古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

だんだん良くなっています。


皆さんに心配をおかけしましたが、怪我は段々良くなっています。
心配していた,化膿はなく、痛みもほとんどありません。傷口もふさがって来ています。

今日は、2日ぶりに病院で診てもらいます。診察までの待ち時間に原稿を作っています。

15日は神戸でガンバ協会の催しがありました。
春のコンソートの会です。以前から参加すると言ってましたので、
行かないと指の怪我が、かなり悪いのでは?と心配かけてはいけないと思い参加しました。

元々コンソートに参加するのが目的で無くて、ボランティアで、楽器のメンテナンスや楽器を持たずに参加された方の為に
トレブル、テナー、バスガンバを持って行くことでした。修理させていただいた楽器を渡す用件もありましたので。

フレット巻きなど、私が出来ないこともあるので、お弟子さんに来てもらっていましたが、
あまりメンテナンスはなく、駒の傾きの調整や、フレット調整くらいでした。

左手親指が使えないので、トレブルぐらいが弾けるかな?と思っていましたが。

懇親会とフリーコンソートの時間です。

2017 4 17 002

結局,私も最後にダウランドの曲(ギボンズやバードに比べて、一曲が短いので、だめな場合直ぐに替わってもらえるので)
7つのラクリメその他10曲くらい初見ですが、弾きました。
親指を使わなくても弾けるのですが、ポジションの確定のために親指は使うので、普段とは違う演奏になりましたが、
結構楽しめました。

弾かないでおくと、「やはり平山さんはかなり悪いのでは?」と心配をかけてはいけないと思い、
演奏したと言うのが本音です。でも、コンソートは楽しかったです。
今年初めてガンバを弾いたのですが。

このブログを見てくださっている方に、少しは役に立つ事かも?と言う事も、書かせていただきます。

それは、怪我の時の処置です。

私は、約10年 野口晴哉先生の整体を勉強させていただき、その他霊気、西式なども勉強させていただきました。

これは,主に西式の考えですが、指を切った場合、心臓よりなるべく高い位置に指を上げて、
振ると出血も少なく、痛みも少なくなり直りも早いのです。なるべく、細かく振動の感じです。

その後、霊気や野口先生の整体で行っている、手のひらから気を送って、痛みを少なくし、直りを早くするのです。
野口先生の整体だと、愉気と言ってます。息を吐くときに気が出やすいので、
ゆっくり、息を吐きながら、手のひらから気が出るイメージで行います。

ですので、切った直ぐ後も、出血もそんなに無く、痛みも10針縫う怪我だったのですが、
針で少し刺した程度でした。(病院に行かなくて、直そうと思ったこともあるのですが、
丸鋸で切ったので、傷口が複雑だったため、病院に行きました)

こんな事は、民間療法で気休めだと言う方もいらっしゃると思いますが、
お金もかかりませんし、悪くなる事は無いと思いますので、試してみる方は
どうぞ、やってみてください。

怪我の直後でないと、愉気を行うと,患部が痛む場合もありますが、これは愉気が
効いている証拠です。

霊気を勉強している人の間では、怪我ややけどにはとても効果的で
虫歯などの痛みも少なくなるので、とても助かっている、と言う人が
沢山いました。

聞きかじりの、生兵法は良くない、と考える方はゆっくり、しっかり調べてみてください。

では、次回はギターのお話をさせていただく予定です。





  1. 2017/04/17(月) 14:17:22|
  2. その他
  3. | コメント:1

やってしまいました

昨日、夕方 友人に頼まれていた楓の木を製材していたところ、
うっかり、他の事を考えていて、丸鋸(テーブルソー)で親指を切ってしまいました。

10針縫いましたが、丸鋸で切ったので、切り口が複雑で3週間ほどかかるとのことです。

夕方、夜間と言う事で何軒か病院に問い合わせて、やっと近くですぐに見てもらえるところがありました。
30年ほど病院に言った事は無く、10年ほど前に一度耳くそが鼓膜に当たってうるさいので取ってもらったくらいです。
保険証も使っていなかったので、大急ぎで探して病院に行きました。

幸い、すぐに手術してくださって、(夜間救急手術と言う事で)昨日は痛みもありませんでした。
むしろ、今日のほうが包帯をきつく巻いてもらったようで、少し痛みがあるくらいです。

2017 4 13
2017 4 13

包帯でぐるぐる巻きです。

丸鋸は事故が起こりやすいので、切る時は切ることに集中しているのですが、
今回はうっかり他の事を考えていました。

今まで、楽器を作っている時に怪我をした事はありませんでした。
今回も楽器では無かったので、楽器製作時の怪我はまだ無いということですが、
初めての、手術でした。

昨日は、今日も朝早くから病院で診てもらうということで、12時くらいで仕事を終えました。

もっと、大きな事故を起こさないようにとの、警告と考えてこれからは、気をつけて
作業しようと思っています。


  1. 2017/04/13(木) 11:08:59|
  2. その他
  3. | コメント:2

久しぶりの更新

あっという間に、一ヶ月が過ぎていました。

3月は九州行きとか、年度末の仕事とかいろいろありました。

前回、案内させていただいた演奏会の報告も。

宝塚ベガホールで開かれた、田村義一さん、バッハコンクールで1位になった富田一樹さんたちの演奏会
オルガンと、リコーダーオーケストラとチェンバロではなかなかバランスが取れませんが、バラエティにとんだ
曲目で楽しい演奏会でした。

2017-3-16 004

2017-3-16

リハーサル中です。

大阪音大の音楽博物館が本校に移転して、楽器も安定したということで、
チェンバロの調整、調律に行ってきました。

今話題の、森友学園の隣に音楽博物館があります。


2017 3 25 005

記念にとって来ました。

九州から、修理のために持ち帰ったオルガンです。
一般的な足踏みオルガンは吸い込みしきなのですが、この楽器はハルモニウムと言って
吐き出し式です。
パイプオルガンと内部構造はよく似ていて、息の漏れがあってはならない構造です。
友人の自動ピアノとかオルゴールにも詳しい調律師の仕事場で手伝ってもらいながら、分解していきました。

2017-3-16 005

調査のために分解していきましたが、フイゴとか鍵盤手間がかかりそうです。
天草崎津教会を作った神父さんがもっと来られた楽器なので、何とか修理したいと思っています。

次回はもう少し早く更新させていただこうと思っています。

ギターの事、ソルさんのことなど。



  1. 2017/04/02(日) 00:02:01|
  2. ギター
  3. | コメント:1

演奏会のお知らせなど

富山、福井、名古屋での仕事が終わり、明日からは九州です。

宮崎、天草、熊本、北九州市 新しい出会いもあります。

ということで、ここら辺でブログ更新させていただきます。

ほとんどが演奏会の案内ですが。

と言う事で、私の関係している展示会から。

今年で6回目になりました、大阪南港でのクラシックギターフェスタです。
4月22日23日です。

私は、昨年夏に作りました、京大の野村先生に処理をお願いした、
還元熱処理された材料で作ったギターと、自然乾燥40年の材料で作った
ギター2台展示します。どちらも、裏、横板は楓です。

20170303 10

20170303 15

会場の案内図です。

20170303 11
20170303 12
20170303 13

出展者の方たちです。
昨年より二人ほど多く参加されます。

20170303 14

演奏者のプロフィールです。

概要は、チラシの最初でどうぞ。

次に名古屋で開かれる展示会です。

展示会がメインでなく、名古屋バロック音楽教40周年記念例会のコンサート
と楽器展示があります。
4月29日 電気文化会館 展示は5階イベントホールです。

20170303 7

20170303 8

手元にある楽器を持っていこうと思っていますが、ポジティーフオルガンは名古屋では
珍しくないかもしれないので、どうしようか迷っています。

次は、日の近いものから

3月18日 神戸聖愛教会 で午後3時から行われます。
トリオコパンの演奏会。
入場料は当日1500円、前売り1000円とお安いです。

高校の弦楽合奏部の顧問されていた、ヴァイオリンの山口先生、卒業してから何十年経っても、
山口先生と一緒に演奏をしたいと生徒達がアンサンブルを作ってられるほど、素晴らしい人格と音楽性の
先生に、お仲間のチェロの村上さん、リコーダー、トラベルソの北山先生のメンバーに
チェンバロの吉竹さんが入ります。チェンバロは私作です。

http://copain.main.jp/archives/136

チラシがありませんので、アドレス で案内させていただきます。

次の日ですが、3月19日古くからの友人達のガンバの発表会があります。
もちろん入場無料です。
神戸御影の世良美術館 午後2時からです。
私も楽器の調整などで行く予定です。

20170303 3
20170303 4

次に3月23日に宝塚ベガホールでリコーダーの演奏会があります。
こちらも古くからの友人で大阪音大の先生もされていた田村義一さん
の演奏会です。19時開演です。
チェンバロは2016年バッハ国際コンクール優勝の富田一樹さんです。
リコーダーやガンバで友人達も多数出演です。
入場料3000円

20170303 1
20170303 2

次に、4月23日で私の展示会と日が重なってしまいましたが、
私が昔大修理した大阪音大付属音楽博物館所蔵のトーマス・バートン作の
スピネットのコピー楽器が使われる演奏会です。

メインはスピネットでなく、とラベルソの名手の廣岡さん、ガンバの頼田さん、フォルテピアノ、スピネットの高橋さんです。

午後2時から神戸松蔭チャペルです。

 20170303 5
20170303 6

案内ばかり続きましたので、気分転換に坂本龍右さんのリュート演奏をどうぞ。

http://

もう一つ、こちらは中世フィドル です。



友人が「天才!」と言ってましたが、まさにそう思います。
ポップ古楽として、他にも沢山アップしています。
知っている曲を、リュートやフィデルで見事な演奏して、
古楽に興味を持ってもらう人を増やそうとしているのかもしれませんが、
私には、単純に演奏が素晴らしい音楽と聞こえます。

もちろん、まじめな演奏もしていますので、ガンバですが
こちらもどうぞ。



  1. 2017/03/03(金) 13:29:45|
  2. ギター
  3. | コメント:0

演奏会など

前回のブログ更新から1ヶ月経ってしまいました。

更新が、また ものすごく遅くなってすみません。

訪問してくださる方には、申し訳なく思っていますが、
明日、朝7時くらいから富山に、長期連絡しているチェンバロを引き取りに、
ついでに、月曜日は福井で仕事を。
火曜日の28日は、熱処理していただく材料を、山盛りにして京大の野村先生の所に
行ってから、名古屋で30年ほど前に作ったチェンバロとスピネットの修理と調整。

3月に入ると、昨秋に作ったポジティーフオルガンを演奏会で使いたいと言う方が、
オルガンを見に来られたり、九州に持っていくガンバの調整、ギターの修理など。
3月4日には九州に行きます。宮崎、天草、熊本と走り回らないといけないようです。
その間に、今日も来年度の自治会の役員さんに集まってもらって、役割を決めてもらいましたが、
3月に入ると、予算委員会、定例の役員会、総会やそれに向けての打ち合わせなど、
相変わらず、雑用も沢山あります。

昨日修理で取りに行った、チェンバロの修理もなるべく早くしないといけませんし、
かなり難しいバロックリュートの大修理とか。

3月は演奏会も、結構多いので、またバタバタが続きそうです。

とりあえず、演奏会の報告を。

1月27日の西垣さんの演奏会

能舞台にチェンバロを上げると言う、久しぶりの経験をしました。

能舞台に上がるには、たとえスタッフでも、足袋を履かなくてはいけないこと、

我々スタッフは、にじり口から入るとか。金剛流の能舞台はしっかり決め事があります。

居合いを始めたころ、整体の勉強をしていて、同じく勉強していた仲間が
能をやっていて、先生が公演をするたびに沢山チケットを持っていたので、
分けてもらって、すり足や足の運びを見に行った事を思い出しました。
居合いの足の運びの参考にならないかと思ったからです。

2017 2 21 015.j 1

芦屋駅前にある、能舞台には何回もチェンバロを上げたり、演奏会をしているのですが、
その時は、足袋を履いたりしなくて、またチェンバロもそんなに舞台の養生もしなくて上げたりしました。

京都の金剛流の能舞台はやはり緊張感が張り詰めているように思いました。

2月8日には 西宮の県立西宮高校でバロックダンスの授業の最終回に
先生が衣装を着けて、チェンバロで踊られるので、チェンバロを運びました。

生徒は、ピアノやヴァイオリンで踊りましたが、今年はショパンのマズルカやポロネーズを
練習しました。(昨年はバロックの踊りでした)

実際にマズルカやポロネーズを踊ると、なぜこの拍を軽く弾かないといけないのとか、
アクセントがいるのとか、よく分かります。

こんな事を高校生の頃に経験できる生徒をうらやましく思いました。
また、時代が変わった,とも感じました。

2017 2 21 015.j2

個人情報の関係もありますので、後姿の準備体操の所です。


明日も早いので、また用意もありますので、このあたりで。



  1. 2017/02/26(日) 00:32:39|
  2. ギター
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (320)
演奏会 (10)
その他 (20)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR