うと、親指内側奏法やフイゲタ (親指と人差し指を交互に使い、音階や旋律を演奏する奏法)
は使いにくいので、自然と親指外側奏法になっていました。

ほとんどリュートしか弾かない時は、爪をかなり短くして親指内側奏法で弾いていますが、ギターを弾く機会が
多くなったので、親指外側奏法になっています。

でも、1580年頃から使われ初めて1600年には主流だったということは、ケンプスジーグのケンプさんは
1594年か1955年から 1599年までシェクスピアの劇団で活躍していますので、親指外側奏法 でも
良い のではないかと思います。

19世紀ギターも指頭で弾く場合、親指内側奏法をとる演奏家を見かけますが、どちらかと言うと
もう時代は、親指外側奏法の時代だったと言えます。プラッテン婦人の絵のように。

この時代、爪を使う使わないは、アグアドさんとソルさんの例のように、自由だと思います。

いつの時代も自由だったかもしれませんが。










  1. 2016/03/16(水) 23:08:20|
  2. ギター
  3. | コメント:5

ギター展示会の案内

昨年も開かれました、大阪南港でのギター展示会 今年も行われます。

今年は、展示する製作家の数も昨年より10名ほど増えて更に、充実した展示会となっています。

そして、今年は名古屋から 大西達郎さんが来られます。
楽しみにしている製作家の一人です。

場所は昨年と同じ、南港 ATC ITM棟 9階 TBS エキシビジョンホールです。

もちろん、入場無料。

益田展行さんのリサイタルや 展示ギターによるコンサートもあります。

時間は 11時から 23日は18時まで 24日は17時までです。

コンサートなどの詳しいことは、チラシをご覧下さい。

クリックしていただくと大きくなりますので。


img062.jpg
img063.jpg
img064.jpg
img065.jpg

私は、64センチの1キロほどのいつものギターと、アトリエ平山 製の61センチ弦長の ギターを展示します。
  1. 2016/03/14(月) 00:57:59|
  2. ギター
  3. | コメント:0

コメントをいただいていて 



ブログの更新が遅くなってしまいました。
訪問してくださった方々、ありがとうございます。

忙しいのは、相変わらずなのですが、急ぐ 緊急手術のような仕事が続いていたり、
九州 あちこち 弾丸ツアーのような 仕事があったりして、時間と気持ちがなかなか
ブログに向きませんでした。もう少しすれば、やっと時間がゆっくり取れそうなので、
昨年夏から預かっている、ルネサンスリュート、バロックリュート、テオルボなどの修理に書かれそうです。

でも、また雑用が増えそうです。

今も、4つの地区の民生児童委員をしていますが、4月から自治会長の仕事も増えます。
自治会長は年齢順で行こうと決まっていますので、2年間はさらに雑用が増えそうです。
お世話が出来る時にさせていただいても、良いとは思うのですが、あまりにも忙しいので・・・・・

だいたい、365日の内 363日は働いています。
ただ、時間の融通はつきますので、なんとかやっています。

やっと、確定申告の書類にかかったところです。
15日までなので、コメントを頂いていたり、読んでくださっている方に
申し訳ないので少しだけ書かせていただきます。
と言うか、フェリーや 演奏会の待ち時間に書かせていただいた
原稿をまとめさせて頂くだけなのですが。

cabotin様 詳しいオレムス と エンジャ の解説をありがとうございました。

ご存知のこと、と断られていますが、私などにはボンヤリおぼろげに
理解していることをはっきりと教えていただきありがとうございました。

多くの方もそう思っているのではないでしょうか?

このような、知識と深い思慮からあのような、感動を呼ぶ演奏が出来るのだと思います。

タレガさんの評価については、まさにその通りで作曲家としてもっと評価をされるべき人だと思います。

誰だったか、もしタレガさんがギターでなくギター以外の楽器 (ピアノとか)で
作曲していたら今以上に作曲家としての評価は高かったのではないかと言われていますが、そう思います。

でも、私があまりタレガさんの曲を弾こうと思わなかったのは、
テクニックが不足していることが大きな原因なのですが、
それ以外に cabotin さんがおっしゃっているとおり,タレガさんの曲を通俗的に演奏されていることが多く、

そんな演奏を聞いてあまり弾きたくなかったのだと思います。

なんとなく、気恥ずかしい感じがしていました。

そして、比較的音の数が少ない小品が、テクニック的に簡単だと思われてしまって、
(音楽的には深い曲なのに)
初心者用の曲になってしまっていることも、その原因の一つだと思います。

弾くのが精一杯の状態で演奏されるべき曲達ではないように思っているのですが。

また、演奏家からの視点でコメントいただくとありがたいことですので、よろしくお願いいたします。

それと、話がそれますが、私のエンジャとオレムスの運指、曲を簡単に弾くことも目的の一つですが、
楽器の違い、弦の違いから、ハイポジションを使うより、ローポジションを使う方が当時の楽器
で演奏される音楽に近いのでは?とも思って運指を付けました。


Cabotinさんの演奏の裏にあるこのような裏付けや知識だけではなく、他にも深い演奏をされる理由を
あくまで、私の主観で書かせていただきます。

一つは、楽器のことです。

ご存知の方はご存知だと思うのですが、Cabotinさんは19世紀ギターを中心に使われています。
それも、名器の中の名器、私などは奇跡の楽器と呼ばせてもらっている、ギターを使われている
ことも要素の一つではないかと思うのです。

Cabotinさんの演奏を聞かせていただくと、まずその音の芯の強さや密度の高さを感じます。
音の美しさもとても良く感じるのですが。

よく私は基音と倍音の話をしますが、Cabotinさんの音を聞くと、実音と虚音という言葉を感じるのです。

19世紀ギターとモダンギターを使った演奏会などでは、とても良く感じます。

もちろん、演奏家の腕がなければ、このような音が出ないのは当たり前のことなのですが。

Cabotinさんは指や腕の力がとても強いのです。
その強い指で力を抜くからあのような美しい、芯のある音が出るのだと、思っています。

そして、使われている楽器だと、音が伸びるとか、減衰が長いというレベルでなく、弾いた音が更に
クレッシェンドするのです。減衰はとてもとても長くて。
そんな楽器でなければ、Cabotinさんの演奏、音楽は作れないのだと、聞かせていただくたびに思います。

そして、楽器や技術でないところでの話です。

本人さんからはなかなか答えて下さらない事だと思いますので、
プライバシーの問題が無い程度に書かせていただきます。

ギター以外の音楽にも精通されていることも大きいことだと思います。

そして、私などはLPやCDでしか聞くことが出来ない巨匠の演奏を生で聞かれているばかりでなく
親交もあり教えを受けたりされています。一つだけエピソードを。


演奏会のプログラムに載っていることなので、書かせていただいても構わないでしょうか?

それは、アランフェス協奏曲の作曲で有名なロドリーゴさんとの事です。

Cabotinさんは三十代の始めから、スペインのマリアカナルス国際コンクールの審査員をされています。
ギターコンクールでなく、ピアノもヴァイオリンも声楽もある、国際コンクールです。

スペインですから、もちろんロドリーゴさんも審査員をされていました。

Cabotinさんはロドリーゴさんの同僚として、審査されていました。

ロドリーゴさんのお茶目な面がよく分かるエピソードです。


スペインですから、ロドリーゴさんの曲も演奏されます。

そうすると、わかっていながら、「若いの」--Cabotinさんはそう呼ばれていたそうです。

-- 「この綺麗な曲は誰の曲だ」と聞かれるのです。

それに対して気の利いた答えを、その度にしなくてはいけないそうです。

そして、審査が終わるとCabotinさんに、Cabotinさんの答えに対する点数が書かれた紙切れが渡されたと。

プログラムに書かれていた事を読んだ記憶で書かせていただいていますので、
少し違っているかもしれませんが、大体このような内容だったと思います。

このような、経験をされたギタリストは世界に目を向けてもなかなかいないと、思います。

このような、色んな話を山のように聞いていますが、そんな話を聞かせていただく度に、
こんな経験をされたことも、あんな深い演奏が出来ることの要素の一つだと感じます。

Cabotinさんすみません、私の勝手な思いを書かせていただいて。

でも、このように ただ 技巧的な練習ばかりをするのでなく、もっと深いところで音楽を
感じてくれる、感じさせてくれるギタリストが増えてくれたら、との思いで書かせていただきました。

次回は 4月23,24日に南港で行われるギターの展示会の案内をさせていただきます。






  1. 2016/03/14(月) 00:46:04|
  2. ギター
  3. | コメント:0

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (337)
演奏会 (10)
その他 (21)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR