古楽器製作家の思うこと いろいろ

昔の楽器製作家がそうであったように、様々な楽器を製作しています。そうすると、いろんな楽器の事が良く分かってきます。特にモダンギターについて考えていることを書かせていただこうと、思っています。

演奏会のお知らせなど

富山、福井、名古屋での仕事が終わり、明日からは九州です。

宮崎、天草、熊本、北九州市 新しい出会いもあります。

ということで、ここら辺でブログ更新させていただきます。

ほとんどが演奏会の案内ですが。

と言う事で、私の関係している展示会から。

今年で6回目になりました、大阪南港でのクラシックギターフェスタです。
4月22日23日です。

私は、昨年夏に作りました、京大の野村先生に処理をお願いした、
還元熱処理された材料で作ったギターと、自然乾燥40年の材料で作った
ギター2台展示します。どちらも、裏、横板は楓です。

20170303 10

20170303 15

会場の案内図です。

20170303 11
20170303 12
20170303 13

出展者の方たちです。
昨年より二人ほど多く参加されます。

20170303 14

演奏者のプロフィールです。

概要は、チラシの最初でどうぞ。

次に名古屋で開かれる展示会です。

展示会がメインでなく、名古屋バロック音楽教40周年記念例会のコンサート
と楽器展示があります。
4月29日 電気文化会館 展示は5階イベントホールです。

20170303 7

20170303 8

手元にある楽器を持っていこうと思っていますが、ポジティーフオルガンは名古屋では
珍しくないかもしれないので、どうしようか迷っています。

次は、日の近いものから

3月18日 神戸聖愛教会 で午後3時から行われます。
トリオコパンの演奏会。
入場料は当日1500円、前売り1000円とお安いです。

高校の弦楽合奏部の顧問されていた、ヴァイオリンの山口先生、卒業してから何十年経っても、
山口先生と一緒に演奏をしたいと生徒達がアンサンブルを作ってられるほど、素晴らしい人格と音楽性の
先生に、お仲間のチェロの村上さん、リコーダー、トラベルソの北山先生のメンバーに
チェンバロの吉竹さんが入ります。チェンバロは私作です。

http://copain.main.jp/archives/136

チラシがありませんので、アドレス で案内させていただきます。

次の日ですが、3月19日古くからの友人達のガンバの発表会があります。
もちろん入場無料です。
神戸御影の世良美術館 午後2時からです。
私も楽器の調整などで行く予定です。

20170303 3
20170303 4

次に3月23日に宝塚ベガホールでリコーダーの演奏会があります。
こちらも古くからの友人で大阪音大の先生もされていた田村義一さん
の演奏会です。19時開演です。
チェンバロは2016年バッハ国際コンクール優勝の富田一樹さんです。
リコーダーやガンバで友人達も多数出演です。
入場料3000円

20170303 1
20170303 2

次に、4月23日で私の展示会と日が重なってしまいましたが、
私が昔大修理した大阪音大付属音楽博物館所蔵のトーマス・バートン作の
スピネットのコピー楽器が使われる演奏会です。

メインはスピネットでなく、とラベルソの名手の廣岡さん、ガンバの頼田さん、フォルテピアノ、スピネットの高橋さんです。

午後2時から神戸松蔭チャペルです。

 20170303 5
20170303 6

案内ばかり続きましたので、気分転換に坂本龍右さんのリュート演奏をどうぞ。

http://

もう一つ、こちらは中世フィドル です。



友人が「天才!」と言ってましたが、まさにそう思います。
ポップ古楽として、他にも沢山アップしています。
知っている曲を、リュートやフィデルで見事な演奏して、
古楽に興味を持ってもらう人を増やそうとしているのかもしれませんが、
私には、単純に演奏が素晴らしい音楽と聞こえます。

もちろん、まじめな演奏もしていますので、ガンバですが
こちらもどうぞ。



  1. 2017/03/03(金) 13:29:45|
  2. ギター
  3. | コメント:0

演奏会など

前回のブログ更新から1ヶ月経ってしまいました。

更新が、また ものすごく遅くなってすみません。

訪問してくださる方には、申し訳なく思っていますが、
明日、朝7時くらいから富山に、長期連絡しているチェンバロを引き取りに、
ついでに、月曜日は福井で仕事を。
火曜日の28日は、熱処理していただく材料を、山盛りにして京大の野村先生の所に
行ってから、名古屋で30年ほど前に作ったチェンバロとスピネットの修理と調整。

3月に入ると、昨秋に作ったポジティーフオルガンを演奏会で使いたいと言う方が、
オルガンを見に来られたり、九州に持っていくガンバの調整、ギターの修理など。
3月4日には九州に行きます。宮崎、天草、熊本と走り回らないといけないようです。
その間に、今日も来年度の自治会の役員さんに集まってもらって、役割を決めてもらいましたが、
3月に入ると、予算委員会、定例の役員会、総会やそれに向けての打ち合わせなど、
相変わらず、雑用も沢山あります。

昨日修理で取りに行った、チェンバロの修理もなるべく早くしないといけませんし、
かなり難しいバロックリュートの大修理とか。

3月は演奏会も、結構多いので、またバタバタが続きそうです。

とりあえず、演奏会の報告を。

1月27日の西垣さんの演奏会

能舞台にチェンバロを上げると言う、久しぶりの経験をしました。

能舞台に上がるには、たとえスタッフでも、足袋を履かなくてはいけないこと、

我々スタッフは、にじり口から入るとか。金剛流の能舞台はしっかり決め事があります。

居合いを始めたころ、整体の勉強をしていて、同じく勉強していた仲間が
能をやっていて、先生が公演をするたびに沢山チケットを持っていたので、
分けてもらって、すり足や足の運びを見に行った事を思い出しました。
居合いの足の運びの参考にならないかと思ったからです。

2017 2 21 015.j 1

芦屋駅前にある、能舞台には何回もチェンバロを上げたり、演奏会をしているのですが、
その時は、足袋を履いたりしなくて、またチェンバロもそんなに舞台の養生もしなくて上げたりしました。

京都の金剛流の能舞台はやはり緊張感が張り詰めているように思いました。

2月8日には 西宮の県立西宮高校でバロックダンスの授業の最終回に
先生が衣装を着けて、チェンバロで踊られるので、チェンバロを運びました。

生徒は、ピアノやヴァイオリンで踊りましたが、今年はショパンのマズルカやポロネーズを
練習しました。(昨年はバロックの踊りでした)

実際にマズルカやポロネーズを踊ると、なぜこの拍を軽く弾かないといけないのとか、
アクセントがいるのとか、よく分かります。

こんな事を高校生の頃に経験できる生徒をうらやましく思いました。
また、時代が変わった,とも感じました。

2017 2 21 015.j2

個人情報の関係もありますので、後姿の準備体操の所です。


明日も早いので、また用意もありますので、このあたりで。



  1. 2017/02/26(日) 00:32:39|
  2. ギター
  3. | コメント:0

西垣さんの演奏会そしてヴィンテージフルート専門店 オープン

ものすごく、ブログアップが遅くなっていますが、西垣さんの演奏会が1月28日にあります。

西垣さんらしい、「筝とギター、ヴァイオリンとチェンバロで聴くベートーヴェン」とサブタイトルにあるように、

ベートーヴェン初期の音楽を再現するのに、ふさわしい楽器編成です。と私は思います。

演奏会のタイトルは

ロマン・ロラン生誕百五十年&財団設立四十五年記念コンサート
です。

ロマン・ロランとベートーヴェン

ご存知の方も多いと思いますが、ロランは13巻に及ぶベートーヴェンの伝記、
そして、ベートーヴェンをモデルにしたジャンクリストフも書いています。

ものすごく沢山の著書を書いているロランですが、音楽に関してはやはり
ベートーヴェンとなると思います。

そして、本題の演奏会です。

ベートーヴェンでなぜ、チェンバロ?と思われるかもしれませんが、ベートーヴェンは18歳頃になって
やっとピアノを弾くのです。最初は私も作ったシュタインの5オクターブの初期ピアノ、次の楽器は23歳
の頃にヴァルターの5オクターブの楽器を使っています。

作品番号の31番までは5オクターブの楽器で書かれています。彼のピアノ作品のほぼ半分です。
この頃のピアノは、外見もほとんどチェンバロと同じで音もチェンバロよりも小さい音でした。
と言うか、小さい音が出せる楽器でした。

学者によっては、ベートーヴェンが生涯5オクターブの楽器を所有していたとか。

ですので、有名な月光ソナタや悲愴などは5オクターブのチェンバロで弾けるのです。
弾けるだけでなく、私は月光などはチェンバロで弾く月光の方が好きです。

ベートーヴェンの生涯はピアノの発達、発展の歴史とリンクしていますので、
ベートーヴェンというと、ブロードウッド(ベートーヴェンの所有していたピアノと同型の
楽器を大修理したので、その巣晴らしさは分かっています)エラールなどが彼の楽器のように
思われがちですが。

初期の作品には、マンドリンとチェンバロのための4つの作品などもあります。
この曲も今回演奏されます。

最後ですが詳しい情報です。

20170124-1




20170124-2

1月28日(土)14時開演 場所 金剛能楽堂 (場所も西垣さんらしいです)入場料は4000円 学生3000円です。



次のお知らせはヴィンテージフルート専門店 オープン です。

神戸の東にある六甲アイランドに、ヴィンテージフルート専門店が オープンします。

ヴィンテージフルート専門店と言っても、ルネサンスフルートからトラベルソも、そして
竹山木管さんのリコーダーも扱われています。もちろん、フルートもルイ・リヨットのオリジナルとか
オーナーの方が、4キー、5キー、あたりのフルートがとても好きな方なので、このあたりの楽器も
山のようにあります。

ピアノと3台のチェンバロ、1台のスピネットもありますので、練習や演奏会録音にも使えるそうです。
チェンバロとスピネットの関係で私もかかわらせていただきました。

何より、広い、大きな空間なので響きがとても素晴らしく、楽器を見るだけでなく、音を出すととても
気持ちが良いお店です。

20170124-3


80畳の広さで天井高は8メーター以上あります。

詳しい情報です。

ヴィンテージフルート専門店
LA FLUTE ENCHANTEE

〒 658-0032  兵庫県神戸市東灘区向洋町中1丁目18番地 リバーモールイースト 204
電話 (090)8127-2532

1月28日にオープニングパーティー、演奏も沢山あるようです。
どなたでも、フルートに興味もある方は参加できるそうです。
営業は29日から。

最後に、丹波に引っ越して、初めての大雪の状況を。

20170124-4
20170124-5



  1. 2017/01/24(火) 11:25:59|
  2. ギター
  3. | コメント:0

12月25日の記事です。


今日は、大阪 久保惣ホールに来ています。
いつも素晴らしい演奏を聞かせてくださる、アンサンブルシュシュのメンバーの中から
ヴァイオリン、オーボエ、トラベルソ、歌、ガンバ、そしてチェンバロのメンバーです。

ホールの雰囲気と音楽がぴったりあった、素敵な空間です。もちろん、演奏も、響きもすばらしいです。

2017 1 -1 -3

昨日は、高松で西垣さんの演奏会、内容は京都と同じですが、天井が非常に高く、
響きがとても良いホールです。飾り気も無い、愛想の無いホールですが、響きは素晴らしいホールです。

2017 1 -1 -2

ボレロのダンスの金山亮君も2回目と言う事もあって、少しのびのびしているようでした。
聞くところによると、今回のダンスを引き受けるか、かなり悩んだようです。
よく考えた末に引き受けたそうで、その事がダンスにも現れていて、とてもよく考えられた振り付けと動きでした。

ストリートダンスでイギリスの大会で2位ということで、少しは先入観を持って見たのですが、
ストリートダンス、ヒップホップと言うより、モダンダンス、バレエのコンテンポラリー、
それも世界的なコンクールで踊られているレベルの踊りのように感じました。
若い感性のしなやかな動き、そしてこの歳でしか表せない色気もあるのです。
もちろん、音楽にぴったり合った動き踊りでした。


一昨日は西宮で久しぶりに、人前で演奏をしました。

2017 1 -1 -1
準備中です。

2016 12 23 002

プログラムを見てお分かりいただけるように、リュート、トレブルガンバ、バスガンバ、ギターを弾きました。
古くからの友人の陶芸家のお友達の、ピアノの先生のクリスマス会、発表会です。

毎年、生徒の演奏もあるのですが、色んな楽器のプロを呼んで、演奏を聞いているそうです。
今年、私は演奏家ではないのですが、演奏をして色んな楽器を紹介して欲しいとのことでしたので、
お受けしました。

お受けする時に、まず、来られる方の人数、年齢層、音楽の経験年数をお聞きしました。

レッスンを受けている、幼稚園から高校生、そしてその父兄ということでした。

会場も、公民館の広い部屋と言う事で、リュートやギターを弾いてもよさそうな会場。

今回は、せっかくなので、ピアノの先生ですが、チェンバロも始められていると言う事で、
先生にも出来たばかりのスピネットを弾いてもらいました。ソロでなく、合奏で。

曲目も、初めて見る楽器で、初めて聞く曲が多いと思うので、知っている曲、
グリンスリーブス、イタリアーナ(シチリアーナ)スカボロフェアの最初の3曲で、つかみはOK。

楽器も音の小さいリュートで始まって(決して、小さい音のリュートではありませんが、
ガンバ、スピネットに比べると小さいので)スピネット、トレブルガンバに移っていきました。
スカボロフェアから始まって、次はウエールズ・メドレーですが、
少し音域の高い(トレブルのフレットがついている最高音)音で軽快に、
間奏に違う曲でスピネットソロを入れてもらいました。

そして、私の好きなプレトリウスの曲を。

4曲目にバスガンバで雰囲気と音楽を変えて(知っている人は知っている曲、)

次にバスガンバの低い音の魅力を知ってもらうことと、気分を変えるために、オクターブ下げて弾いて、
2回目の繰り返しはオクターブ上げて。

ガンバとスピネットの合奏でも,音域を替えて、テンポの違う曲、楽器を持ち替えて聞いていただくほうが、
退屈しないと考えました。曲の長さも2分から3分くらいで、長いと感じさせない長さにしています。

次に雰囲気を変えて、ギターソロ。大人の方用にバッハの、「主よ人の望みの喜びを」
そして、子供さんと、大人のために「大きな古時計」

そして、今日メインのヴィヴァルディのリュートコンチェルトの2楽章を、美しい曲なので、
初めて聞く方も美しいと感じてもらえたと思っています。

最後に、全員できよしこの夜をガンバとスピネット伴奏で。

結局、楽器5台を運んで調律して、演奏しました。

こんなに沢山の楽器を使わなくても出来るのですが、出来るだけ沢山の楽器を知ってもらおうと、欲張りました。

演奏技術も無い、音楽性もあまり無い、まず、練習時間がほとんど無い状況でベストを考えると、
知っている曲を入れる、あまり長い曲は弾かない、楽器の変化、曲の変化をつける事を考えました。


そして、今回はヴィヴァルディの曲をメインにするような構成にしました。

ある程度は、成功したように思います。
それと、今回の事で分かった事があります。

ガンバを6曲も弾いた後では、ギターはまず簡単な曲から入ることでした。
弓を持つ手になっていると、ギターを弾く時に右手に余分な力が入ってしまったのです。

ギターからガンバか、ガンバからギターに持ち替える時は、
簡単な曲で力をギター用の力の入れ方に変えてから大きな曲を弾いた方が良いという事です。

演奏を引き受けさせていただいたのは、こんな機会でもないと楽器を弾く時間を取れないので、
引き受けさせていただきました。でも、練習はほとんど出来ませんでしたが。

久保惣ホールでのリハ中に原稿作らせていただきました。

  1. 2017/01/02(月) 01:23:16|
  2. ギター
  3. | コメント:0

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

2017 1 -1 -6


昨年は、地味な、少し小難しいブログにお出でくださってありがとうございました。
また、体のことについては、皆さんに心配をおかけするような記事で申し訳ありませんでした。

検査すると、色々体の悪い所が出てくるとは思っています。
検査しなくても、悪い所は沢山ありますので。

でも、少しは安心材料を。

オムロンの、体組成計で体重をいつもではないのですが、量っています。

食べ過ぎていない時は、体年齢が47から48歳、少しよく食べた時は50歳くらいです。
実年齢が67歳なので18歳くらい若い感じです。

基礎代謝や内臓脂肪、体脂肪などから判断して、血圧や血糖値などは関係ないので、
健康かどうかは分からない数字ですが。

12月31日のうちに、なんとかブログ更新しようと思っていたのですが、
急なお客さんが何組もあって年を越してしましました。

演奏会のリハ中に原稿を書き溜めていたものがありますので、
時系列がおかしくなりますが、またアップさせていただきます。

最後になりましたが、こけやまさん 弦の情報をありがとうございました。
また、試させていただきます。






  1. 2017/01/02(月) 00:54:15|
  2. ギター
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kogakki

Author:kogakki
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュート、チェンバロ
と言った、古楽器を仕事として製作して
30年以上になりました。

最近はギターに興味を持っています。
最初に作った楽器は、ギターです。
昭和42年でした。 18歳の時です。

古楽器製作家 平山 照秋 

最新記事

最新コメント

月別の記事です

カテゴリ

ギター (319)
演奏会 (10)
その他 (18)

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れてくださった方々

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR