古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

展示会 準備できました。

前回、お知らせさせていただいた、西脇 岡之山美術館での展示会、演奏、ワークショップ
の準備が出来ました。

013.jpg

チェンバロとオルガンの部屋です。
部屋は3室あって、真ん中の部屋にチェンバロ、オルガン、リュートを展示しています。

010.jpg

入り口に近い部屋でワークショップを開きますので、ガンバの材料、型枠、道具、図面など、そして完成品の
ガンバを展示しています。

014.jpg

ギター、アルペジオーネの部屋です。
私のギターに関する、考え方などの資料も展示、されています。

012.jpg

さすが、横尾忠則さんの美術館だけあって、このような空間もあります。

今日、26日と27日、10時~17時までです。もちろん、入館無料ですので。
午後1時から、楽器のお話と演奏、2時からワークショップです。

img20180502_11100465.jpg
  1. 2018/05/26(土) 08:04:50|
  2. ギター
  3. | コメント:0

5月26,27日の展示会、ワークショップの詳細です

前回、案内させていただいた、5月26日27日の詳細です。

26日、27日とも午前10時~午後5時まで楽器の展示があります。
午後になれば、1時から楽器のお話、演奏があってその後、一弦琴を作る
ワークショップです。

img20180502_11100465.jpg

展示楽器は、チェンバロ、リュート、ヴィオラ・ダ・ガンバ、ギター、アルペジオーネ
などです。
ギターは、珍しくないとは思うのですが、19世紀ギターを基にしたモダンギターは
私以外では作っていないので、また10弦ギターも珍しいと思って出そうと考えています。

オルガンはどうしようかと、考えているのですが、珍しさでは一番でしょうし。
16世紀の頃のオルガンは、日本では非常に珍しい物なので。

ワークショップは、何か短時間で製作できるものを考えた時、私の守備範囲の楽器
では無理なので、日本の古楽器を考えました。

img20180502_10274776.jpg

一弦琴は、関西だと神戸市須磨区にある須磨寺で保存され、演奏されています。

本来は、1枚の板に弦を張った物ですが、今回は箱構造にして少し鳴るようにしました。
ペグは、ヴァイオリンの物を使います。


  1. 2018/05/02(水) 11:32:39|
  2. ギター
  3. | コメント:0

案内と報告です

また、あっという間に1ヶ月以上が経ってしまいました。
度々、訪問してくださる方、申し訳ありません。

まず、案内から。
私が楽器の演奏やお話をさせて頂く、展示会、ワークショップです。

5月26日(土)27日(日) 午前10時~午後4時
場所は 岡之上美術館 兵庫県西脇市上比延町345-1 JR加古川線「日本へそ公園」駅前
岡之上美術館は横尾忠則美術館として知られ、美術館の設計も磯崎新さんです。

午後1時から演奏とお話を半時間くらいしてから、ワークショップです。
ワークショップは 1弦琴を製作しようと思っています。
楽器の製作ですので,定員は7名にさせていただきました。
2時間ほどで製作できて、演奏も出来る楽器となると、難しく
1弦琴なら、準備さえすれば製作出来そうです。
兵庫県だと、神戸市須磨区にある、須磨寺で演奏されています。

チラシが出来てから案内しょうと思っていましたが、まだですので
とりあえず案内させていただきました。
岡之上美術館のHPでもまだ案内は無いのでまた、
お願いしておきます。

楽器展示はチェンバロやリュート、ギター、アルペジオーネ、ヴィオラ・ダ・ガンバ
などを考えています。

そして、日が重なって残念なのですが、5月27日午後3時から大阪イシハラホールで
坂本龍右さんの演奏会があります。私も聞きに行きたかったのですが。

坂本チラシ

1ヶ月以上も経ってしまったので、報告する事が沢山あるのですが、
宝塚ミュージックリサーチの発表会が14日と15日に伊丹でありました。

001.jpg
舞台袖からチェンバロの発表会の様子を撮りました。
チェンバロの教室もあって、発表会で演奏しましたので、運搬や調律で参加です。

少し前だと、佐渡さんがやっている、キッズオーケストラに最年少で入団した、
北村陽君の演奏が聞け他のですが、今回は聞けなかったのが少し残念でした。
本当にチェロを弾くのが楽しくて仕方がないという表情で生き生きした演奏を
楽屋で聞かせてくれていたのですが。

そして、4月21日22日の大阪南港のギター展示会です。
年々盛んになってきています。

003.jpg

増井さんのコンサートの模様です。
満席の盛況です。

年に1回のギター製作仲間の同窓会といった感じでもありましたが、
皆さん、確実に良い楽器を作られていました。
昨年も思ったことなのですが、弦が不良振動していて、ギターが悪いように
思われる楽器が結構あった事です。5弦に多かったのも昨年同様でした。

後、ナットや骨棒の仕上げが悪くて、音の振動が妨げられていて、
音が充分なっていない楽器も多かったようです。

楽器を長い時間かけて作ってきて、最後の仕上げが悪くて、損をしている
人が多いように思います。ギターを音でなく、見た目で、綺麗な楽器のような
形をした物を作ろうとしているのでしょうか?

中には、どうしても1弦の音が悪いのですが、何故でしょうか?
と聞かれた昔からの製作仲間もいました。
楽器を弾けば、何かおかしいと気づくはずなのです。

これも、ナットの溝の仕上げが悪かったのが原因でした。

今回も、初めてギターを作った人の楽器が面白い楽器でした。
引き始めたら、ついうっかり全曲を弾いてしまいました。
気に入らない楽器だと、弾き始めて直ぐに止めるのですが。
21日に帰ってきて、仕事をしているといつに無く、腰辺りが重たいのです、
体もなんとなく疲れた感じです。
1日に12時間15時間働いても、疲れることは無いのですが、
何か変です。
何が変か、考えると65センチの大きなギターを長時間弾いていたからでした。
こんなに、長時間ギターを弾くことは、この展示会以外ではありません。
今回も、50年近い付き合いの澤田さんが64センチのとても良いギターを作っていたほかは
全部65センチの大きなモダンギターばかりでした。
日本人の、それも自分たちと同じ年齢の方が弾き易い楽器を作ってくれていたら、
こんなに疲れることは無かったでしょう。

同じような事を感じる事がありました。
熱心に私のギターを弾いていてくださった女性の方が
新しいギターを探しているのですが、先生から65センチのギターを
弾きなさいと言われているそうです。
何とか、64センチのギターまではOKを貰っているのですが、
63センチは駄目だと言われているそうです。

演奏を見せていただくと、ほとんど指が届いていないのです。
61センチあたりのギターが合いそうですが、63センチのギターでも駄目だと
言われているそうなので、無理ですね。
なぜ、誰もが65センチの大きな、反応の鈍い楽器を弾かなければ
いけないのでしょうか?


次回はなるべく早く更新しようと思っているのですが、
展示会が始めるまでに、ヴィオローネの弓(ドラゴネットタイプ)3本を
17世紀初頭のオリジナルのガンバの修理や、チェンバロのオーバーホール
などでバタバタしていましたが、これからも連休中に 5台の小型ハープを仕上げなくてはいけませんし、
19世紀のマンドリンの修理、あと5台ほどのマンドリンの修理や改造、チェンバロのオーバーホールの
続き、オルガンの修理、などの細かい仕事が残っていますので。
大きな仕事も残っていました。1837年製作のブロードウッドのスクエアピアノ
オーバーホール、修理がありました。
他にも忘れている仕事がありそうです。


  1. 2018/04/27(金) 11:47:51|
  2. ギター
  3. | コメント:0

お知らせ とお礼

長い間、更新できずにいたにもかかわらず、暖かいコメントをありがとうございます。

皆さんが感じていただいているように、ダウンした後は、ダウンする以前より、さらに
忙しくしていました。なので、更新も遅くなってしまいました。

と言うことで、皆さんにご心配をおかけしましたが、すっかり元に戻って,バタバタしています。

ここで、本題のお知らせです。

もう恒例になりました、大阪 南港での ギター展示と演奏会のお知らせです。

第7回 クラシックギターフェスタ in 南港 ATC

時: 4月21日(土)11時~18時
      22日(日)10時~17時
場所: 大阪南港 ATC ITM棟 9階 TBSエキシビションホール の第1会場 第2会場
入場料: 無料

両日午後1時からともう1回 出展ギターによるコンサートがあります。

その他、詳しい事はチラシをご覧下さい。

img20180315_19021850.jpg

img20180315_19035022.jpg

img20180315_19054802.jpg

img20180315_19074484.jpg

img20180315_19102543.jpg

img20180315_19083419.jpg

 
今回、楽しみにしているのは、岩井孝夫さんのギターです。
岩井さんは、私が唯一日本でヴァイオリン製作家として認識している方です。

京大の野村隆哉先生の熱化学還元処理された材料で、作られたギターを展示されるので。

現在、野村隆哉先生の熱化学還元処理された材料で楽器を作っているのは、
ギター、チェンバロなど古楽器で私、ヴァイオリンで岩井さんだけなのです。

他にも、アマチュアの方の始めての楽器も楽しみです。

プロ,アマの方のギターがこれほど沢山展示されるのは他にない展示会だと思います。
お時間のある方、興味のある方はぜひ、おいで下さい。



  1. 2018/03/15(木) 21:45:04|
  2. ギター
  3. | コメント:0

絶不調から脱出

本当に長い間、ブログの更新が出来ていませんでした。
度々訪問してくださっている方々、申し訳ありません。

風邪でもひいているのでは?ダウンしているのでは?
と心配をおかけしているのでは、無いかと思っていました。

実は、1週間ほどダウンしていました。
何年かに一度は、過労からダウンするのですが、3日ほどひたすら、寝ていると
治ります。でも、今回はどうもインフルエンザのようです。3日ほど完全に寝て
すこし良くなったと思った時にも、39度ほどの熱がありました。

結局、1週間ほどただひたすら寝ていました。食事も軽く食べても、戻したり
下から出てしまったりで、1週間ほとんど食べていない状況でした。
今年のインフルエンザは、きついみたいで姫路の友人は意識を失って
救急車で運ばれたと言っていました。

風邪以外でも、昨年末、河内長野の友人のチェンバロ調整に行った時に、
川西市で車の当て逃げをされました。

2車線の左側を走っていたのですが、右の車線は直進と右折車線で、混んでいました。
それで、1台の軽四が急に左車線(私の車線)に出て来て、私の車のオーバーフェンダー
からドアにかけてこすりながら、走っていきました。
当然、クラクションを鳴らしたので、止まると思っていましたが、そのまま逃げていきました。
とっさに、ナンバーは覚えましたが、時間を決めていたので、警察に届けて現場で時間を使っていると
間に合わないので、そのまま河内長野に行きました。

1月初めにも三田市で前方不注意の車に当てられたのですが、この時は6台ほどの車が
被害にあいました。運転していた人は、友人の車を借りていたとの事で、保険にも入っていませんでした。

また、連絡が取れず、私も含めて、被害にあった人が何度も、何十回と連絡をしたのですが、
連絡が取れず警察からも何度も連絡してもらっても、「電話に出ませんわ」ということで、
保険会社も「何度連絡しても、電話は繋がりません」とのことで、逃げられている状態です。
警察は事故の調書さえ作れば、それで終わりで、後は保険会社にお願いして、との事らしいです。

結局、修理の見積もりを取って、写真を添付して、書留で送ろうということになり、送りましたが
今のところ、連絡その他はありません。(結局、受け取りしないということで帰ってきましたが)
物損だったので、警察も何度も連絡を取ってくれただけ、まだましかな?と思っているところです。
ちなみに、山口県の人なので行くのも大変ですし。

と言うことで、体も完全に戻りました。約束していたので、小さなハープは何とか、1月末までには完成し、
渡す事が出来ました。何日かは、午前2時3時まで仕事をしていましたが。

今まで、仕事が出来ていなかったので、急ぐ仕事もたまっていますが、すこし待ってもらってぼちぼちやっていきます。
明日は、川西で作曲家のチェンバロの調整修理、藤井寺でチェンバロの音域変更が可能か調べて、堺でチェンバロの
大調整、修理です。

明後日は、芦屋でチェンバロ、フルートの演奏会でチェンバロ運搬、調律。終われば飛んで帰って、
自治会役員会で、来年度の自治会長をお願いするのが、大変なようです。本人がとても嫌がっているとの事、
なんとか説得しないといけません。

そう言えば、中学校、高等学校のPTA会長を引き受ける時も、最初に時期会長は誰か、なってくれそうな人がいるか
どうか、聞きました。どんな仕事より、次期会長を引き受けてもらえる人を探すのが大変ですから。
幸い、どちらも、なんとか引き受けてくれそうな人がいたので、引き受けました。

そんなこんな状況ですが、忙しいと言いながら、こんな仕事もしています。オルガンに詳しい友人の力も
貸してもらいながら。


img20180222_22575493.jpg

こんなオルガンです。ハルモニウムと言って、吹きだし式なので、空気漏れがあっても駄目で、
圧力も必要なので、いろいろと苦労はしましたが、素晴らしい音が復活してくれて、嬉しかったです。

2017/10/14-1

崎津教会です。

2017/10/14-2

こんな仕事以外でも、回復してからは、名古屋に行ったり、四国に行ったりと、相変わらずバタバタしています。




 
  1. 2018/02/22(木) 23:08:52|
  2. その他
  3. | コメント:3
次のページ

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (345)
演奏会 (10)
その他 (22)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR