古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

エンジャと オレムス 簡単に弾くためのそして音楽的に弾くための  運指その2 

なんとか、楽器を仕上ようとしていて、弦を張って落ち着かせているところです。

11時半から練習を始めて、12時丁度に録画しました。1回限の録画です。
取り直していると、もっと良くなるとは思うのですが、運指のおかげでそんなに練習しなくても
良さそうです。

運指はもちろん音楽的な欲求から決まってくると思います。

そこで、演奏家でもない私の考えですので、間違っていたり、浅い考えかもしれませんが
少し書かせていただきます。

ブログ友達がこの曲のレッスンを受けたとき、カウントをかなり重要視されたレッスンだったと聞いています。

それは、ともすれば気分で弾いてしまいたい曲だからではないでしょうか?

気分に乗って弾いて弾いてしまうと、自分に酔ったような演奏になるからでしょうか?
自分に酔ってしまうと自分は良いが、聞いている人には酔っぱらいの演奏に聞こえたりしますから。

そんな気分にさせてくれる曲ではありますが。

私はもっとこの曲はシンプルに考えて、まず旋律を歌うことが最も大事!そのために

一例として、前回も エンジャの1段目の 最後のラと次のド を繋ぐためラの段階でセーハすること
にしました。運指はすべて歌い易くするためのものです。

次にオレムスに関しては低音の動きをよく聞くこと。

大きな音は必要ないと思うのですが、まず聞くことから
低音の旋律がつながってきて、歌えると思うのです。

つまり、主旋律と低音の旋律の綺麗な2声にしたいと考えています。

次にエンジャ に4箇所スラーが出てきますが、前回の録画ではスラーは
かけませんでした。

スラーという技法のためにここにスラー記号があると思わず、音楽的に音を繋ぐ手段として
また 前の音より後ろの音は小さくするという意味で使っていると思っていました。

もちろん、これは楽譜から見ると間違いでしょうが、不十分なスラーだと、かけないほうが
聞く方には音楽的に聞こえる。自然に聞こえることがある。
スラーをかけずに、スラーの意味を感じて演奏する方が良いのでは?とも思ったのです。

タレガさんの時代では、当然ガット弦でした。ガット弦は ナイロン弦に比べてスラーが出しやすい
と思います。(音に芯があって、弦自体も少し摩擦があるので)
そして、タレガさんはギターの名手ですから、彼の音楽的な表現としてスラーを楽々とかけて
弾いていたのでしょう。

でも、タレガさんよりはるかにテクニックのない、また滑りやすいナイロン弦の私たちはスラーの気持ちで
弾けば良いのでは?とも考えたわけです。

今回、エンジャの3段目 から 和音で上昇する所と、スラーで下降するところを
2音づつくくって弾きました。楽譜を読めばそのように感じたのです。

その場合4段目の 最初の小節 2拍目は セーハ 2 ではなく、上から 4 2 1 と使って
次の和音に小指 4 をスライドさせるほうが、セーハ2 から セーハ3に繋ぐより旋律は繋がりやすくなります。

オレムスに関して

1段目の2小節目の低音のソ を開放弦で使っていましたが、次の3小節目の始めの
低音のソ も開放弦にして弾くと、大切な主旋律が繋がりやすく、歌いやすくなります。

同じように 2段目の最初も セーハ 3 でなく 4 3 と使って2拍目の低音のソ
を3弦の開放弦で弾いたほうが、楽になるばかりか、最初の小節の低音の動きがスムーズに
繋がってきます。

かなり一般的な運指とは違ってきますが、音は変えることなく、減らすことは
していませんので、タレガさんがあの世から怒ってくることは無いと思っているのですが・・・・・・・

最後に練習30分の成果です。

今回はピッチを 440にしています (前回は 415のバロックピッチでした)

弦長 61センチだとこの方が良さそうです。




前回より中指の爪も伸びて 普通に弾けるので中指も結構使って弾いています。
単旋律を弾くときはタッチや音色を変えたくないので、つい同じ指を使ってしまいます。


良い曲を弾くきっかけを作ってくれた、ブログ友達に感謝です。




 
  1. 2016/02/20(土) 01:08:26|
  2. ギター
  3. | コメント:2

チェロを始めて20時間ほどになりました。練習法 その他

また、ニスを塗って乾かしている時間にブログの更新です。

チェロを始めて、20時間くらい経ちました。

なんとか、第1ポジションが掴みかけてきたところです。

チェロの第1一ポジションは ギターの2フレットに人差し指が来るポジションです。
1フレットに来れば、ハーフポジションです。

チェロはギターと違って、これ以上のポジションは拡張系があるので単純にポジションが分かりません。

そして、私の練習方法です。

楽器は3/4の 中国製の安い楽器です。
ケース弓がついて8万円くらいだったと思います。

でも、駒を替えて、ナットを替えて、エンドピンをカーボンにして、ペグはウイットナーのギアー内蔵に、
そして、弦はダダリオの プロアルテ ノーマルテンションです。

練習中のチェロの置き場所が無いので(仕事場なので)
チェロスタンドを買いましたが、エンドピンをしまわないといけないので、
そこら辺にあった木で嵩上げしました。重さもあるので安定しています。


1455201490272.jpg

見た目が良くないので、これもそこら辺にあったペイントを塗りました。

1455201477458.jpg

このスタンドに置くとちょうどエンドピンが床すれすれになっていますので、エンドピンの高さのチェックになります。


楽器の構え方は、いずれバロックチェロも弾きたいので、バロックチェロを構えた状態に近い
高さ角度です。

最近の奏法では、かなりチェロを寝かして、45度以上に寝かしているのも見かけます。

でも、これだとチェロの優位性が保たれないように思います。

ヴァイオリンのように、弓の先と根元では重さが変わります。

バロックボーを使いたいので、先が軽くなると音楽が作りにくいので
比較的立てている状態で保持します。

そして、椅子の高さを決め(膝が水平くらい)。

エンドピンの高さを決めます。

左手を力を抜いて、自然に第1ポジションに来るくらいの高さにしました。
でもなかなか決まりませんが、大体の場所には来ます。

次は左手の親指です。

私が入手した丁寧なチェロの教則本では、必ず中指のところに親指を持ってくるよう指示されています。

でも、私の手の特殊性で、こうすると 親指に付け根の筋肉が突っ張って、この形を保つだけで
疲れます、と言うか持ってこれないのです。

色んな、サイトを探していると、必ず中指のところに親指を持ってこなくても良いということが分かりました。

でも、人差し指の近くという事です。

で、結局 人差し指のところに親指を持ってくることにしました。
そうすると、第1ポジションで 半音下げる場合、人差し指を1フレットに持ってくる場合も
無理なく持っていけます。ガンバやギターに近い形ですし。

後は、音階 基本の ハ長調 と ト長調 ニ長調 などを少しさらって、
知っている曲を最初からやりました。

第1ポジションのハ長調 の曲を中心に。

で始めたのが、スカボロフェア、フォーレのエレジーの冒頭、ホルストのジュピター、
などの曲です。

面白そうなので、音出ししたのが アルハンブラの思い出、パッヘルベルのカノン、バッハの カンタータや
アイリッシュの懐かしい曲です。皆 8note.com で見つかりました。
アイリッシュの曲は、今から40年ほど前に、音楽を始めた頃仲間と良く演奏した曲で

思わず涙が出てくるほど、懐かしく嬉しかったです。
長いこと忘れていた曲で、もちろん楽譜もなかったですから。

そんなに知られていない曲が多いのですが、ぼちぼちまた動画で上げさせていただきます。
初めて聞く曲だと思いますが、どこかで聞いたような懐かしい曲ですので。

次に練習したのが、人差し指と小指の間隔です。
ギターで言うところの2フレットと5フレットの間隔です。

第1ポジションの人差し指の場所がなかなか決まらないので、
5フレットの小指は、下の弦のオクターブ上なのでチェックできますし、
3弦4弦は2フレットでそれぞれ、1弦2弦のオクターブ下なのでチェックできます。

1弦2弦の2フレットも、下の弦から行けば6度に当たるので
注意して聞けばチェックできます。

そして、フレット付きのチェロで自分の癖のチェックです。

1弦が全体に少し高めに取ってしまう。
2弦の中指が高め、3弦の人差し指が低めとか。

細いフレットを付けると、正しい場所でなければ音が出にくいのです。
フレットがなければ、どこでも音が出ますので指の感覚を鍛えるには
良い方法でした。

また、フレットがあるので親指の位置を確認できるのも良いことでした。


と言うことで、練習20時間ほどの成果です。



この曲は最近ほとんど弾いていませんでしたので、初見状態です。

次は ホルストの ジュピター チェロらしい曲なので 練習曲として始めました。



パソコンで音の準備をして 直ぐ音だしなので最初の音が不安です。

次は、最初に練習した フォーレのエレジーです。

チェロを始めたばかりの人間が弾く曲ではないのですが、40年以上前にLPで買った、
ジャクリーヌ・デュ・プレの演奏が好きだったので始めてみました。
彼女のこのLP は16歳の頃の録音ですが、このエレジーはもう少し後の録音だったと思います。

伴奏の電子音のピアノがあまりにも酷いので、伴奏はやめておこうかと思ったのですが、
せっかくあるので使いました。





やはりハイポジションが決まりません。
練習だともう少しは安定しているのですが、
時間がないので、録画は一回だけと決めていたので、お耳汚しの演奏ですみません。

お耳汚しついでに、もう一曲
これはほとんど練習していないのですが、楽譜を見ると出来そうだったので
弾いてみました。





伴奏が機械的でなおかつ、落ち着きのない演奏なのでついつい
八分音符が早くなってしまいました。

以上の演奏は、伴奏に合わせるために ピッチを 441にしていましたが、
私の好みは 415ですので 半音下げてすぐに弾いてみました。
弦も安定してなくて、すぐに戻ろうとするので ピッチは少し高めになっています。



自分で演奏している時と、録画では感じが違いますが、弾いているときは
415の方が気持ちが良いのです。440だと ファ#にウルフが出ますし。


お耳直しにバロックチェロですが こんな音が本来のチェロの音だと思うのですが。

https://www.youtube.com/watch?v=7cdTyCNgbiA


こちらもバロックチェロですが
響きも音も美しいと思うのですが。


https://www.youtube.com/watch?v=HXuhrOAWjyY


バロックチェロでは物足りない、チェロではないと言われる方に

https://www.youtube.com/watch?v=--Y7iaDD3is&index=12&list=RDJbMwaZ35wew

ケラスさんはバロックチェロだともっとビブラートはかけませんが、時代、曲に合わせて
弾き分けています。当たり前のことですが。

最後に友人がやっている
音楽教室の生徒さん 小学生の北村君の演奏です。
発表会でチェンバロも使うので、いつも行くのですが
楽屋でも チェロを弾くのが楽しくて仕方がないという感じで弾いていました。

最年少で 佐渡さんがやっている スーパーキッズオーケストラに入団しています。

https://www.youtube.com/watch?v=bfb5lEsGoFA&list=PLMjFpRa1Ca1IlIU-njdAEB-ykBGEiBTHs&index=1

もう少し練習して もう少しましな演奏をお聞かせしようと思っていますので、よろしくお願いします。

といってもあまり練習する時間もないので、あまり進歩はないかもしれませんが。



 
  1. 2016/02/12(金) 01:05:06|
  2. ギター
  3. | コメント:2

エンジャと オレムス 簡単に弾くための 運指

すっかりブログの更新が滞っていました。

相変わらず、急ぐ仕事に追われていますが、今は楽器の仕上げの時期で、
ニスを塗って、乾かしている時間にブログの原稿を作りました。

ブログ友達の カステラミルクさんが エンジャと オレムス の動画をアップされました。

どうも、難しく弾いているように感じましたので、楽譜を見てみました。

私ならこう弾きたいという運指が見つかりました。

img061.jpg


タレガの曲は 以前(昔)ギターをやっていた時から、あまり弾いてみようと思う曲は
ありませんでした。

でも、今回 良い機会だったので、弾いてみることにしました。

でも、よく考えたら、今年に入ってから、ギターは全然弾いていないことに気がつきました。
と言うのも、中指の爪を仕事中に折ってしまって、弾き難い状態だったので。
でも、まだ短くて、動画でも中指が空振りしています。

久しぶりのギター演奏です。

ですので、余計に簡単な運指を考えることになったようです。

少し、説明です。

最初から間違っていますが、最初は2弦です。すみません。

1弦のラ からポルタメントをかけている演奏もよく見かけますが、
この曲には合わないように感じました。

ですので、ミスの起こりにくい 2弦から始めます。
1小節目の最後のファ は3で弾いてミに繋げたほうが
私には楽です。
1段目最後のラはここでセーハしておくと、次の和音が楽です。1の指の移動量が減りますので。

2段目の1小節目から始まる音階は、1弦を使うと3小節目の和音が弾きやすくなります。
開放弦が使えますので。
最後の小節もセーハを使うと私には和音が繋がりやすくなります。

ガイドの指を沢山使う方が、ミスが少なくなると思い、3段目の指使いにしました。

4段目の2小節目の和音は、セーハの方が楽です。

次にオレムス はこれもガイドの指が使えるように運指を変えています。
そして,2小節目は 低音の ソ を開放弦にしています。
1小節目の レ の音につながりやすいと思ったのと、運指が楽ですから。

2段目の 最後は 逆に3の指を滑らすより、4の指をガイドにして、ミの音は
2の指の方が音がしっかりします。私の場合は。

最後の和音の分散は運指のとおり、レは開放弦を使ったほうが楽です。

演奏は、エンジャを一回弾いて、オレムスに行ってもう一度エンジャに帰っています。
この方が全体をまとめやすいのでそうしました。

そして、演奏ですが、楽譜の運指に時間を使ったので(と言っても1時間くらいですが,

練習は30分ほどで、いつものように練習不足で楽譜にかじりついて見ています。
すみません。

演奏はあくまで楽譜の紹介のために弾かせていただいたので
演奏の中身についてはお聞きにならないでください。

取り直している時間はないので、ミスは沢山ありますが 一回撮りです。
カメラのアングルもチェック出来ていなくて、申し訳ありません。




この曲は西垣さんのCD でも聞けます。

西垣さんのCDはフランスの教会での演奏会の本番での録音です。

この演奏を聴いた友人のギタリストは 涙を流したそうです。

そして、なぜあんなに深い演奏ができるのか?

と聞かれました。

  1. 2016/02/11(木) 19:22:50|
  2. ギター
  3. | コメント:1

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (337)
演奏会 (10)
その他 (21)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR