古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

昔からの憧れの曲を弾く 第2回

秋は演奏会が続いているのに,修理や雑用が山のようにあって、気分が焦っています。

でも、こんな時だから余裕を持って仕事をしようと、昔から憧れていた曲をアップすることにしました。

(ハンガリーかドイツのことわざに、仕事が山のようにある時は、まず山のように食べることから始めよう、
言うようなことがあったと思うのですが、最近はお腹が減ったら食べようとしていると,1日1食の日が多いです。
食べる代わりにギターを弾こう ということで)

その曲は、ジョンウイリアムス作曲、編曲がギタリストのジョンウイリアムスという、少しややこしい曲です。
そう、シンドラーのリストです。

昔、ジョンの演奏で、6弦をCまで、5弦をGまで下げて、演奏していました。

弾きたい、一番の目的が、私の作った(私が設計した)ギターだったら,6弦を C ドまで下げても
問題なく鳴ってくれるだろうと思っていて、試したかったという、不純な動機も含まれますが。

CDなどでは、雰囲気よく6弦が鳴っているのですが、ユーチューブのライブなどでは6弦は
あまり鳴っていません。緩いテンションの音がしました。

そこで、ジョンさんが編曲している楽譜を見ましたが、とても弾けるものではありません、私には。

そこで、簡単に弾けて原曲の雰囲気が残る、編曲の出番です。

まず、オリジナルサウンドトラックの雰囲気を残して、前奏を付けて、ヴァイオリンなどはオクターブ上で弾いていますが、
ジョンさんの編曲でも13フレットあたりまで出てきます。

そこは、得意のオクターブ下げで。

またポジションもなるべくローポジションを使って。
ユーチューブで見ると、皆さんハイポジションを使って、ビブラートも沢山かけて
歌ってられるのですが、この映画の重さを考えると、ローポジションの方が良いように思いますので。

そこで、まず ジョンさん達と同じ 6弦 C 5弦 G で編曲しました。

img055.jpg
img056.jpg

そして演奏です。

これでも、次に紹介する6弦 D の編曲に比べて10倍くらいは練習しているのですが。



何回か録画したのですが、やはり曲の難度に比べて、練習量が不足しているので、
なんということはないところで間違ったりして、この程度の演奏で申し訳ありません。

でも、この弦長61センチのギターで6弦を C まで下げるということは、65センチ弦長の
楽器を H シ まで下げるということですから、良く鳴っていると思いませんか?普通に。

10弦ギターの最低音が バロック式と呼ばれる低い方の調弦で C ド です。
それでも鳴っていないので、太い弦を張っています。

でも、この曲は練習はあまりしたくないのです。それは、左手が難しいというか
拡げることが多く、指を痛めそうなので。

次のこの曲を 1音下げた編曲を作りました。

譜面も読み安い、イ短調ですし。

調弦も6弦を D に下げるだけです。

圧倒的に弾きやすくなります。

楽譜は 


img053.jpg
img054.jpg

こちらはほとんど練習していませんが、左手は楽ですので、もっと練習して
私の、レパートリーにしたいと思っています。



編曲も原曲に近いことをしようと思えば出来ますし、演奏も音楽のことを考えながら弾くことができます。
上の楽譜だと弾くのが精一杯ですから。

それと、演奏スタイルが変わったと思われませんか?

楽器の大きさと身長の関係でお世話になった、ドイツのミハエルコッホさんは
もう一つ、立奏を勧められていました。

以前は、自分の都合の良いところだけ使わせていただいたのですが、
この方も、考えさせていただきました。

それは、立奏までには抵抗があるが、ストラップの使用はクラッシクギターでも
利点が多いのでは?と考えたのです。

立奏になってしまうと、古い私の年代の方たちは、流しのギターを思い出してしまうでしょう。

クラシックギターが昔はオケで使われる楽器に比べて、低い位置にありました。
その原因が流しのギターや、軽音楽でギターが沢山使われていたのも、その一因
ではないかと考えると、ストラップの使用に抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

昔の、一般的なギターの評価を示すエピソードがあります。

それは、昔 NHKで武満徹さんがテレビの音楽を作った時に、ギャラが楽譜を清書した
奥さんより安かったという話を、本人が何かでしゃべっているか、本で読んだことがあります。
それで、NHKの人にその理由を聞くと「ギターみたいな楽器で作曲するから安いのです」
との返事だったそうです。今では、考えられないことですが。

でも、最近は リュートの人たちも、19世紀ギターを弾いている人たちも、
ストラップを使うことが増えました。

ストラップを使うと、楽器の大きさに関係なく、(小さな楽器、19世紀ギターなどは小さすぎて持ちにくいのです)
理想の演奏姿勢がとれること、や足台を使わなくても良いので、腰の負担が少ないことなど、良いことばかりだと思います。

さらに楽器製作家の目から見ても、楽器が鳴るのが最大の魅力です。

ギターレストや、補助具のようにギターへの負担もほとんどありませんし。

とりあえず、間に合わせの物でやってみましたが、アコースティックギターのストラップを今
注文しています。

また、使用感や使用方法など書かせていただきます。


  1. 2015/11/17(火) 00:37:27|
  2. ギター
  3. | コメント:0

演奏会のお知らせ

今年の西垣さんのクリスマスコンサートももう一ヶ月近くになりました。

なかなか日本では聞くことができない、西垣さんのコンサートですが、
この恒例になりました、このクリスマスコンサートでは聞けますので。

西垣さんクリスマスコンサート 2015年

今年は、チェンバロ伴奏で アランフェスが聞けます。
オケでない場合はピアノ伴奏が多いのですが、
チェンバロ伴奏の方が、同じ弦を弾く楽器同士で
相性が良いように思います。

また、楽器も19世紀ギターですので、モダンピアノとは合いにくいと思いますし。

チェンバロは私が作ったものを使っていただきます。

たくさんのギタリストが弾いている、アランフェスですが
西垣さんの手にかかると、こんな曲だったのかと思うことが
沢山あります。お楽しみに。

他の曲もなかなか聞くことができない曲も、沢山ありますので。

京都

京都文化博物館 別館ホール 
2015年12月19日(土) 午後7時開演
入場料 一般 3000円 学生 1500円

高松

丸亀町レッツホール
2015年12月23日(水曜 祝) 午後7時開演
入場料 一般 3000円 学生 1500円

チケットはメールやネットで購入できるそうです。

http://lespois.net

mail xmas@koube.jp



  1. 2015/11/14(土) 23:21:18|
  2. ギター
  3. | コメント:1

タレガ作曲 アルハンブラ宮殿の思い出の練習法

こんなことをしてなくて、仕事をしなくてはいけないのですが、
つい気になっていたことがあって、書かせていただきます。

仕事の合間に、気分転換も兼ねて、またなにか情報はないかと思って、
ギターに関してのブログを読ませていただいています。

その中で、最近 トレモロの練習について書かれている方が何人か
いらっしゃいました。

先生につかれている方もいらっしゃるようで、演奏のプロでもない私が
書く事ではないような気がしますが、でも、プロでない私が、楽器製作家としての
私でなければ、書けないこともありますので。

このブログを読んでいらしゃっる方の中にも
いずれ、アルハンブラは弾きたいと思ってられる方もおられると思います。
そんな方に少しでも、役に立てば、と思って書かせていただいています。

トレモロの練習をされている方は、アルハンブラ宮殿の思い出を弾きたいということで
始められていると思います。

粒が揃っていて、テンポもそれなりに弾けることが目標のようです。
そのために、いろいろ考えられて練習されています。

でも、アルハンブラ宮殿の思い出 はトレモロ練習曲ではありませんので、
まず、どう弾けば良いのか?の見本です。(私が考える)

https://www.youtube.com/watch?v=xXcV5p8GIAU&list=RDxXcV5p8GIAU&index=1

そこで、タレガさんが作られた美しいメロディを楽しんでみましょう。



すみません、途中までです。そして、カメラアングルが寄ってしまっています。

そして、これに少し和音を付けて曲らしく。




今回の 演奏は全て途中までです、申し訳ありませんが。


でも、こんな演奏を聴くためにこのブログを読んでくださっている訳ではないことは、
分かっていますので、いよいよ練習法です。

ユーチューブでも この曲の練習法は沢山紹介されています。

でもその全てが、トレモロが弾ける人がアップされています。
当たり前のことですが。

出来る人が言われていることは、出来ることが前提、というか
出来て当たり前なので、そのことについて触れられていないのです。

それは、脱力、特に指、手首。

上手にトレモロが出来ているプロの方たちは、右手の構えや弦に対する角度などは
違いますが、右手の指は脱力出来ていて、指、爪が弦に引っ掛からないと同時に
脱力出来ていて、指のバネを利用できているので音も大きい。


トレモロができない、出来ていない人は、指の脱力が出来ていなくて、
爪が弦に引っかかり、スムーズに連続して音が出ないようです。

特に、第一関節が固く、また第一関節と第2関節に力を入れて、弾いていると
弦に引っかかってしまいます。

そこで、第1,2関節の力を抜いて、指の根元から動かすことからはじめると良いと思います。
(その前に、指の爪が曲がっていて、弦に引っかかりやすい爪は、なんとか引っかからないように
削っておく必要がありますが)




動きが大きいようですが、このほうが手の甲が動かなくて、弦を弾くことができます。
そして、親指は指の付け根から動かして、2弦を弾いても,6弦を弾いても手の甲が動かないようにして。

弦に与えるエネルギーは、力はそのままですが、スピードは2乗になります。
極端な話をすると、力が2倍になってもエネルギーは2倍ですが、スピードが2倍になると
エネルギーは4倍になるのです。

でもスピードを上げるために、弦に当たる前からスピードを出すと、弦と衝突してしまって、
弦を捕まえることができません。

そこで、弦に当たるまではゆっくりと動き、弦を捕まえてからスピードを上げれば良いのです。
具体的には、指の第一、第二関節の力を抜き、指のバネを利用することです。

これは、チェンバロの奏法も同じです。

沢山のアマチュアのギタリストの方を見させていただいて、
上手でない人はほとんどが力が入りすぎていました。

右手も左手も。

この際、脱力が出来て右手に関しては、とても、良い動きができて、
音が綺麗になって、大きな音が出るようににしませんか?
そうすると、トレモロが上手になると思います。

具体的なトレモロの練習ですが、ユーチューブなどで指導されている方の中には
右手の ami の動きばかりを練習するようにしている人がいますが、それだと
親指の低音部と ami の動きが別々になってしまって、美しいトレモロにならない様です。

楽譜で考えると、同じ音の長さの16部音符が4個続いているのがトレモロなのですが、
最初の16部音符の次に16部音符を二つ合わせた音価の3連符のようなトレモロを
聞くことがあります。
これは、親指とamiを別の動きにしているから、別の動きになるように練習しているからなのでしょうか?

プロの方の演奏でも結構あります。

そして、この練習はどうしても a の指の音が強くなってしまうようです。

そこで、最初はゆっくりと  ami だけの練習をします。


 
途中から、少し早く力を入れて弾いてみました。
やはり、手の甲が動きますし、指の脱力もできていません。

ひとつの練習法として、次に 同じ音で pami で弾いてみました。
音の長さやタイミングはよく分かります。

動きとして難しい練習ですが、実際のアルハンブラでも隣の弦を親指で弾くことは
よくありますので。



そして少し早く弾いてみました。



思いついて録画をしたので、あまり練習は出来ていません。やはり難しいです。

これらの他に考えておくことは、右手の弦に対する角度です。
私は手首が非常に硬く、手首を曲げることだけでも非常に力が
入ってなおかつ、疲れます。なので、あまり角度を弦に対して
直角近くには持ってこれませんが、そうでない人はトレモロに関しては
弦に対して斜めに入るより、直角に近いほうが音は出しやすいし、雑音も
少ないようです。

次に、私が書かないといけないことが、後になってしまいましたが、
楽器のことです。

アルハンブラを脱力をして弾くためには、反応の良い軽く鳴る楽器が
合っていると思いますが、何台か楽器を持っている人は、軽くて反応の良い楽器を
選ぶことも、上達の早道かもしれません。(なければ、私のようにリサイクルショップに行って
反応の良い、軽い楽器を探しましょうか?でも、なかなかありませので、これも
難しいでしょうか?)


この曲は最初から、2弦の5フレットのを押さえて旋律を弾きますが、その横には開放弦の1弦があります。
私は他の楽器もそうですが、この曲を弾くためには1弦で12フレットの上での弦のクリアランスが2.5ミリくらいが
弾きやすいと思います。

なるべく1弦は低いほうが2弦の旋律を弾くときには有利ですから。

そして、軽く脱力をして弾くためには、弦のテンションが低いほうが弦を捕まえやすいので、
テンションの低い弦の方が良いように思います。減衰も伸びますし。

また、そのほうがブリッジの近くを弾いても、音が出せるのでイエペスさんみたいですが、
ブリッジ寄りで弾いたほうが、弦の沈み込みの量も減るので、隣の弦に当たりにくくなると思います。
ほんの少しですが。

となりの弦に当たりやすいので、動きが小さくなりがちですが、弦を弾いてしまった後は、
隣の弦にも当たりにくいと思いますので、関節の力を抜いて、指の弾力を利用して弾くのが
楽に弾ける方法かな?と思っています。


これも後になってしまいましたが、音楽的な問題です。

現在出版されている楽譜を見ると、ほぼタレガさんが出版した当時の楽譜と
変わらないようです。

曲の速さ アンダンテ 4小節までに入っているデクレッシェンドとクレッシェンド、
3拍目4拍目に入っているアクセント記号なども同じ物が入っています。指使いもほぼ同じです。

なので、一度 トレモロでなく 旋律だけを 楽譜の指使い通りに弾いてみると、結構難しいところがあります。

5小節目と6小節目のつなぎ9小節目の2拍と3拍目のつなぎなど。

曲で弾いてしまうと、低音があるために誤魔化しやすいのですが、本来の旋律を
歌うことに注意すると、左手も練習が必要です。

そしてテンポですが、アンダンテとあるので、四分音符 最低でも 72くらいでは弾かないといけない、
と思ってしまいますが、八分音符 120くらいまたは 105くらいでも、音の粒が揃って、リズムが
ずれていなければ、音楽的に弾くことは出来ると思います。
そのほうが、聞いている人には聞きやすいかもしれません。

私は、昔からアルハンブラを弾きたいと思っていなかったので、練習もしてきませんでした。
でも弾かないといけない状況になってしまったら、こんな方法で練習すると思います。

最後に、ほとんど練習しなくてアルハンブラ宮殿の思い出を少しだけ弾いてみました。


弦に対して斜めに弾いているのでどうしても爪の音がします。
少しテンションの緩い柔らかい弦にすると少しはましになると思います。
これも途中ですが、作りたい音楽が全然出来ていませんのでこのくらいで。





参考にはなりましたでしょうか?



お耳直しに

https://www.youtube.com/watch?v=979d0uaYhjM

クリコバさんの演奏です






  1. 2015/11/09(月) 19:38:51|
  2. ギター
  3. | コメント:1

疲れました。でも素晴らしい演奏会 その他

やはり、秋は演奏会や色々と行事があって忙しいですね。

前回のブログアップの後からも色々ありました。

まず、演奏会ですが、なかなか出会えない演奏会がありました。

10月24日に行われた、「野村 透さんの長寿を愉しむ会」
野村さんが今年で80歳になるということで、記念のリサイタイルをされたのです。

1446651465255.jpg

そんなに長い付き合いではないのですが、でも30年以上前からでしょうか。

アンサンブル・ピポーと言って、大阪音大の北山先生のところでリコーダーアンサンブルが40年近く前から
ありました。

その創立当時からのメンバーが野村さんでした。
親しい音楽仲間の友人がメンバーだったので、よくお邪魔していました。

昔の、昔の話ですが、その練習場に黒塗りの高級車で運転手付きの
車で来られて、練習が終わるまで車が待っていたこともありました。
かなりの大きな会社の偉いさんと思っていましたが、本当に偉い方でした。

でも、音楽に関しては真面目なアンサンブルの1メンバーでした。

リコーダー以外にも、合唱、指揮と会社員をされながら、幅広い活動をされていました。

当日は、リコーダーでバロックの曲も吹かれるということで、チェンバロを担いで行きました。

ビルの7階ということでお手伝いをしてもらいましたが、お手伝いの方皆さんが、
会社の偉い人ばかりでした。(お客さんも)

1446651456512.jpg

当日の前半のプログラムです。

リコーダーから合唱から、野村さんはもちろん出ずっぱりです。

その他にも、66ページの大きな 「私の合唱遍歴」という本や、京大合唱団の野村さん指揮の
コンクール1位という演奏から、外国での演奏会の録音もCDにされていて、いただきました。

準備も大変だったと思います。

1446651447269.jpg

国内だけでなく外国でも演奏会をされています。それもお人柄から繋がって来るのでしょう。

演奏会が終わって、楽器を積んで帰ると、やはり予想通り 39.1度の熱がありました。

会場でも39度以上はあったのでしょう。

何年かに一度、39度以上の熱を出すことがあります。

睡眠不足と、疲れからで、インフルエンザではありません。

でも、帰りには、普通に餃子の王将で ニラレバと中華丼を食べて帰りました。
39度以上熱があっても普通に食事ができるのが特技です。昔から。

10年ほど 野口晴哉先生の整体を勉強していました。
野口先生の「風邪の効用」という本を読むと、熱のある間は普通に
生活していて良い。でも、風邪の治りかけに平熱より体温が下がることがあるから、
その時は安静にしておきなさい、という事です。
そして、ベテランになるとこの風邪を何時間で経過させて、ついでに体の不調を
直してしまうとのことです。高い熱が出ると、体がリセットされますから。

この日も、朝から熱があったのですが 7時過ぎに出ていかないと演奏会の準備が
出来ませんから、39度ほどの熱があるのは分かっていたのですが、出て行きました。

演奏会が終わってからも、チェロの方と2軒ほど楽器屋さんに一緒に行ったりして遅くなりましたので、
チェンバロは車に積んだままでした。

次の日は、民生児童委員のお仕事で、中学生のジュニアボランティアのお手伝いです。
近くのサービスエリアで共同募金を集めました。

1446651431202.jpg


39度以上の熱が出ているのだから、不参加でも良いのですが、次回のお年寄りの
イベントが演奏会で行けないので、行くことにしました。

でも、この10月25日は 木枯らし一番が吹いて、ものすごく寒い日でした。
2時間半くらいなのでなんとかなると思っていましたが、風がきつくて大変でした。
風邪をひいているときは、風に当たらない方が良いのですが。

帰って熱を計ると、39.3度でした。やっぱり。

流石にこの日は、睡眠不足解消もあって、寝ていました。
(当日は6時に起きて車からチェンバロを下ろしたり、車を片付けたりしていましたし)

そして、素晴らしい演奏会 その2です。

今年で大阪音楽大学が創立100周年ということで、記念のコンサートが 10月28日に
行われました。

1446652044428.jpg

大阪音大の音楽博物館所蔵の、私が22年前にほとんどばらして、大修理させていただいた、
ウイング型のスピネット(1719年 トーマス・バートン作)
と、1790年くらいに作られた、ブロードウッド社のスクエアーピアノを調整調律しました。

フォルテピアノ(オリジナル)とチェンバロは博物館のものではありませんでしたが。

1446652239945.jpg

博物館所蔵の スピネットとスクエアーピアノは10年ほど前にフェニックスホールで使ってから、
ずっと、博物館に収まっていたので、当日ホールの運び込んだのですが、やはり環境が違って
安定しません。

時間が経つと、博物館より湿度が低いのか、ピッチが上がってきます。
それで下げると、今度は照明等で下がってきます。

チェンバロとフォルテピアノは普段この楽器を調律している、ベテランの調律師さんですが、
オリジナルの楽器3台とチェンバロ1台を調律するのは大変です。

なんとか時間のやりくりをして、同時に調律するしかありません。
1790年代のスクエアーピアノは音はよく通るのですが、小さな音で
チェンバロやフォルテピアノを調律していると、自分が調律をしている音が聞こえません。

リハはなんとか乗り越えて、本番は リハが終わって1時間15分くらいしか 調律時間がないので、
スピネットは10分くらいで済ませて、あとは舞台上ではチェンバロとフォルテピアノに譲って、
控え室にスクエアーピアノを運んで、2部の直前に舞台に運ぶことにしました。

スクエアピアノは 弦間隔が狭くて、消音用のフェルトがなかなか入らず、また中腰の姿勢で
調律しないといけないので結構体に来ます。

でも本番は 無事に終わりました。
調律はうまくいって当たり前の仕事ですから大変です、特に古い楽器はいろんなことが起きますので。

調律は専門家でもありませんし、学校で習うこともしていませんので、専門家から見れば
怪しい、と思われるかもしれませんが、年間20回くらいは本番調律をしていますし、
場数は踏んでいるので、いつも何とかなっているようです。

何年かに一度は、調律師協会で専門家の調律師を前に、チェンバロの調律やメンテナンスの話を
させていただいたりしています。

そして、お名前は前からお聞きしていたのですた、演奏は初めて聞かせていただきました。
若い鍵盤楽器奏者の高田泰治さんです。

4台の楽器を弾き分けられたのですが、どの楽器もその楽器が一番鳴るように
弾いてくださいます。調整 調律する人間にとってはとてもありがたい演奏者です。

もちろん、音楽も素晴らしい内容です。

そして、もうひとつ嬉しいことが。
もう一人の調律師の方が、この夏私が作ったチェンバロを気に入られて、外国から来られた
チェンバリストに演奏会で使ってもらったそうです。

調律師の方も気に入られていましたが、演奏家も気に入られて、次の演奏会場から
調律師に電話があって、「やはり神戸の演奏会の楽器は素晴らしかった。この会場でも
皆に神戸のチェンバロは素晴らしかったと言ってる」とのことでした。

沢山の楽器を見ている調律師の方が、気にってくれて演奏会で使ってもらったのですが、
演奏家も気に入ってくれて、次の演奏会場からわざわざ電話してくれたのでした。

それと、最後になりましたが、Cabotinさんのコメントありがとうございました。
実際にギターでの演奏も聞きたいですね。
途中完全に クラフトのグラウンドが顔を出して、すぐに引っ込んだり面白く聞かせていただきました。

それと、前回の楽譜のリクエストがありましたので、アップさせていただきます。

img051.jpg
img052.jpg

主よ人の望みの喜びを です。
ドレミ出版の ギター名曲170選 のAグレードから 小胎さんの編曲をベースにさせていただいています。

img050.jpg

こちらも手元にあった、いろんな方の楽譜を参考にさせていただきました。









  1. 2015/11/05(木) 20:19:10|
  2. 演奏会
  3. | コメント:0

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (331)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR