古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

構造,設計編のまとめ

このブログの本来の姿に少し戻って、予告させていただいていたように、
構造、設計のまとめをさせていただきます。

昨年1月からこのブログを始め、1月の間に、材料編を終わりました。
そして、1月27日から構造、設計編に入りました。そして、9月7日の
パフリング、バインディングでほぼ終わったように思います。

あまりにも長い期間で、内容も多岐にわたりますので、構造、設計について
書いているブログを月日と内容を簡単にまとめさせていただきました。


1月27日      構造設計の考え方

1月27日 ①-1  楽器の大きさについて
      ①-2  楽器の大きさと弦のテンションについて

1月29日 ②    分数ギター(ショートスケールギター)

1月29日 ③    ライニングの大きさ、形状

2月2日  ③-1  表面板の大きさ

2月2日  ③-2  バスバーの配置

2月2日  ③-3  表面板の削り方、厚み

2月3日  ③-4  表面板のドームについて

2月18日 ④    バスバー

2月21日 ⑤    横板の厚み、カーブ

2月29日 ⑥    トルナボス

3月4日  ⑦    ネックの厚み形状そして指板

3月19日 ⑧    ヘッドデザイン、大きさなど

5月31日 ⑨    ブリッジ、形、大きさ

6月5日  ⑨-2  ブリッジのウイング部分について

6月5日  ⑩    アンダーバー エンドブロック

6月9日  ⑩-2  エンドブロックの大きさ、形

9月7日  ⑪    パフリング、バインディング


以上が構造、設計に関して書いたブログです。

これ以外にも、少しアンダーバーの本数など、書いたブログはありますが、
製作中の楽器について書いていたブログにそのことに触れた感じですので、
基本的は考え方はこれらのブログでほぼ書かせていただいたように思います。

どれひとつをとっても、私が作りたいギターにとって、大切な部分ですが、

ライニングの大きさ、表板のドーム、バスバーの配置、横板裏板の厚み、
など、モダンスペインギターと大きく違う点かな?と思っています。

構造設計の所に入れてよいのかどうか分かりませんが、
書き足すとすれば、フレットの大きさくらいかな?と思っています。

そこまで、見直すのかと思われるかもしれませんが、
材質だけでなく、大きさも私のギターには影響があると考えています。

少し、見直しその他が終われば、製作編に入って行きたいと思っています。

私の思い込みだと言われそうな、ところも出てくるかもしれませんが、
よろしくお願いします。


 
  1. 2013/02/25(月) 23:06:12|
  2. ギター
  3. | コメント:0

木の名称について

gavottenⅡ様 CABOTIN様 いつもコメントありがとうございます。

私が思っていることを書かせていただいているだけですが、何かのお役に立てばうれしいと思っています。

ここのところ、木の名称と言うか、ギター用材の名称について、コメントを沢山いただいています。

植物学者が読んでいらしたら、「なんと、素人の方々がいろんなことを言っているのだろう!」
と思われているかもしれませんが、学者さんにお聞きして、はいそうですか、と正しいことが分かるより、
やはり自分で調べてみて、木について更に理解することが出来たほうが、私には面白いのです。

と言うことで、もう一度手持ちの木材工学辞典 発行 工業出版 で調べてみました。
35年前で 定価 28,000円の本ですから、使わないともったいないですし。

ラミレスさんが科学的に認められている、杉には2種類ある、ひとつは Cedrella Odoratta 杉で、
落葉樹の被子植物でギターネックに使われている。

もうひとつが、本当の杉で Cedrus Spi で裸子植物 常緑樹であり、
レバノン ヒマラヤなどに自生している。
と書かれています。

(でも日本語訳を読んでいるので問題はありそうですが、
 彼の言いたいことはニュアンスの違いはあるかもしれませんが、
 大体伝わっていると思います。)

木材工学辞典では、彼が杉のひとつであると言っている、
Cedrella Odoratta は被子植物で落葉樹、広葉樹です。
でも、この被子植物(門)では31の目があり、その15番目にミカン目があって、
50あるセンダン科のひとつセンダン属に所属するようです。

スギ科のある、裸子植物とは縁がなさそうで、このセドロ、マホガニーなどを杉と言ってしまうのは
無理がありそうです。


もうひとつのレバノン杉は、裸子植物(門)・・被子植物門と違って 5目しかありません・・・
の1番目 球果(マツ)目で、マツ科に入っています。

マツ科のヒマラヤスギ属の中に入っているのがレバノン杉です。
マツ科には当然 トウヒ属も入っています。
トウヒとレバノン、ヒマラヤスギは同じマツ目です。

もうひとつ、ラミレス3世が使い始めた、レッドセダー、レッドシーダーはどうでしょうか?
当然裸子植物ですし、球果(マツ)目のヒノキ科に入っています。
スギ科(10あります)には無く、ヒノキ科にあります。
このヒノキ科にはギターではおなじみの 糸杉も含まれています。
ゴッホの絵で有名な糸杉は、イタリアンチェンバロでも使われていて、チェンバロ製作家
の中では親しみのある木です。
糸杉も杉と言う名前で呼ばれていますが、日本のヒノキに近い感じです。
チェンバロでは響板にも糸杉を使います。
(米檜や台湾檜とも違います。米檜はどちらかと言うと松に近いと思います)

レバノン杉を見る機会は少ないというかほとんど見たことがありませんが、糸杉は杉というには
私には無理があります。
ゴッホの絵のように、製材された木より、生えている姿が杉なのでしょうか。

ちなみにスギ科には楽器で使われるような木はなさそうです。

と言うことで、ドイツトウヒはマツ目に所属していて、松と呼んでも良さそうですが、
レッドセダーはヒノキと読んだほうが、イメージに合いそうです。

杉と日本で呼んだことで、日本の杉のイメージと合わせた事が、
寿命が短いとイメージされたのでしょうか。

でも、私はギターにはドイツトウヒだけを使っていくつもりです。
(ガンバ属やヴァイオリン属その他の楽器にもトウヒを使い続けますが)

しかし、こんな話もありました。

20年以上前(30年以上前かもしれません)
今は巨匠になられたギター製作家が、木工関係の雑誌で対談してられました。
相手は、大工道具などを扱っている、有名な金物屋さんの2代目です。

ほぼ同じ世代の二人が、対談して、道具や木のことなどを話されていました。

その中で、びっくりするようなことをギター製作家が話されているのです。

「ギターは寿命が10年しかないので、どんどん買い換えてくれないと困る」
と言って、対談相手の方が「え! ギターって10年しか持たないのですか!」
そうすると、ギター製作家が「そうなんです、ギターって10年くらいしか
もたないのです」と言ってられるのです。

雑誌とはいえ、発行部数も多く、ギター製作家がそう言っているのだったら、
そうなんだろうと、思った読者は多かったと思います。

読んで、「あなたが作るギターは10年しか持たないかもしれないが、
ギター全体が10年しか持たないという、いい方は無いだろう」と思わず
突っ込みました。

こんな製作家の方には、杉も松も無いだろうと思いますが。
この製作家以外の方にも、(直接聞いたわけではありませんが)
10年しか持たないので、10年ごとに買い換えて欲しい、と言っている
製作家がいると言う話は聞いたことがあります。
聞き伝えで申し訳ありませんが。

私はモダンギターでも最低200年は持つようにと、作っています。
30年から40年ほどは切ってから経った木を使っていますので、
経年変化のピークである、250年の音が聞ける楽器であって欲しいのです。

すみません、また、長い話になってしまいました。

構造編のまとめは次回にさせていただきます。











 
  1. 2013/02/19(火) 20:03:52|
  2. ギター
  3. | コメント:10

ありがとうございます。このブログに訪れてくれた方が、1万人を超えました。





昨年1月から始めた、このブログを訪れていただいた方が、1万人を超えました。
ありがとうございます。

一般的に作られ、流通して、使われているモダンスペインギターに疑問を持ち、
本来のギターはどんな楽器なのか、どうあるべきなのかを、考えていくうちに
ブログで私の考えを読んでいただくとともに、いろんな考えをお聞かせいただこうと
始めたブログでした。

文字が多いし、読んでいてもよく分からないことも書いてあるし、細かなことに
こだわっている、このようなブログを読んでくださって、本当にありがたく思っています。

モダンギターの、大きく、重たくて、弾きにくいことや、3弦や6弦のぼけているいる楽器が
多いこと。音色の差が大きいこと、各音の音量の差、特に低音の倍音が多いと言うか、基音が
ほとんど無いことなど、モダンギターの問題点を解決することが、弾きやすくて、音楽が表現できる
日本人の体格にあったギターを作ることになるのでは?

そして、こんなギターが、ギター音楽をさらに高め、ギターを楽しむ人が増えていくのではないかと、
思っています。

製作家が、自分の設計、構造、製作をこんなに公開している、ブログ、HPは無いと思います。
私自身は、楽器を作り始めた頃から、誰にも教えてもらわないと、決めていました。
自分の楽器を作ることに、教えてもらっては、教えてもらった人の考えが入って、
回り道になる、邪魔になると思っていたのです。
40年ほど、楽器を作ってきて、その考えは正しかったと思っています。

いろんな文献や、本を探して自分で勉強するのは、教えてもらったことと違って、その人の
力になると思います。

このブログがそのひとつになれば、そして考えるきっかけになれば、嬉しく思います。
私には、企業秘密や家伝、秘伝と言ったものはありませんので、読んでいて分からないことは
気軽にお聞きください。分かる範囲でお答えしますので。




本当にこのブログを読んでくださって、またコメントもいただいてありがとうございます。



  1. 2013/02/17(日) 22:50:44|
  2. その他
  3. | コメント:1

クラッシックギター製作展&コンサート


2月9日と10日、大阪の茨木でクラッシックギター製作展&コンサートがありました。
昨日、時間が取れたので会場に行ってきました。

今回は18人の展示がありました。(主催者の方が、「平山さんに連絡するまでに18人の申し込みが
すぐにあったので、今回は参加していただけませんでしたが、次回はまたよろしく」とのことで、
私は展示、参加していません。(沢山展示されて、いろんな雑音がしているところではなかなか本当の
音は聞こえませんし、お誘いがあっても、受けていたかどうか分からないところですが)

以前からよく知っている、製作家もいたのですが、私の知らない製作家の方もいらしたので、
見に行かせていただきました。

アマチュアの製作家の方も多く、素晴らしい楽器を作ってられました。
そして、話も自分の作りたい楽器について熱く語られていました。
プロになってしまうと、次々作らないといけないので、アマチュアの方ほど
1台1台にこめる、熱や力が違うのでしょう。

楽器も、少なくとも楽器屋さんで売られている、プロの方が作っている楽器より
はるかに魅力的な楽器が多かったです。

そして、皆一応にまだまだ自分の作りたい楽器とは違うので、更に研究してよい楽器を作りたいと
話されていました。楽器作りに一番大切なことだと思いました。
ギター作りで目標にされる、ブーシェさんも「ギター作りはアマチュアでなければいけない」
と言われていたそうですが、一理あると思います
。私もブーシェさんはアマチュアだったと思っています。

また、アマチュアの方は演奏も好きな方が多く、ギターが好きなこともよく感じました。

逆に試奏されている方が、テクニックがある方は、ひたすら弾きまくり、楽器に合ったタッチなどは
関係なく弾かれていました。
また、たどたどしく弾かれている方も、楽器の性能の何分の一かの音しか、引き出せていません。

これで、楽器を判断されると苦しいな、と言う感想です。

幸いにして、私はその楽器が一番よく鳴るようなタッチ、一番言い音がするようなタッチが
すぐに出来ると思っています。(でないと、その楽器の良さは分かりませんから)
遠鳴りする楽器は、前に出ている楽器はサウンドホールを上に向けて、直接音を聞くようにしています。

また、演奏会も今回あったので、演奏会用に展示楽器は持ち出されるのですが、半分以上は展示会場に
残っていますし、試奏される方も、ほとんどいませんので、この良い環境の中で弾かせて頂きました。

見事に、全ての楽器が650mmの弦長です。(19世紀ギター1台を除いて)
そして、目指している方向が,ブーシェだったり、ハウザーだったり、トーレスなのですが、
楽器としては作った方それぞれの音がしていて、面白かったです。

何人かの方はこのブログを読んでいただいているようで、ありがたかったです。

なかには、ブログを読んでいただいて、私のように、小さなライニング、1キロ以下の軽い楽器を
作ってられる、プロの方もいました。
とても良い楽器でしたが、弾かれる方が、普通のギターのように力任せに弾いていたり、
あつかましいモダンの楽器と同じように弾いてしまって、線のはっきりした楽器の良さが
なかなか分かってもらえないようでした。

せっかく、作っていただいたので、近々お邪魔して、私のギターも見てもらって、
いろんな話や考えを聞かせていただこうと思っています。

後、アマチュアならではの楽器もありました。
大工さんが解体された現場から持ち帰った、屋久杉で作ったギターも、
本人はちゃんとしたドイツ松など買えないので、焼却される運命だった、木を使った。
と言ってましたが、いくらお金を出しても、こんな屋久杉は手に入りませんし、
乾燥も充分なので、とても響きのある、200年か300年経った、古名器のような
音がしていました。

あと、日本の楓を使ったギターもありました。

北海道の楓だそうです。

ヴァイオリンやガンバでは、日本や中国、カナダの楓は固すぎて、重くて、粘りが無いので
楽器には使えないので、試そうと思ったことはありませんでした。
でも、ギターだと、ヨーロッパの楓より重いことが、良い方向に向いているようです。

ギターの裏横の材料として、楓かローズ系になりますが、その中間の音がしてくれるようです。
私のお弟子さんが作ってくれた59センチのギターは、裏横はローズですが、ブリッジは
日本の楓です。

これも、ヨーロッパの楓より、ローズに近い音がして、粘りもあり、芯もあるので、
日本の楓を見直そうかと考えているところでした。

ちなみに、バロックの頃からヨーロッパでは、例えばヨーロッパでチェンバロを作って
中国に運び、漆などを塗ってまたヨーロッパに運ぶと言うことは良くやられていました。

そこで、中国の楓を使おうとした、製作家がいたようです。
でも、すぐに楽器作りの教科書みたいなもので「中国の楓は固くて重たいので、楽器作りには
適さないので、使わないように」とあったそうです。

スピーカーや、リコーダー、トラベルソには、ヨーロッパの楓より良い結果がでていましたので、
使っていましたが。

時間があれば、日本の楓で作ってみようと思っています。

すみません。次回から構造編のまとめに入り、製作編に移って行きたいと思っています。



  1. 2013/02/11(月) 14:18:46|
  2. ギター
  3. | コメント:14

演奏会のお知らせ そして祝30万キロ

ブログ、今回はギターから離れて、演奏会のお知らせです。そしておまけも。

30年前以上からファンだった、クラッシックアコーディオンの御喜美江さんとヴィオラの
今井信子さんの演奏会が、2月23日午後4時から、大阪のフェニックスホールであります。
私も、偶然知ったので、知らない方も多いかな?と思いお知らせさせていただきました。
まだ、席は空いているようです。

img777.jpg


このCDは、2年ほど前にやっと手に入れたものです。

30年以上前だったと思うのですが、FMから聞いたことの無い音楽が流れてきました。
アコーディオンなのですが、パイプオルガンをもっと自由にしたような音楽、音でした。
その演奏が御喜美江さんのクラッシクアコーディオンの音だったのです。

オルガンのような多彩な音色、重厚な音色なのに、軽やかなリズム、なにより
自由自在な音の強弱、初めて聞いた時は、衝撃でした。

その放送は、御喜さんが何年も、コンクールで優勝を続けられたということで、取り上げられていました。
その時、これだけ素晴らしい演奏で、コンクールで何度も優勝していても、
知られていない演奏家がいるのだな!と思いました。
これが、ピアノだったら、ヴァイオリンだったらもっと早くに注目され、
話題になっていただろうと思いました。

でも、それが良いことだとは、思いませんでした。
アコーディオンだから、騒がれること無く、じっくり自分の音楽を仕上げ、
成熟させる時間がとれたのだと思いました。

ピアノなどで、コンクールに優勝してしまって、自分の音楽を作る前に、マスコミに騒がれ
大成できなかった音楽家もいると感じていましたから。

同じ頃、知ったハーモニカの崎元譲 さんもそう感じました。

そして、5年ほど前です。
私の住んでる、篠山で 御喜さんのアコーディオンを聴くチャンスがありました。

友人が中心になっている、身障の方たちがやっている喫茶店で、御喜さん始め
舘野泉さんとか、そうそうたるメンバーが、田舎の小さな喫茶店で演奏会をやってくれたのです。
(篠山は不思議なところで合併して市になる前は2万人ほどの小さな町でした。
商店街も数百メータしかないのですが、そこに身障の方たちがやっている店が5軒もあるのです。
それぞれ、市とか公共の補助も無く、地元の人たちが応援してやって行けているのです。
友人たちの店は年間3万人ほど、お客さんがあるらしいです)
舘野泉さんとの縁は、息子さんのヤンネ舘野さんのようです。
私もあまり人前で演奏はしていないのですが、2度ほど、篠山の演奏会に
客席でヤンネさんが私の演奏を聞いていてくれた時がありました。

小さな喫茶店で、目の前で御喜さんの演奏を聴くことが出来ました。
そして、バッハのガンバソナタを、ヴィオラとアコーディオンでやってくれたのです。
ヴィオラは今井さんではありませんでしたが。

自由自在な御喜さんのアコーディオンの上に、ヴィオラが素晴らしい演奏をしてくれたのです。
本当にびっくりしました。「こんなバッハがあったのか!!!」と。

舘野さんの演奏は言うまでも無く素晴らしいものでしたが、一番驚いたのは、田舎の小さなヤマハのピアノで
あれだけ、底の低いところから、音が出てくるのを初めて聞きました。
まるで、プレイエルかエラールのような音なのです。
舘野さんの演奏を、小さな喫茶店の古いヤマハのピアノで聞くチャンスは無いと思うのですが、
舘野さんが弾くとあんな音がするのだと、素晴らしい経験が出来ました。

と言うことで、直ぐにCDを探すと、今井さんとやっているCDがあると分かりましたが、アマゾンから
HMVからいろんなところで探しましたが、手に入りませんでした。
2年ほど探して、中古のCDがやっと手に入りました。

今回も、ガンバソナタはあります。

フェニックスホールは私が気に入っているホールで、特に2階席は素晴らしいです。
その2階席でお二人の演奏が聞けることを、今から楽しみにしています。

それと、これはおまけです。

3日の日曜日にused のスピネットを東京に運んだ帰り、御殿場あたりで私の乗っている
カローラワゴンが無事 30万キロを越えました。

130203_2225~01


本当はこんなことをしてはいけないのですが、少し速度を落として、
携帯で撮りました。

25万キロを越えたあたりから、30万キロは走れそうだと思っていたのですが、
30万キロを大きな故障も無く走ってくれました。

40万キロはさすがに無理だと思うのですが、333333キロを目指して走ります。


と言うこととで、次回はギターの構造に戻ります。












  1. 2013/02/05(火) 18:02:35|
  2. ギター
  3. | コメント:1

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (339)
演奏会 (10)
その他 (21)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR