古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

二つのギター その3?



時間があるわけでは無いのですが、ついでにもう一つ書かせていただきます。

二つのギターシリーズです。

今回も,私が作ったギターではなく、一つはアリアの19世紀ギター,
もう一つは 小平の59センチのギターです。

アリアではかなり以前、19世紀ギターを作っていました。価格も 17万円ほどでした。

今回の楽器は税抜きで 8万円 と19世紀ギターを始めてみようかと考える人に
とっては、魅力的な値段です。(専用ハードケース付き)

でも、安くするために、ネックのかかとは,モダンギターそのまま、ブリッジもモダンギター
そのままです。ヘッドの天竺もモダンのように、ローズウッドです。

19世紀ギター,パノルモタイプ トーレス仕様という感じです。


小平のギターは,弦長の長いものは楽器店で見ることが出来るのですが、59センチのものは
取り寄せになるので、見ることが出来ませんでした。

そこで、ネットオークションに出ていたので、買ってみました。
(小平のほうです。アリアは荒井さんから買いました)


IMG_20140419_181313.jpg

右が アリアの19世紀ギター パノルモタイプです。


左が小平 59センチです。


アリアの楽器は、とても良く出来た楽器です。

モダンのように作られていますが楽器が大きくないので、弦のエネルギーが
重い楽器を鳴らさなくてよいため、バランスのよい楽器になっています。

でも、塗装が硬くて,分厚いため楽器の鳴りを阻害していました。

結局 4日かけて、剥離材を塗っては、少し柔らかくなった塗装をはがして,また剥離材を塗って
スクレーパーで塗装をはがしての繰り返しをしました。

少しずつ薄くしていって、ブリッジや表板を叩きながら、音を聞いていくと,当たり前ですが
塗装が薄くなるほど楽器が鳴ってくるのです。

横板、裏板は合板ですが,それでも塗装を薄くしていくと,楽器が鳴って来ます。


もう少し削れば、良いかもしれないのですが、この楽器としては充分鳴ってくれるようになりました。

19世紀ギターとしてでなく、小型モダンギターとして使うと,とても良い楽器になりました。
もちろん、しっかりした19世紀ギターとして使えます。

後、見た目もあるので、天竺は 楓に、ネックのかかとは丸く、ブリッジも角を取りました。
ネックは,完全に元の塗装を取りました。手触りがあまりにも分厚い塗装の感触だったので。

ブリッジを削ったときに大体の塗装の厚みを測りましたら、0.3ミリほどあるように感じました。

何かの縁で,私のところに来た楽器なので,少しでも良い楽器にしてあげようと、手間をかけてしまいました。




小平の楽器も,表板だけ3日ほどかけて、塗装を削りました。

良く出来た楽器ではあったのですが、ライニングが大きく表板の鳴っている面積が小さいので、
1弦だけがやたら鳴る楽器でした。表板の鳴る面積が小さい上に,塗装で鳴ることを抑えている感じでした。


この楽器も,表板の塗装を落としていくと,だんだん低音も鳴ってきました。

でも、充分な低音ではありません。
やはりモダンスペインギターの音です。それも小型の。

モダンギターしか弾いていない人だったら、これでもよいかもしれませんが、楽器の大きさの割には
低音は出ていない感じです。


今回,2台の楽器の塗装を苦労して,時間をかけて剥がしましたが、なぜ楽器が鳴らなくするために、
こんなに分厚い、硬い塗装をしなければいけないのか?不思議でした。


作っているほう、売るほうとしては,お客さんがツルツルぴかぴかの楽器を望むからだと言うのでしょうが、
音のことを考えると,もっと薄くて良い塗装は無いものかと思います。

しかし、この硬い塗装でも、傷は簡単に付くのです。そして、補修が難しいのです。
むしろ、私のセラック塗装のほうが傷は目立ちませんし、傷が付いても簡単に補修できます。


この2台も今回の東京で見ていただけます。

欲しい方が出てこなければ、当分私の手元にあると思います。







  1. 2014/04/24(木) 00:41:24|
  2. ギター
  3. | コメント:8

61センチギター

Jiro様ありがとうございます。

新しい楽器をブログで紹介する時に、ただ単に自画自賛しているのではないか?と思い
なるべく、客観的な見方をしているつもりでした。

でも、こんな楽器が出来ました! と自慢しているようで、恥ずかしいと感じたりもしていました。

61センチのギターも、私が作りたい方向で作っているので,理想に近づけばつい、良いものができた、
と書いてしまいます。

しかし、ギターで,音楽的なものを求めない方もいらっしゃいますし、ギター特有のギター音楽が
演奏できればよい、と思ってらっしゃる方には、興味の無い楽器だとも思います。

私の最初に出会った、素晴らしい先生の 植木義法先生がいつもおっしゃってらした、
「ギターは旋律楽器です。和声楽器ではありません」の言葉のように、歌うように
ギターを弾く方にとっては、良い楽器と思います。

しかしながら、そんな方は少数派でしょうし、私の楽器を分かってくださる方は、10人に1人
いればよいのに、と思っています。
楽器としての相性もありますので。

一般的なツルツルぴかぴかの楽器ではありませんし、特に表板は 薄くセラックで塗装しているだけですし、
裏板,横板もそんなに厚い塗装ではありません。(これは音のためにそうしているのですが)

ということで、私が作った楽器ではないのですが、お弟子さんに作っていただいて,私が仕上げた楽器です。
東京に行くまでに、熱還元処理の材料のギターをつくるつもりでしたが、雑用の山で出来ませんでした。


私が作らなくても,私の設計で作れば,誰でもこんな楽器が出来るということを、試してみたかった
ということもありましたので。




IMG_20140413_130837.jpg

左の楽器がそうです。(デジカメが手元に無くて携帯で撮ったもので、あまり綺麗でなくてすみません)

右は 私の標準の64センチの楽器です。

あまり違いは分からないと思います。

右の標準の楽器の 95%縮小で作っていますので。

右の楽器でも、トーレスの第一期の代表的な大きさとほぼ同じで、一般的なモダンギターに比べると
小さい楽器です。


この64センチの楽器と比べても、音の密度は熱処理のおかげもあるのでしょうが、楽器の大きさから来る
密度の濃さというか、音の粒がしっかりしています。

これは、私の作ったパノルモタイプの楽器でも,そう感じました。(楽器の大きさから来る密度。
パノルモタイプは更に小さいので)

バスバーの配置が扇状になっていなくて、斜めになっていること、(2013年の3月26日のブログ
で紹介させていただいている,全体が斜めになっているバスバーです)は今回初めて採用した
設計ですが、このおかげで 6弦を弦を替えずに、5弦の1オクターブ下まで下げても、
音楽として使える音になります。ちょうどアーチリュートの低音のような。

そして、弦は 1弦はオーガスチンの1弦を、2,3弦はソフトフロロカーボンを、4,5,6は
サバレスのコラムを張りました。

計算上のテンションは

1弦 6.2キロ
2弦 6.0キロ
3弦 6.0キロ

4弦 6.7キロ
5弦 6.6キロ
6弦 6.0キロ

となります。

一般的な 弦のテンションは 1弦がきつく,2,3弦が緩いのですが、
私の組み合わせでは、ほぼ同じテンションで弾けます。と言うことは、どの弦でもどのポジションでも
同じように演奏できると言うことになります。(低音弦については現代ギター誌 2011年6月号より
参考にさせていただきました)

次の参考として ダダリオのプロアルテJ43 ライトテンションの例です

① メーカーが発表している数字

1弦 6.8キロ
2弦 5.1キロ
3弦 5.3キロ
4弦 6.8キロ
5弦 5.7キロ
6弦 6.0キロ

② 弦代ギター誌 2005年2月号で実測した数字

1弦 7.9キロ
2弦 5.7キロ
3弦 6.0キロ
4弦 6.6キロ
5弦 7.1キロ
6弦 6.4キロ

同じ弦なのに全然数字が違います。

現代ギター誌の方が実測なのですから,この値が本当ではないかと思います。



これだけテンションが違うと(弦同士の差です)弦によって音色に違いが出ると思うのですが。


以前作った 61センチのギターについては 2013年6月4日に書いていますので、
興味顔ありの方はどうぞご覧下さい。







 



  1. 2014/04/23(水) 23:37:02|
  2. ギター
  3. | コメント:0

61センチギター その前に

Jiro様

コメントをありがとうございました。

コメントをいただく、全ての方が素晴らしいコメントで本当に感謝しています。

Jiro様には、このブログを始めた,きっかけのような問いかけのコメントをいただいたように思います。

楽器製作に専念して,35年ほどになりますが、その間バイトや副業もせず、楽器製作だけで
やってきました。プロにとって,続けることが最も大切なように思います。

その35年ほどに,作ってきた楽器、そしてかかわってきた音楽会などの知識をギターに生かせたら、
と思ってギターを作り始めました。

でも、ギターを作り始めてから7年ほどですが、自分の作りたいギター、作りたいギター音楽
が決まっていましたので、それを具体的に形にする、7年だったように思います。


良いギターと言っても、製作家によって、演奏家によって全然違うと思います。

製作家はそれぞれ皆さん、自分の理想とするギターを作ろうと努力されていると思います。

私の場合は、昔から沢山のギター演奏家の方、製作家の方と付き合いをさせていただく、一方
ギター以外の、ヴァイオリン,ピアノ、チェンバロ,リュート,ガンバを始めとする古楽器の
演奏家の方やとのお付き合い。

そして、楽器に関連して、数多くの演奏会にかかわらせていただきました。

リハーサルから、本番 楽器の配置や,バランスなどのアドヴァイスも良く求められます。


こんな経験から,ギターとはどうあるべきなのか?どんなギターが良いのか?
などを考えて来ることができました。


そして、モダンスペインギターでは、本来のギター音楽は演奏できないのではないかと思ったのです。

それは、極端な話かもしれませんが、モダンオーケストラに合った音楽は、ほとんど無いのでは?
と思っていることと繋がるかもしれません。


多くのモダンスペインギターが、低音 特に6弦の音の不明瞭さ、基音の無さ、倍音の多さ、
楽器が鳴っていない事から来るバランスの悪さなどが気になります。

そして、これは弦メーカーの責任かもしれませんが、1弦のテンションがきつくて,3弦が緩い、
その結果,3弦が鳴っていない楽器が多い。3弦はナイロン弦だと、今以上に太くすると
弦として成り立たないので仕方が無いかもしれませんが、素材をナイロンに限定しないと、問題は
解決すると思います。

ギター製作上というか、構造上からも、鳴らないようになっているので、弦だけの問題ではないのですが。

一番の問題は、かなり以前に分数ギターという形でブログに書かせていただきましたが、一般的に
使われている,65センチ弦長のモダンスペインギターは日本人には大きすぎるということだと思います。
ドイツの ミハエル・コッホさんも言ってられるように。

彼の理論では,私のような身長 165センチくらいだと59センチくらいの弦長になるのですが、
59は確かに弾きやすいのですが、61センチくらいが楽器としてのバランス、楽器としての能力
が一番あるように感じました。

ただ、61センチでも,モダンスペインギターの構造では,音楽的な表現は難しいかな?と思います。
(ギター音楽では問題ないのでしょうが)ーー誤解をされそうな表現ですね

私の楽器が、全ての人に合うとは思っていませんし、モダンスペインギターの魅力にはまっている人には、
縁が無い楽器かもしれません。

そして、私が目指している楽器とモダンスペインギターとの大きな違いは、側鳴りと遠鳴りの点です。


19世紀ギターのオリジナルのホールでの、ピアノやチェロ以上に良く鳴っている経験は沢山あります。
弾いている本人はほとんど鳴っていないように感じる楽器でも。


私の楽器は,離れれば離れるほど,響きも付いて音が大きくなるような楽器だと思っています。
でも、一般的な モダンスペインギターより側鳴りがしないので、弾く人の満足感が少ないとは、
よく思います。でも、楽器が鳴っている実感はあるので、それを感じてもらえる方は問題なさそうです。

この側鳴り、がまた6弦の倍音の多さ,悪く言えばぼけた音によって、ギター音楽が,音楽に
なりにくい要素の一つのように思います。

音楽的な,リズムや,テンポ,和声感、旋律を歌うことや,声部を分けて弾くこと、アーティキュレーション
などを無視して、低音をドンと鳴らして、気持ち良く弾いてしまうことを見かけることがあります。

演奏して,気持ちの良い楽器は必要ですが、それだけでは困ると思うのです。

まして、アマチュアでも人前で弾く機会のある人にとっては。


この現象は,モダン楽器を使ったアンサンブルでも良く似た光景に出会います。

弦楽器が5本ほどの編成にコントラバスが入ると、コントラバスの響きに包まれて、どんな演奏でも
上手に聞こえることがあります。少人数で響かない会場では有効なので、時々目にします。


19世紀ギターやその延長線上のパーラーギタだと、6弦は響きも少ないのですが、基音は鳴っている
ので、ごまかしも効かず、音楽の構成がはっきり分かります。

でも、骨のような音でもなく、骨格だけの音楽でもない音楽が作れると思います。


いつも思うのですが、ギターそれもモダンスペインギターの音の魅力と音楽(ギター音楽も含めて)
の魅力を天秤にかけると、多くのギター愛好家はモダンスペインギターの音の魅力のほうを
取る方が多いのではないかと思います。

ギターで表現する音楽に魅力を感じている方に選んでいただくような楽器であれば、
いいな と思って作りたいと思っています。

他の楽器を作っていて分かった事を応用させていただいて、今の所では
61センチの弦長で、ライニングやバスバーなど私の設計で、熱還元処理をしていただいた材料で作るのが、
今の所、多くの日本人の方に弾いていただく、最も良い楽器ではないかとおもっています。楽器も軽いので
演奏していても,疲れませんし。


側鳴りと遠鳴りの両立が出来れば、と思って色々と考えている所です。
というか、もっともっと私が考える方向での良いギターを作り続けたい。
何事もそうでしょうが、満足したら終わりです。
今作っているギターが、かすむほどのギターを作りたいのです。

肝心の61センチギターについては,次回書かせていただきます。
よろしくお願い致します。





  1. 2014/04/23(水) 11:43:56|
  2. ギター
  3. | コメント:1

沢山のコメントをいただいて



本当に沢山のコメントをいただいていたのに、ブログの更新が出来ていませんでした。

山のような雑用が押しかけてきて、ブログのほうに気持ちを持って行けなかった事や、
いただいたコメントの内容が深く、どのようなコメントを書かせていただいたらよいのか、
考えていたことも、ブログの更新が遅くなった理由でもあります。

いただいた、コメントの全てに私の考えを書くことは出来ませんが、もう少し
いただいたコメントを,読ませていただいて、私の考えていることなど書かせていただきます。


設計,製作技術がほぼおなじなら、後の大きな要素は材料になると思います。
(弾き込み、どんな方にどのくらい弾き込んでいただけるのかも、要素ではありますが)

そこで、私は材料を寝かせて使うこと、作り始めの頃は寝かせた材料を持っていなかったので、
寝かせた材料を分けてもらったりしていました。

現在は,30年ほどは寝かせた材料を沢山持つことが出来ています。

次に、経年変化によって、音質や楽器の性能がアップすることは良く知られていましたので、
日に干すことを考えました。
これは、私の初期のブログの材料編で書かせていただいています。

次に、もうすでに経年変化と弾き込みが終わっている材料として,古い名器のピアノの
響板を使うことを考え、何台かのギターを作りました。

そして、野村先生と出会い、「野村式熱還元処理法」での処理をすることになりました。


次回のブログで書かせていただく、61センチの新しい,バスバーでの楽器もこの「熱還元処理」
をしていただいたギターです。

私にとっては、弾き込みという点を除けば、ベストの材料の処理方法だと思っています。

詳しい「野村式熱還元処理法」の説明が出来れば、お分かりいただくことも増えると思うのですが、
とても、理論としても難しいことなので、なかなか私には説明が難しいのです。

処理していただくと、ほぼ1.4倍の強度になり、処理後の材料の変形や、収縮は一切無く
材質が均質化される事だけは確かなので、長年寝かしたり、材料の良し悪しもそう影響は
なく楽器が作れると言う利点は確かです。

ですので、経年変化を人工的に促進させた結果、木の寿命が短くなる、楽器としての寿命が
短くなると言うことは無いと思います。
人工的に経年変化をさせているのではなく、熱処理をすることにより、内部構造を変化させ、
均質化,強度アップを図っているからなのです。

また、一般的な人工乾燥では,酸化になりますが、野村先生のやり方は、タイトルにもありますように
還元処理ですので、木にもやさしいのです。


木の経年変化についてですが、ドイツ松においては 切ってから250年がピークということは
良く知られていますが、その後250年経ったときに、切った強度に戻ると言われています。

ですので、250年の寿命ではなく、300年,350年くらいと考えても良いのではないでしょうか?
ギター程度のテンションの楽器では。

同じような楽器として,リュートがありますが、リュートだとすでに300年以上経った楽器も存在し、
実際に使用されている楽器もあります。リュートのほうが、ギターより薄い材料の場合が多く
弦のテンションもトータルすると大きい楽器でも長年の使用に耐えていますので。

でも、材料を日に干す方法では、人間にも良くない,紫外線に長年晒していると、木の寿命は
短くしているかも?と考えたりします。


それと、コメントを読ませていただいて、19世紀ギター,ロマンティックギターを受け入れられる方
とモダンギター、それもモダンスペインギターしか受け入れることが出来ない方では条件が違ってくる
ように思いました。

19世紀ギターと言っても、ご存知のように実に様々な楽器があります。

19世紀ギターと言うと,ラコートやパノルモというイメージがありますが、イタリアの楽器では
ガダニーニのように大型の楽器でモダンの奏法でも弾けそうな楽器もありますし。

19世紀ギターを受け入れられる方は,選択肢が広がるのは間違いないようです。


もちろん、19世ギター1台で何でも演奏できるとは思いませんので、他の楽器も持つ必要は
あると思いますが。


モダンスペインギターしか弾かないと言う方には、なるべく気に入った楽器を,新作も含めて
お探し下さい、ということになってしまうでしょうか?

私の作りたいギターはモダンギターでも、スペインギターではないので。

あとは、現在作られている,モダンスペインギターと少し違ってきますが、シンプリシオとか
ゴメス・ラミレスなどの楽器を探されるとか?でしょうか?


次回は 新しい設計の 61センチギターについて書かせていただきます。












  1. 2014/04/22(火) 00:23:29|
  2. ギター
  3. | コメント:2

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (337)
演奏会 (10)
その他 (21)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR